「同一労働同一賃金」への実務対応 ー待遇差の解消、公正な待遇の実現方法までー

2019年9月27日(金)東京開催

お申し込みはこちら

「働き方改革関連法」の施行により、2020年4月(中小企業は2021年4月)から正社員と非正規社員との間の不合理な待遇差を禁止する、いわゆる「同一労働同一賃金」の考え方を企業は人材マネジメントに取り入れなければなりません。

これは従来の雇用区分の考え方を大きく変えるもので、実務におけるインパクトは計り知れません。

本講座では、不合理な待遇差を解消し、雇用形態に関わらない公正な待遇を実現するための考え方と具体的な点検・検討手順を解説いたします。

こんな人におすすめします

  • 「同一労働同一賃金の最新の知識を押さえたい方」
  • 「最新動向およびトレンドを体系的に把握したい方」
  • 「同一労働同一賃金に向け企業がとるべき対策を習得したい方」

プログラム

  1. パートタイム・有期雇用労働法のポイント
  2. 不合理な待遇差の解消の考え方
  3. 待遇差の説明義務のポイント
  4. 同一労働同一賃金ガイドラインの概要
  5. 不合理な待遇差を判断する際の枠組み
  6. 不合理な待遇差を解消する際の留意点
  7. 不合理な待遇差の点検・検討手順
  8. 質疑応答/名刺交換

講師

佐藤 広一氏

佐藤 広一氏

HRプラス社会保険労務士法人代表社員
特定社会保険労務士

プロフィール詳細

HRプラス社会保険労務士法人代表社員、アイティメディア株式会社監査等委員である取締役、株式会社ダブルエー監査役、ASA BPO SERVICES PTE.LTDディレクター。特定社会保険労務士。
「HRに安心、情報、ソリューションをプラスする」をコンセプトに、人事パーソンにコミットした労務相談、就業規則の見直しなど人事労務コンサルティングを展開中。日本テレビ『ダンダリン』監修、週刊ダイヤモンド、週刊SPA!、日経産業新聞、各種ビジネス雑誌への連載・寄稿多数。一般社団法人日本能率協会及び企業における管理職研修等においても講師としても活躍中。
おもな著書に、『図解でハッキリわかる労働時間、休日・休暇の実務』(日本実業出版社)、『企業実務即したモデル社内規程と運用ポイント』(責任編集・労働新聞社)、『泣きたくないなら労働法』(光文社)など多数ある。

開催概要

セミナー名 「同一労働同一賃金」への実務対応
ー待遇差の解消、公正な待遇の実現方法までー
日時 2019年9月27日(金)
14:00~17:00(13:30受付開始)
受講料 一般:32,000円(税込)
※日経ビジネス(電子版+雑誌セット)半年間購読付となります。複数名でセミナーに参加される場合は、2人目以降より割引価格28,000円(税込)にてお申込みいただけます。
日経ビジネス読者:25,000円(税込)
※日経ビジネス電子版 月額会員の方は、こちらの特別料金は適応されません。一般からのお申込みをお願い致します。
プラチナ会員特価:16,000円(税込)
定員

64名

※最少開催人員:40名
※参加申込人数が最少開催人数に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

主催 日経ビジネス
協力 新社会システム総合研究所
セミナーに関するご質問・お問い合せはこちら お問い合せフォーム

※ 本サイトからのお申し込みには、「日経ID」が必要になります。
お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。


ページトップへ