お申し込み受付を終了しました

世界で一過性のブームを超え、今後確実に成長が見込めるキートレンドとなっているのが「腸からの健康」(Digestive Wellness)。
なぜ今、「腸からの健康」にフォーカスが当たっているのか、この市場の主役は誰か、そして、さらにその次に来るトレンドは何か?!
最新の海外市場分析との素材研究の成果から、日本のヘルスケア食品の潮流を占う。

開催概要

セミナー名 日経ヘルス主催セミナー
欧米・アジアの最新ヘルスケアの潮流と国内食品機能性市場の行方
日時 2018年10月17日(水)13:30~15:00(13:00開場)予定
会場 TKP東京駅大手町カンファレンスセンター ホール22F
東京・大手町
(東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル 22F )
受講料

無料
(事前登録制)

受講対象 食品・飲料、薬品、化粧品メーカーの商品企画・開発、製品・基礎研究者など
ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパーなどの流通関係者、バイヤー
定員 130名
主催 日経ヘルス
協賛 帝人

プログラム


※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
13:30~13:50
【講演①】
米国・欧州・アジアの食品機能性の最新トレンド報告



グローバルニュートリショングループ
代表取締役
武田 猛

健康食品業界でBtoB、BtoCビジネスに携わり、新事業開発、商品開発からマーケティング、オペレーションまでの実務経験を積む。2004年グローバルニュートリショングループ設立。健康食品ビジネスに特化したコンサルタントとして現在に至る。著書に『健康食品ビジネス大事典』(パブラボ)など。
13:50~14:10
【講演②】
成長する“腸からの健康”市場
~グローバルの潮流と国内市場の行方~



インテグレート
代表取締役CEO
藤田 康人

味の素株式会社を経て、ザイロフィンファーイースト社(現ダニスコジャパン)の設立に参画。キシリトール・ブームを仕掛け、製品市場をゼロから2000億円規模へと成長させた。2007年5月、IMC(統合型マーケティング)プランニングを実践する、マーケティングエージェンシー 株式会社インテグレートを設立。著書に『ヒットを育てる!食品の機能性マーケティング』(日経BP社)、『カスタマーセントリック思考』(宣伝会議)、『99.9%成功するしかけ』(かんき出版)など。
14:10~14:30
【講演③】
圧倒的な発酵力で腸内細菌叢に作用、世界市場が認める食物繊維イヌリンのエビデンス



帝人
ヘルスケア新事業部門
機能性食品素材事業推進班 班長
北薗 英一

14:30~15:00 【パネルディスカッション】
“低糖質”から“腸活食品”へ
潮目が変わるヘルスケア市場における食物繊維の可能性


パネリスト
帝人
ヘルスケア新事業部門
機能性食品素材事業推進班 班長
北薗 英一
グローバルニュートリショングループ
代表取締役
武田 猛
インテグレート
代表取締役CEO
藤田 康人
モデレーター
日経BP社
日経BP総研
メディカル・ヘルスラボ客員研究員
西沢 邦浩

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

お問い合わせ
日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。