デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の本格的な到来を前に、AIやIoTなどテクノロジーの進化が加速するとともに、ビジネスを取り巻く環境は目まぐるしく変化し、企業競争力を支え、ビジネス環境の急激な変化に対応できる「システム開発力」が欠かせなくなってきました。

 こうした中、企業のシステム開発は企業戦略の中核と位置づけられ、変化に対応しビジネススピードをアップさせる「超高速開発」および「アジャイル開発」の推進が求められています。開発工程の簡略化や自動化によって、開発期間や工数を短縮できるだけでなく、人件費や設備費用など開発にかかるコストを削減できるメリットもあるからです。

 超高速開発を進める上では、ローコード/ノーコードなど最適なツールの選択はもちろん、DevOpsや短期開発で品質を担保するためのテスト自動化など、開発プロセス全体を高速化するためのツール/手法の選定が成功のカギを握り、市場には次々と新しいツール/手法が登場し注目を浴びています。

 このような背景のもと、日経クロステックでは、超高速開発を実現するツールや手法の最新動向を解説するセミナー『超高速開発&エンタープライズアジャイル』を開催します。本セミナーは、超高速開発を採用して成果を上げている企業の事例を多数紹介するだけでなく、それを可能にしたツール/手法も解説し、超高速開発の導入を具体的に支援するものです。

本セミナーは、新型コロナウイルスによる感染拡大リスクを避けるべく、
Webセミナー【ライブ配信】として6月4日(木)13時から中継を予定しております。

定員に達したため
申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2020年6月4日(木)13:00~15:50(予定)
主催
日経クロステック
協賛
キヤノンITソリューションズ、インテリジェント・モデル、住友電工情報システム (ABC順)
協力
日経コンピュータ
受講料
無料 ※事前登録制(先着順)
対象
ユーザー企業(経営層、IT部門、デジタル推進部門、研究・開発部門、企画マーケティング部門)、SIer など

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:30

【基調講演】

アジャイル開発で実現するCASE・MaaS
-プロダクト横断組織の役割

栗原 浩 氏

デンソー
モビリティエレクトロニクス事業グループ デジタルイノベーション室
SRE課 課長(兼 Architect)

栗原 浩 氏

詳細はこちら

IoT、AI、Cloudなどの技術の急速な進展に伴い、自動車産業は大変革期を向かえている。ITジャイアントやテック・スタートアップなど従来とは異なる企業との協業や競合するために内製でのアジャイル開発に本気で取り組むデンソーにおいて、プロダクト横断で活動する我々が今のプロダクト開発と中長期のプロダクト開発への貢献をいかにして両立させようとしているのかご紹介する。

13:35~14:05

【ソリューション講演】

簡単なWebアプリから基幹システムまで、
内製化に従事したいシチズンデベロッパーも必見!
部品組み立て型開発でビジュアルプログラミングを実現し、
進化した純国産ローコードプラットフォームとは?

平河 拓郎 氏

住友電工情報システム
ビジネスソリューション事業本部
第一システム開発部 東京FW技術グループ グループ長
チーフ・テクニカル・コンサルタント
平河 拓郎 氏

詳細はこちら

長年皆様からご愛顧いただき、チーム内の情報共有ツールから基幹システム開発まで幅広く利用いただいている楽々Framework。 超高速開発からローコードプラットフォームへ日々進化しています。

情シ開発者からシチズンデベロッパーへ、スマホアプリ開発や各種クラウドサービス対応など、最新開発手法をご紹介します。

14:10~14:40

【ソリューション講演】

プロジェクト危機を救った大規模バッチシステム向け
超高速開発ツールとは

喜田 巧 氏

富士通
シニアPM
喜田 巧 氏

(提供:インテリジェント・モデル)

詳細はこちら

超高速開発ツールによって、さまざまなシステムで、高生産とコスト削減、高品質、見える化等、多くの実績が出て来ています。ここでは、特にバッチ処理に特化した超高速開発ツール「ODIP」(オーディップ)によって、プロジェクト危機を回避した事例をご紹介致します。

14:45~15:15

【ソリューション講演】

超高速開発×アジャイル活用!
金融事例「構造改革の一角を担う開発手法ご紹介」

岡田 知 氏

キヤノンITソリューションズ
ソリューション推進部・課長
岡田 知 氏

詳細はこちら

攻めのITで高生産性を実現するためには、効果的な「開発手法」と「ツール」を組み合わせることが極めて有効です。

アジャイル開発と超高速開発プラットフォームWeb Performerの組み合わせで、金融業事例からIT構造改革の一角を担った手法と、さらなる有効活用をご紹介します。

15:20~15:50

【特別講演】

アフターコロナ時代の超高速開発を占う

中村 建助

日経BP
技術メディア局長補佐
中村 建助

詳細はこちら

新型コロナウイルスによって企業、社会が揺さぶられている。DX(デジタルトランスフォーメーション)の形にも影響を与える。システム開発の領域も例外ではない。最近の動向も踏まえ、アフターコロナの時代を見据えた超高速開発の在り方を占う。

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsプラウザ・・・Windows:Microsoft Edge、IE11、Firefox、GoogleChrome
Macブラウザ・・・safari
WindowsOS:Windows 10、Windows 8.1
MacOS:macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOS ・・・iOS デバイス iOS 7以上、safari
Android・・・ Android 4.4以上、chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

■Webセミナー【ライブ配信】配信ご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください。

1. 視聴に必要なURLは、配信前(6/3)までにご案内します。
 URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
 もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
 また、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も
 対応出来かねますのでご自身でご調整ください。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

定員に達したため
申し込み受付を終了しました