ゼネラリスト育成を重視してきた日本型雇用と一線を画し、職務を特定して社員を雇用する「ジョブ型」を導入する企業が増えています。社員の専門性を高め、成長意欲のある若手が自律的に育つといったメリットに加え、職務を明解に定義するので成果把握が容易という点 がテレワークにも向いていると見られています。
しかし本当に期待する効果を生み出すことができるのでしょうか。雇用ジャーナリストとして国内外の雇用の最前線を詳しく取材してきた海老原嗣生氏は、そんな期待に異を唱えます。欧米ではジョブ型が一般的ですが、雇用慣行のみならず社会システムが日本と大きく異なって いるため、そのまま日本に移植しても様々な齟齬を生み出すリスクがあると主張します。
本連載では、海老原氏が、ジョブ型を巡って日本企業が抱く誤った概念を正します。

■こんな方におすすめ
・人事制度改革を検討している経営トップの方
・ジョブ型雇用の導入を検討している人事担当の方
・ジョブ型でキャリアや働き方がどう変わるか知りたいビジネスパーソンの方
・キャリアについて考える就活中の学生の方
・外資系などジョブ型を導入した企業への転職を検討中の方

詳細はこちら

■参考図書
人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~』(日経BP)

お申し込みはこちら

講演者紹介

海老原 嗣生 氏

ニッチモ代表取締役、政府労働政策審議会人材開発分科会委員、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授

1964年東京生まれ。大手メーカーを経て、リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計などに携わる。その後、リクルートワークス研究所にて雑誌「Works」編集長を務め、2008年にHRコンサルティング会社ニッチモを立ち上げる。『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』(「モーニング」連載、テレビ朝日系でドラマ化)の主人公、海老沢康生のモデルでもある。人材・経営誌「HRmics」編集長、リクルートキャリア フェロー(特別研究員)。『AIで仕事がなくなる論のウソ』(イーストプレス)、『人事の成り立ち』(白桃書房)など著書多数。

開催概要

講座名

日経ビジネスLIVE
雇用のカリスマが斬る「間違いだらけのジョブ型雇用」

講座形式
Zoomを使ったオンラインセミナー(ライブ配信)
日時・テーマ

第1回
2021年4月7日 (水)  20:00~21:30(90分)終了しました
テーマ:「話題のジョブ型雇用、日本の議論は何がおかしいのか?」
講師:海老原嗣生・雇用ジャーナリスト/株式会社ニッチモ代表取締役
ゲスト:安藤至大・日本大学経済学部 教授
モデレーター:小林暢子・日経BP 総合研究所 主席研究員 Human Capital Online発行人

第2回
2021年4月14日 (水)  20:00~21:00(60分)
テーマ:「ジョブ型は階級社会をもたらす!?〜欧州では何が起きたか?」
講師:海老原嗣生・雇用ジャーナリスト/株式会社ニッチモ代表取締役
ゲスト:夏目達也・名古屋大学教授
    五十畑浩平・名城大学教授
モデレーター:小林暢子・日経BP 総合研究所 主席研究員 Human Capital Online発行人

受講料

第1回
全員無料

第2回
日経ビジネス電子版の有料会員:無料
※有料会員でない方は、まず会員登録をした上で、参加をお申し込みください。
(月額2,500円、初月無料、ただし、無料期間中のご解約は受け付けておりません。無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します)

一般: 3,300円(税込)

※聴講をご希望の方は日経ビジネス電子版の有料会員(月額2,500円税込)にお申し込みいただくほうがお得です。

主催
日経ビジネス

Webライブ配信での受講にあたって

視聴に必要なURLは、配信前日までにメールにてご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。

セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。

配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

また、ライブ配信当日にアクセスいただくURLと、登録、ログイン方法につきましては、 配信前日までにご参加の方へメールでお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。