本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使って当日ライブ配信します。
※開催後の見逃し配信はございません。

2月8日(火)午前10時に締め切らせて頂きます。

セミナー紹介

 世界No.1製品をつくるための開発設計プロジェクト指南。第1回の本講座は、世界No.1の製品を実現するために必要な先行開発段階および量産設計段階の設計力について学びます。

 具体的には、まず世界の競合に対して優位性を確保するために必要な、「ダントツの性能」と「ダントツのコスト」を実現するための「先行開発段階での取り組み」を「設計力」を踏まえて伝授します。

 ポイントは、ダントツの基本コンセプトをいかにして決めるか、そして、いかにしてその目標値を実現するかです。製品の選定、ダントツ目標の設定、およびその目標値を達成するまでの先行開発段階の取り組みを詳説します。先行開発段階の全プロセスと、ダントツ目標の満たすべき要件、達成を阻害する要因の打破について取り上げます。加えて、世界No.1の製品への取り組みの豊富な事例を紹介します。

 ダントツ目標値の取り組みは身近にあることの例、世界No.1製品の開発例、ダントツスピードの開発例など、さまざまな切り口からの事例を学ぶことができます。世界No.1製品への取り組みに必要な設計者のありよう(あるべき姿)についても取り上げます。

 続いて、「量産設計段階の取り組み」は、先行開発段階でめどを付けた目標値の品質を“120%”まで高めるために活動します。つまり、「100万個造っても、1個たりとも品質不具合を出さない取り組み」です。

 その取り組みを大きく左右する量産段階の設計力について、それを構成する設計手順や技術知見、評価基準など7つの要素を紹介します。併せて、“120%”の品質を達成するために考慮すべき課題や、トラブルを未然に防ぐための開発の進め方、FMEAをはじめとする各種の設計支援ツールの正しい使い方、過去の品質トラブルの反映手法などについて具体的に解説します。

 やったという実績作りを目的にしない取り組みのありようを学びます。


受講効果

チェックダントツ目標に必要な要件とその具体的な設定方法が理解できます。

チェックダントツ目標実現の先行開発段階と量産設計段階の詳細プロセスを知ることができます。

チェック先行開発段階と量産設計段階に必要なそれぞれの「設計力」、その技術知見・判断基準など7つの構成要素を把握し、実線で活かすことができます。

チェックダントツ目標実現のさまざまな実線事例を知ることができます。

チェック品質トラブルを未然に防ぎ、120%の品質を達成する設計の進め方を習得できます。

チェック「設計力」を伸ばすポイントを理解することができます。

※このセミナーは、講義中にグループ演習を実施し、学びを深めて参ります。グループ演習ではZoomのブレイクアウトルーム機能を使用しますので、カメラ・マイクが使用できるPCでご受講ください。


■視聴にあたって
  1. ライブ配信当日の視聴に必要なURLと、登録、ログイン方法につきましては、登録完了メールに記載されています。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
  6. Zoomの接続環境は【パソコン、有線またはWi-Fiのインターネット環境】推奨です。
なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

開催概要

セミナー名 寺倉の「設計力」実践講座【第1回】
世界No.1製品に必要な設計力
日時 2022年 2月 8日(火) 10:00~17:00
会場 オンライン開催
Zoomを使ったWeb配信セミナーです
受講料

52,000円(税込み)
※上記は1名様の料金です。複数名での共有は禁止させていただきます。

取り組みを総合的に学べる3回セットもございます。詳細はこちら

定員 60名
※最少開催人数(15名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経クロステック、日経ものづくり

講師紹介

寺倉 修(てらくら おさむ)
ワールドテック 代表取締役

寺倉 修(てらくら おさむ) <span class="fontSizeS">氏</span>

実務経験に基づく真の「設計力」を定義し、実践的設計論を説く設計分野の第一人者。日経クロステックにて人気コラム「設計力の魂─デンソーで鍛えられた実践的設計論─」を執筆中。
1978年、日本電装(現 デンソー)入社。車載用センサーおよびアクチュエーターの開発、設計業務に従事。日本初のオートワイパー用レインセンサー開発、レクサス搭載を実現したほか、20種類以上の車載用センサー、アクチュエーターを開発、設計。 2005年、ワールドテック設立。製造業への開発・設計・生産などの技術を支援。 2010年、東京大学大学院経済学研究科 ものづくり経営研究センター(MMRC)コンソーシアムで「モノづくりを支えるもう一つの力『設計力』」と題して講演。企業活力研究会「平成22年度 ものづくり競争力研究会」委員。 2014年、東京大学大学院経済学研究科 MMRCコンソーシアムで「『設計力』を支えるデザインレビュー」と題して講演。2018年の経済産業省「ものづくり白書」に「設計段階での品質管理の重要性」を提言し、掲載された。著書に「開発設計の教科書」(日経BP)など多数。

プログラム (10:00~17:00)

第1STEP 先行開発段階の取り組み

【1】「世界No.1製品」とは

世界No.1製品の定義、および先行開発段階と量産設計段階でそれぞれ設計力が存在することを解説します。
  1. 世界No.1製品とは
    -Q・C・Dの1つ以上がダントツであること
  2. 先行開発と量産設計段階の関係
    -先行開発段階は、ダントツ目標値の設定と実現、量産設計段階は、ダントツ目標値品質120%達成の取り組み
    -それぞれの段階に取り組みは、Wモデルで表現できる
  3. 先行開発段階の活動
    -この段階ではさまざまなツールが使われる

【2】ダントツ目標達成の取り組みの流れ

ダントツ目標の設定とその実現方法について具体例を踏まえて解説します。
  1. 新製品開発をスタートする環境をつくる
  2. 新製品の選定のための基本方針を決める
    -既存製品の課題の分析を踏まえ、新製品選定の基本スタンスを明確にする
  3. 新製品を具体的に選定する
    -取り組むシステム分野の絞り込みと製品の選定
  4. 選定した製品を世界No.1にする方針を決める
    -Q・C・Dの何をダントツにするか根拠をしっかり踏まえる
  5. システムから要求される真のニーズを把握する
    -真のニーズとは、またその掘り起こし方とは
  6. 真のニーズから得られたダントツ性能を実現する
    -ネック技術の見極めとそれを乗り越えるには
  7. ダントツコストを見極め、実現する
    -スピードを意識した取り組みとは

【3】ダントツ目標の達成プロセス・満たすべき要件・阻害要因の打破

ダントツ目標達成のプロセスフローと、得られる目標値の妥当性を判断する4要件、および、目標値達成を阻害する要因を乗り越える取り組みについて解説します。
  1. ダントツ目標達成プロセス
    -達成プロセスは3つのグループからなる、主活動プロセス、サポートプロセス、マネジメントプロセス
  2. ダントツ目標が満たすべき4要件
    ・第一要件:目標項目の妥当性
    ・第二要件:目標値の対象システムでの妥当性
    ・第三要件:システム動向との整合性
    ・第四要件:成長タイミングとの整合性
  3. ダントツ目標値の達成のための阻害要因の打破
    -阻害要因とは、及びそれを打破する具体的な取り組み

【4】先行開発段階の7つの設計力

先行開発段階の7つの設計力を解説します。
  1. 先行開発段階の7つの設計力要素
  2. 先行開発段階の7つの設計力を構成するもの
  3. 設計力から導かれるプロセスフローのアウトプットとは

【5】さまざまなダントツ製品を目指した取り組み事例

  1. ダントツ目標の取り組みは身近にある
    -ダントツコスト1/2達成例
  2. 世界一製品開発
    -他社の追従を許さない独自技術の開発と、顧客システムに容易に適合できる機能を併せ持つ例
  3. ダントツのスピード開発
    -ダントツのスピード開発でお客様に満足頂いた例
  4. システムの変化点はダントツ新製品開発の機会
第2STEP 量産設計段階の取り組み

【1】自動車部品に求められる品質

自動車部品の品質上の重要ポイントを解説します。
  1. 車載システムの過酷な環境と求められる高信頼性
  2. 車の耐用年数と設計保証目標値
  3. 品質不具合と損失
  4. 製造要因と設計要因
    -主な市場不具合は、設計要因が多い

【2】設計目標値を決めるということ

品質・コストの80%を決める、設計目標値の役割を解説します。
  1. 商品仕様と製品仕様
    -顧客商品仕様を抜けなく把握し、必要十分な製品仕様へ落とし込む
  2. 設計の役割
    -品質・コストの80%は、ここで決まる
    -従って、フロントローディングが大切
  3. コストへ設計の寄与は大

【3】量産設計段階の 7つの設計力とは

設計目標値を120%品質で達成する、量産設計段階の取り組み7つの設計力を解説します。
  1. 量産設計段階の設計力
    -顧客の信頼を確保する取り組み
  2. 量産設計段階の 設計力を構成する7つの要素
    -設計目標値/設計の手順/技術知見ノウハウ・設計ツール・人組織/判断基準/議論・審議/設計風土・土壌
  3. 設計者・設計職場が学び備えるべきものの詳細
    -儲ける設計者のありよう

【4】設計力が乗り越えねばならない普遍的な課題

過去から現在まで設計に起因する不具合が、なぜなくならないのかを解説します。
  1. ものづくりは自然があいて
    -自然にイレギュラーはない、理論に基づくイレギュラーがあるのみ
  2. 図面に書いた内容はすべて理論で説明、試験で定量的に検証できなければならない
    -その為の3ステップとは
  3. 品質の99%は未だ5合目
    -残された1~2項目を詰めるのにエネルギーの50%を使う

【5】量産設計段階の設計力の具体的な活用例
   ―工夫された設計プロセス

設計力の重要な要素となる、工夫された設計プロセス実例を踏まえて解説します。
  1. 完成車メーカー、一次部品メーカー、二次部品メーカーの開発・設計における関係
  2. 量産設計段階のコンカレント活動
    -構想設計段階からの取り組み
  3. 工夫された40以上のステップから構成された設計プロセス
    -3階層グループから構成
  4. 製品の重要度で異なる設計プロセス
  5. コスト目標値を達成するには

【6】設計力を伸ばす

設計力を伸ばすポイントを解説します。
  1. 7つの設計力の仕組みを順次そろえる
    -まずは、できるところからやり始める
  2. 設計力の仕組みを造るだけでは、意味がない
    -やったと言う実績作りを目的にしない
  3. デザインレビューで品質トラブルが無くなると、勘違いしていないか
    -担当設計者が準備すべき技術資料とそのポイント、
    -参加メンバーの工夫、
    -レビューの進め方、議論と審議の区別、参加者は全員が共同責任
  4. 間違いだらけのFMEA
    -品質ツールに使われてはいけない
    -FMEAの帳票を埋めるだけでは、未然防止は期待できない
  5. 過去のトラブルなど、技術財産を抜けなく設計に反映するには
    -技術知見、ノウハウの見える化方法
  6. 全社の総知・総力を活かす未然防止活動
  7. “まもるべきWAY”と“変革すべきWAY”の両立
    -設計力を伸ばす設計者の取り組み

【7】設計力と現場力の相乗効果

ほどよい緊張感の下、互いに刺激し合って善循環を導き出す方法を解説します。

【8】世界No.1製品を達成する設計者のありよう

  1. 先行開発と量産設計の設計者のありようを比べると
  2. 世界一製品を目指した経験者の言葉

【9】講師との意見交換

受講者から日頃の課題を出していただき、会場と講師が議論・意見交換を行います。
演習の時間が取れないので、白熱教室のような形をとります。
※プログラム内容・講師は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • このセミナーは、ZoomによるリアルタイムWeb配信にてご提供します。
    視聴URLは、登録完了メールに記載していますので、当日まで大切に保存してください。
  • このセミナーの運営事務局を担当する、株式会社サンクからメールやお電話でご連絡を差し上げることがあります。ドメイン名(@55cinq.com)からのメールを受信できるようにしてください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※受講料のお支払い:請求書払い/クレジットカード払いが選択できます。
    お支払方法が「請求書」の方には、後日、請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
    クレジットカード払いの場合、お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
    各種書類(領収書等)の発行については、こちらをご覧ください。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。