2018年度診療報酬改定では、病床の規模や受け入れる患者像に応じた病院の機能分化が図られたほか、療養病床においては介護医療院が創設され、各病院は将来を見据えて自院の役割を見直すことが一層重要になっています。特に「地域密着型」が主流の中小病院は、他院の動向を的確に把握し、積極的に連携していくことが大切になっているだけでなく、病棟構成の再検討や病床のダウンサイジングなども視野に入れる必要性が増しています。
そこで日経ヘルスケアでは、9月23日に東京・秋葉原において「中小病院の生き残り戦略を探る! ~病院・病床大再編時代の処方せん~」と題するセミナーを実施いたします。本セミナーの講師には、本誌の人気コラム「病院経営最前線」を執筆する医療経営コンサルタントのほか、急性期・回復期、慢性期それぞれの入院医療を手がけ、病院団体の役員として医療行政にも影響力を持つ病院経営者にご登壇いただきます。報酬改定の動向だけでなく、地域医療構想や地域包括ケアシステムの行方なども交え、今後の中小病院の“道しるべ”を探ってまいります。
この機会に本セミナーへ皆様のふるっての参加をお待ちしております。

開催概要

セミナー名 日経ヘルスケア
医療マネジメントセミナー2018 Autumn
日時 2018年9月23日(日)10:00~16:30(9:30開場)予定
会場 秋葉原コンベンションホール
東京・秋葉原
受講料

5,000円(税込み)
日経ヘルスケア定期購読者

10,000円(税込み)
一般の方

受講対象 医師・医療機関勤務の方
【事前登録制】
主催 日経ヘルスケア
協賛 竹中工務店、三井ホーム、山田コンサルティンググループ (50音順)


プログラム


※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
10:00~10:05
【主催者挨拶】
10:05~11:15
【講演】
診療報酬改定など医療政策を踏まえた中小病院の生き残り策

株式会社MMオフィス
代表取締役
工藤 高
11:15~11:45
【協賛社講演】
~成功の秘訣~医療法人が運営する木造建築

三井ホーム
医療福祉・木造施設事業部
メディカルケア推進グループ マネジャー
丸山 裕之
休憩
12:50~14:00
【事例講演】
急性期・急性期後を主体とする中規模病院の経営戦略(仮)

全日本病院協会 副会長
公益財団法人脳血管研究所・美原記念病院 院長
美原 盤
14:00~14:30
【協賛社講演】
竹中工務店が提案する 地域に選ばれるFace to Faceの病院づくり

竹中工務店
医療福祉・教育本部 副部長
吉川 健一
休憩
14:50~15:20
【協賛社講演】
地域での成長を目指す!~戦略的グループ経営と課題~

山田コンサルティンググループ
経営コンサルティング事業本部
ヘルスケアコンサルティング事業部 部長
増井 浩平

山田コンサルティンググループ
資本戦略事業本部 ヘルスケア・セクター 部長
川村 和人
15:20~16:30
【講演】
『2018年同時改定&地域医療構想を踏まえた慢性期医療の経営戦略』
~地域包括ケア時代に生き残るための小規模病院の意識改革とは~


日本慢性期医療協会 副会長
医療法人池慶会 理事長
池端 幸彦

申し込む

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

お問い合わせ
日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。