発売1周年の企画として、全社一丸となって疾患治療の啓発と薬剤適正使用情報の普及に取り組む姿勢を、社員の顔写真をバックにしながら訴求する純広告。読者である医師にとっては、思わず自分の担当者がいるか探してみたくなり、広告に目を留めるきっかけともなるビジュアルである。また他の誌面より厚手の用紙を差し込むことで、続く記事広告の閲読を促す手法を用いている。記事部分では同薬の有用性、これまでの類薬との差別化ポイントなどを識者が丁寧に解説する座談会記事で展開した。

受賞作品の制作ポイント
  • 全社員の顔写真をバックに製品を配置するデザイン
  • 本誌とは異なる厚紙を使うことによる開かれやすさ
  • 興味のある読者には深い解説を提供

作品紹介

  • 日経メディカル(2019年6月号)
  • 日経メディカル(2019年6月号)
  • 日経メディカル(2019年6月号)
  • 日経メディカル(2019年6月号)
  • 日経メディカル(2019年6月号)
  • 日経メディカル(2019年6月号)

日経メディカル

●企画:インサイト・アイ
●制作:リスピレイション/フレイムワン
●クリエーティブディレクター:野澤裕子(インサイト・アイ)
●アートディレクター:鈴木健之(インサイト・アイ)、中田祥二(リスピレイション)
●デザイナー:櫻井達也(フレイムワン)
●プロデューサー:内山秀孝・宍倉めぐみ(インサイト・アイ)