お申し込みはこちら

日経ビジネスLIVE 「インタビュー映像で読み解く世界の頭脳」

ノーベル賞学者など世界の頭脳の理論を、その要諦を熟知する専門家による解説で学ぶ。賢人たちのインタビュー映像や日経ビジネスに掲載した記事を教材に、モデレーター役の日経ビジネス副編集長・広野彩子が日本を代表する専門家に公開インタビュー。参加者の質問にも答えながら、世界最先端の理論のエッセンスを理解する。

本特別セッションは、2014年に実施したインタビュー音声を使用します。インタビュー映像ではありませんので、あらかじめご了承ください。

(写真:ミルグロム氏=AP/アフロ)

 2020年のノーベル経済学賞は、「オークション理論」の研究と実用化に大きく貢献したとして、米スタンフォード大学のポール・ミルグロム教授とロバート・ウィルソン名誉教授が共同受賞することになった。

 オークション理論は、「マーケットデザイン」と呼ばれる、市場の仕組みを設計しようと試みるミクロ経済学の分野の1つである。オークション理論は、絵画や中古品を売るような古典的なオークションのみならず、温室効果ガスの排出量取引や、携帯電話事業者が使う電波の周波数帯の割り当てなど、様々な分野で活用されている。

 オークション理論自体がノーベル経済学賞の対象になるのは今回で3度目だが、実用化への道を大きく切り開いたのが、ミルグロム教授とウィルソン名誉教授なのだ。

 本ウェビナーでは、日経ビジネスが2014年に敢行していたミルグロム教授へのインタビュー音声をもとに、オークション理論に詳しい慶応義塾大学経済学部の教授で、マーケットデザインを生かしたベンチャー企業デューデリ&ディール(東京・千代田)でチーフエコノミストを務める坂井豊貴氏が解説する。オークション理論の面白さや将来の可能性など、最先端の神髄を知る絶好の機会。奮ってご参加ください。

「インタビュー映像で読み解く世界の頭脳」シリーズ全体のプログラムについてはこちら
>>日経ビジネス電子版へ

講師紹介

坂井 豊貴 氏

慶應義塾大学 経済学部教授

デューデリ&ディールのチーフエコノミストとして、オークション理論を不動産オークションに実用。同社の今井誠らとコンサルティング企業Economics Design Inc.を創業、取締役に着任。
東京経済研究センター業務総括理事、朝日新聞書評委員などを併任。
米ロチェスター大学Ph.D.(経済学)。著書『多数決を疑う』(岩波書店)は高校国語の教科書に掲載、近著にオークション・ラボでの取り組みをまとめた『メカニズムデザインで勝つ』(日本経済新聞出版)。

開催概要

講座名
ビジネスに使える!ミルグロム教授のオークション理論
日時
2020年11月6日(金) 20:00~21:00
会場
オンラインセミナー(Zoom使用)
受講料
無料
主催
日経ビジネス

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

20:00

オープニング

※(講師紹介、講座紹介)

20:05

ミルグロム教授のインタビュー音声や慶応義塾大学経済学部の坂井豊貴教授への公開インタビュー、クイズなどを通じて、ミルグロム教授の理論と業績を解説。

20:40

質疑応答

21:00

クロージング

Webライブ配信での受講にあたって

視聴に必要なURLは、配信前日までにメールにてご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。

セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。

配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

また、ライブ配信当日にアクセスいただくURLと、登録、ログイン方法につきましては、 配信前日までにご参加の方へメールでお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。

お申し込みはこちら