ロシアによるウクライナ侵攻が様々な産業のサプライチェーン(供給網)を寸断しています。

 特に影響を受けているのが、裾野が広い自動車産業です。仏ルノーや独フォルクスワーゲン
など欧州勢だけでなく、ロシアに工場を構えるトヨタ自動車も戦略見直しを迫られています。

 影響は完成車や自動車部品だけにとどまりません。ウクライナは半導体製造に使われる「ネオン」で世界シェア7割を持ち、電気自動車(EV)の電池材料である「ニッケル」の1割はロシア産です。ロシアのウクライナ侵攻を受けてニッケル価格は高騰し、EV1台あたり1000ドルのコストアップ要因になるとの試算もあります。

 今回、登壇をお願いしたのは、シンガポールを拠点に自動車産業の分析を続けるフロスト・アンド・サリバンの本多正樹氏です。

 特に供給が危ぶまれている部材は何か、完成車メーカーや部品産業はどのように戦略を再構築すればいいのかを解説します。

 ウェビナーの後半では視聴者の皆様からの質問をお受けし、日経ビジネス、日経クロステック各編集部のモデレーターと一緒に議論を深めてまいります。ぜひ、ご期待ください。

主なテーマ(予定)
・各国の自動車メーカーが直面する危機と対策
・ウクライナのネオン供給途絶が半導体不足に拍車
・ニッケル高騰が電池価格に反映、EV1台1000ドルの値上げ要因に
・ロシアを迂回したBCPの策定が急務、その後の成長戦略は?

ウェビナーお申込み(日経ビジネス電子版有料会員)
※日経ビジネス電子版有料会員お申し込み後、ご登録願います

日経ビジネス電子版有料会員でない方で、聴講をご希望の方は、まず日経ビジネス電子版の有料会員(月額2,500円税込)にお申し込みください

日経ビジネス電子版のお申し込みはこちらから

ウェビナーお申込み(日経クロステック有料会員)
※日経クロステック有料会員お申し込み後、ご登録願います

日経クロステック有料会員でない方で、聴講をご希望の方は、まず日経クロステック有料会員(月額2,500円税込)にお申し込みください

日経クロステック有料会員のお申し込みはこちらから

講師紹介

本多 正樹(ほんだ・まさき)氏

フロスト・アンド・サリバンAPAC モビリティ部門バイスプレジデント。

自動車産業、モビリティ、メガトレンド、市場評価、競争ベンチマーク、戦略開発におけるコンサルティングと市場調査において12年経験を持ち、自動車 (自動車メーカー、タイヤメーカー)、輸送(宅配便およびロジスティクス)のマーケティングおよび管理機能における業界の専門知識を持つ。

開催概要 日経ビジネスLIVE

日時

4月28日(木)19:00~20:00(予定)

テーマ

供給網寸断と資源調達危機、ロシア・ウクライナ紛争が自動車産業にもたらすインパクト

講師
本多 正樹(ほんだ・まさき)氏
モデレーター
日経Automotive編集長・木村雅秀、日経ビジネス記者・小原擁
会場
Zoomを使ったオンラインセミナー(ライブ配信)
主催
日経ビジネス、日経クロステック
受講料

日経ビジネス電子版有料会員:無料
日経クロステック有料会員:無料

※いずれの有料会員でもない方は、まず日経ビジネス電子版もしくは日経クロステックの有料会員登録をした上で、参加をお申し込みください。 (月額2,500円、初月無料、ただし、無料期間中のご解約は受け付けておりません。無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します)

日経ビジネス電子版有料会員のお申し込みはこちら

日経クロステック有料会員のお申し込みはこちら

Webライブ配信での受講にあたって

視聴に必要なURLは、配信前日までにメールにてご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。

セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。

配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

また、ライブ配信当日にアクセスいただくURLと、登録、ログイン方法につきましては、 配信前日までにご参加の方へメールでお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。