子どもを持つ親対象に、マクドナルドのハッピーセットというメジャーな商品が、おもちゃ以外に絵本・図鑑が選べる点を訴求。

「読書」「読み聞かせ」が脳の発達にどんな影響を与えるかを、脳科学者の取材で解説し、しかも、安価なハッピーセットで良質な絵本・図鑑が手軽に入手できる点を訴求ポイントとした。2児の母親である「ほんのハッピーセット」マーケティング担当者の母親目線でのインタビューも掲載し、読者の共感を狙った。結果、巻末アンケートを実施したところ、前向きな反響が多数集まり、読者の高い評価を得られた。

受賞作品の制作ポイント
  • 読み聞かせの方法と学力に関する新しい学説を、著名な脳科学者が解説
  • 「おもちゃだけでなく本ももらえる」ことでお得感をアピール
  • PR記事ながら記事ランキングでも1位を獲得

作品紹介


日経DUAL

●コピーライター:加納美紀(フリーランス)
●フォトグラファー(篠原菊紀教授):川田雅宏(フリーランス)