中堅・中小企業で顕著な、情報システム担当者が社内に1人、もしくは、数名しかいない“ひとり情シス”を支援しようと、「読みやすさ・わかりやすさ」を前面に出した企画。“ひとり情シス”企業で、オンプレのサーバーをメインのシステムとしながら、バックアップなどいくつかの運用管理系の機能を “ちょい足し”(=小さな投資)してクラウドにより補完することで、運用の手間やコストを削減し、大きな効果を得ることが可能とわかりやすく訴求。その具体的ソリューションを4回シリーズ+特別編で提示した。

受賞作品の制作ポイント
  • 情シス目線で、よくある課題に対応したシリーズ的読み物として展開
  • 登場人物によるダイアローグ(対話)形式で読みやすさを追求

作品紹介