定員に達したため、
申し込み受付を終了しました

 2021年から本格的な普及フェーズに入ると見込まれるのが「コンテナ」です。

普及の追い風になっているのは、企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展です。
DXのIT基盤としてコンテナは威力を発揮します。

「CI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)」のサイクルを速めてアプリケーションを素早く改変しやすくなるうえに、基盤リソースの拡充や縮減を迅速に行えます。
基盤リソースの無駄が減り、コスト削減にもつながります。
実際、多くのDX先行企業では「最重要の基盤技術」の1つになっています。

日経BPはユーザー企業のコンテナ導入を支援する狙いで、コンテナの特徴やメリット、今後の可能性、ケーススタディーなどを紹介するオンラインセミナー「コンテナSummit 2021」を5月28日(金)に開催いたします。

 皆さまのビジネスの一助となる本セミナーに、是非、ご参加ください。

本セミナーはオンラインセミナー(Live配信)です。

オンラインセミナー視聴マニュアルはこちら

開催概要

名称
コンテナSummit 2021
DX先進企業がこぞって導入する「最重要基盤技術」の今​
日時
2021 5 28 日(金)
13:00~15:50(予定)
会場
オンライン(ライブ配信型 Webセミナー)
主催
日経クロステック
協力
日経コンピュータ,日経NETWORK,日経クロステック Active​
協賛
レッドハット,SUSEソフトウエア ソリューションズ ジャパン,
ヴイエムウェア (ABC順)
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:30

【基調講演】

「コンテナ納品」で実現する継続的な改善プロセス~家計管理アプリ「Mable」チームのコンテナ活用法~

植木 悠二 氏

三菱UFJ銀行
デジタルサービス推進部 調査役植木 悠二 氏

詳細はこちら

三菱UFJ銀行は家計管理のスマートフォンアプリ「Mable(メイブル)」の開発などでコンテナ基盤を導入し活用しています。Mableのチームは開発委託先からのアプリ納品形態を「コンテナイメージ」にするなど、コンテナを前提に開発・保守のプロセスを見直して、委託先と共に生産性を高めています。講演ではMableのチームにおけるコンテナ導入の経緯と活用法、効果についてご紹介します。

13:35~14:05

【ソリューション講演】

Red Hat OpenShiftが加速するビジネスバリューの創出~コンテナ導入を成功した企業から学ぶ成功要因とは~

北山 晋吾 氏

レッドハット
テクニカルセールス本部 シニアソリューションアーキテクト北山 晋吾 氏

詳細はこちら

コンテナ導入を成功させるためには何から始めればよいのでしょうか?サービス業だけでなく金融や通信、製造業など幅広い業種でコンテナ技術が採用されています。その一方、今後のコンテナ活用の運用コストに不安を感じている人も多いのではないでしょうか。本セッションでは国内で数多く採用されているRed Hat OpenShiftの導入実績から見える、成功者の導入シナリオを紹介します。

14:10~14:40

【ソリューション講演】

DX推進のカギを握るクラウドコンテナ活用とは~国内外の事例から紐解くコンテナオーケストレーションの手法と技術

太田 昌文 氏

SUSEソフトウェア ソリューションズ ジャパン
シニア・ストラテジスト 太田 昌文 氏

藤城 拓哉 氏

IDCフロンティア
事業推進本部 事業推進部 藤城 拓哉 氏

詳細はこちら

DXを成功させるためにコンテナ導入と管理を考えた時、ビジネスの優位性を生む本当に使えるクラウド&コンテナ活用の”きも”は何でしょうか。お客様にとってコンテナ導入と管理で、直面する課題をどのようなインフラ利用、手法と技術で解決し、メリットを得ることができるのか、国内外の事例を紹介しながら紐解きます。

14:45~15:15

【ソリューション講演】

IT部長のためのコンテナ講座
御社はコンテナ技術を採用すべきなのか?

渡辺 隆 氏

ヴイエムウェア
モダンアプリケーションプラットフォーム事業本部 マーケティングマネージャ 渡辺 隆 氏

詳細はこちら

近年、DockerやKubernetesをはじめとするコンテナ技術を採用するユーザー企業が増えています。ある調査では約15%の企業が本番環境でコンテナを活用しているとされています。この流れに乗り遅れぬよう、御社もコンテナ技術を採用すべきなのでしょうか?本セッションではIT部門のマネージャ向けに、コンテナ技術をどのように導入していくべきか、改めてお伝えいたします。

15:20~15:50

【特別講演】

開発生産性の向上、ヤフーが駆使する3つのコンテナ基盤

近藤 裕介 氏

ヤフー
テクノロジーグループ システム統括本部 クラウドプラットフォーム本部 技術2部 部長近藤 裕介 氏

詳細はこちら

ヤフーではシステム開発・保守のスピードを向上するため、「PaaS」「CaaS」「FaaS」と呼ばれる3種のコンテナ基盤をオンプレミスで運用しており、これらを社内のエンジニアが使い分け、成果を得ています。講演ではヤフーがコンテナ基盤を整えてきた背景と経緯、全社IT基盤におけるコンテナの位置付け、3種のコンテナ基盤の特性と使い分け・従来型のIaaS基盤からの移行にあたっての取り組みについてご紹介します。

お申し込み

■Webセミナーご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください。

  1. 視聴に必要なURLは、登録完了メールでご確認ください。
    また、MyPageからも確認ができます。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。また、SNSなどへのアップも禁止します。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も対応出来かねますのでご自身でご調整ください。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンターセミナー係

お問い合わせ

定員に達したため、
申し込み受付を終了しました

日経BP