お申し込みはこちら
日経ビジネス電子版のお申し込みはこちらから

※日経ビジネス電子版有料会員でない方で、聴講をご希望の方は日経ビジネス電子版の有料会員(月額2,500円税込)にお申し込みいただくほうがお得です

日経ビジネスプラチナ会員の方のお申し込みはこちら

Day1 2020年11月16日(月)15:00‐17:10

プログラム① コロナ禍でも革新生む、新時代の人づくり

ウィズコロナの時代に求められる人づくり、そして人を活かす新たな組織のあり方について、京都先端科学技術大学を運営する学校法人永守学園の永守重信理事長(日本電産会長CEO)とMS&ADインシュアランスグループホールディングスの柄澤康喜会長が対談。知識やスキル、結果のみを重視する従来型の組織の課題を浮き彫りにし、ウィズコロナ時代に求められる新たな人づくり、新時代にふさわしい人を活かす組織のあり方を探ります。

講師紹介

永守 重信 氏

学校法人永守学園 理事長、日本電産会長CEO

1944年生まれ。67年職業訓練大学校(現・職業能力開発総合大学校)電気科卒。ティアックなどを経て73年に日本電産を創業、社長に就任。経営不振企業のM&A(合併・買収)などを通じて世界一のモーターメーカーに育てた。2014年から会長兼務。18年6月から会長CEOに。私財100億円余りを投じて京都学園大学(現・京都先端科学技術大学)の改革に乗り出し、同大学を運営する京都学園(現・永守学園)理事長に就任した。

柄澤 康喜 氏

MS&ADインシュアランスグループホールディングス会長

1975年、京都大学卒業。住友海上火災保険(現・三井住友海上火災保険)に入社。執行役員経営企画部長、常務、専務を経て、2010年に代表取締役社長に就任。14年6月MS&ADインシュアランスグループホールディングス取締役社長を経て17年4月より現職、16年より三井住友海上火災保険にて現職。経団連においては女性の活躍推進委員長を経て現職。

②データ、AI、IoT…、専門人材不足はこう乗り越える ~AI後進国を脱する3つのロードマップ

データやAI、IoTの技術活用やビジネス応用で米国や中国などに劣後する日本。最大の理由はAIやディープラーニング(深層学習)などのテクノロジーを理解し、産業競争力につなげる専門人材の不足だ。そこでAIやディープラーニング領域の識者、自社で専門人材育成に務める企業幹部、人材育成の現場で奮闘する教育者らによる鼎談を実施。難題解決への具体的なロードマップを提示する。

講師紹介

草野 隆史 氏

データサイエンティスト協会代表理事、ブレインパッド社長

1997年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。米サン・マイクロシステムズなどを経て、2004年3月ブレインパッドを設立、代表取締役社長に就任。2011年9月、東証マザーズに上場。2013年、東京証券取引所市場第一部に市場変更。2015年9月、代表取締役会長に就任。2019年7月より代表取締役社長を務める。現在、データサイエンティスト協会代表理事、日本ディープラーニング協会理事、東京大学エクステンション社外取締役を務めるほか、さまざまな省庁の委員会活動にも協力。経済同友会会員。

篠田 薫 氏

日立造船 機械事業本部開発センター主任技師(「ディープラーニングビジネス活用アワード2020」大賞受賞「AI超音波探傷検査システム」開発推進責任者)

国立有明工業高等専門学校機械工学科卒。石油精製・石油化学向けプロセス機器の製造における溶接管理技術者として、溶接設計や金属材料評価などに携わる。JIS/ISO WES溶接管理技術者特別級資格取得。化学プラント熱交換器の取替・延命化工事のスーパーバイザーとして、サウジアラビア、インド、パキスタンなどの現地工事に従事。2016年より、事業企画・技術開発本部技術研究所有明研究室へ転籍。2020年「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」において大賞を受賞した「AI超音波探傷検査システム」の開発推進責任者を務める。

板橋 竜太 氏

国立東京工業高等専門学校情報工学科4年(「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト(DCON)2020」最優秀賞受賞プロジェクトリーダー)

埼玉県生まれ。神奈川県横浜市育ち。公立の小・中学校から高専に入学。中学校のときに初めてプログラミングに触れ、その楽しさを知ったことをきっかけに、せっかくなら楽しめることを仕事にしたいと考え、高専の情報工学科を選択。入学後すぐに学内の「プロコンゼミ」というプログラミングのコンテストへの参加を目指す課外活動に所属し、1年生と3年生のときに高専プロコンに出場。3年生で開発リーダを担当した「てんどっく」は、高専プロコンで最優秀・文部科学大臣賞を獲得し、その後改良を加えて臨んだDCON2020にて最優秀賞を獲得した。

開催概要

講座名
Day1 コロナ時代の人材育成
日時
2020年11月16日(月) 15:00~17:10
会場
オンラインセミナー(Zoom使用)
受講料

日経ビジネス電子版の有料会員:無料

※有料会員でない方は、まず会員登録をした上で、参加をお申し込みください。
(月額2,500円、初月無料、ただし、無料期間中のご解約は受け付けておりません。無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します)

一般:8,800円(税込)

※一般価格(8,800円 税込)でのお申し込みより、日経ビジネス電子版の有料会員(月額2,500円)にお申し込みいただいた上で、本講座をお申し込みいただくほうがお得です。

主催
日経ビジネス

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

<Day1>

15:00 ~16:00

プログラム① コロナ禍でも革新生む、新時代の人づくり

16:00 ~16:10

休憩

16:10 ~17:10

講座➁ データ、AI、IoT…、専門人材不足はこう乗り越える

Webライブ配信での受講にあたって

視聴に必要なURLは、配信前日までにメールにてご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。

セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。

配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

また、ライブ配信当日にアクセスいただくURLと、登録、ログイン方法につきましては、 配信前日までにご参加の方へメールでお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。

お申し込みはこちら
日経ビジネス電子版のお申し込みはこちらから

※日経ビジネス電子版有料会員でない方で、聴講をご希望の方は日経ビジネス電子版の有料会員(月額2,500円税込)にお申し込みいただくほうがお得です

日経ビジネスプラチナ会員の方のお申し込みはこちら