本セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」を使って、当日ライブ配信します。

6月21日(日)23時59分に締め切らせて頂きます。

セミナー紹介

 新型コロナ禍は世界の価値観を大きく変えパラダイムシフトを引き起こそうとしています。こうした中で、製造業がどのような変化をするかを予測するのは非常に難しい状況にあります。それでも、企業はこれから起こる経済危機に備え、新型コロナ終息後を見据えて先手を打たなければなりません。そのため、トヨタ自動車をはじめとした企業は資金調達などの準備を既に進めています。

 この状況の乗り切り、企業が生き残るためには、生産体制および各企業との連携に関して人の手に依存しない自動化を進めていく必要があります。加えて、パラダイムシフト後では、世界の需要は大きく変わる可能性があり、そのために生産品や組織を大きく変える必要もあります。

 ただし、元の事業を再開すればよいというわけにはいきません。新しい時代に合わせて変化しなければ、真の復旧にはなりません。

 本講座では、いくつもの大企業でIoT/AIを活用したイノベーションを指導する講師が、世界情勢を分析し、コロナ禍後の製造業がどのように変化するのかを予測します。こうして将来の変化を見据えた上で、今だからこそ計画し、準備しておくべきことについて具体的に解説します。

 さらに、コロナ禍の長期化や再発を見据えたリスクマネジメントや、リスク回避のためのIoT(Internet of Things)/人工知能(AI)などの最新技術活用について紹介します。

受講効果

チェック製造業に必要なデータ分析の基礎を学べます

チェックデータサイエンティストの基礎を身に付け、養成につなげます

チェック体系的、かつ体験的に学ぶことで実践力が身に付きます


■視聴にあたって
  1. 視聴に必要なURLは、配信前日6/23(火)までにメールにてご案内します。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
  6. Zoomの接続環境は【パソコン、有線またはWi-Fiのインターネット環境】推奨です。

なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

また、ライブ配信当日にアクセスいただくURLと、登録、ログイン方法につきましては、 配信前日の6/23(火)にご参加の方へメールでお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。

開催概要

セミナー名 Zoomを使ったWeb配信セミナー
アフターコロナの世界を見据えた製造業の再生
日時 2020年 6月 24日(水)13:30~16:00
会場 オンライン開催
Zoomを使ったWeb配信セミナーです
受講料

29,800円(税込み)

定員 60名
※最少開催人数(15名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
備考 視聴方法は、お申し込みいただいたメールアドレス宛に、開催前日、メールにてご案内いたします。
主催 日経クロステック 日経ものづくり

講師紹介

伊本 貴士(いもと たかし)氏

メディアスケッチ代表取締役 兼 サイバー大学専任講師、AI/IoT評論家
技術経営修士

人気のAI/IoTコンサルンタント。日経BPの「日経クロステック ラーニング」の人気講師でもある。IoTやAIはもちろん、技術に関する洞察力が深い。 NECソフト、フューチャーアーキテクトを経て、メディアスケッチ設立。IoT・AIなど最新技術のコンサルタントとして企画から、新技術の共同研究開発などを行っている。自社においても、スマート製品や犯罪予測システムなどの人工知能エンジンを研究中。また、経済産業省とIoT推進ラボが行う地方版 IoT推進ラボのメンターとして、日本全国においてアドバイザーや講演などを行う。 サイバー大学の講師の他、日本経済新聞社の講師も担当しており、IoTや人工知能、ブロックチェーンの分野における講演多数。 共著に『IoTの教科書』と『IoTの問題集』、『AIの教科書』(全て日経BP)がある。

プログラム

13:30~16:00
  1. コロナ収束後に何が起こるのか?
    ~すでに世界の企業は次へ動き始めている~
  2. 世界情勢と製造業への中長期的な影響
    ~調達、製造、販売、物流はどう変化するのか~
  3. 新しいプロジェクト・リスクマネジメント
    ~新しいリスクの洗い出しと対策~
  4. ファクトリー・オートメーションの事例と要点
  5. ファクトリー・オートメーションのためのテクノロジー
  6. 新時代におけるマーケティング・オートメーションの重要性
  7. 組織間データ連係ネットワークの構築と迅速な開発を実現するポイント
  8. 3Dプリンターの活用と要点、最新動向
  9. ロボットのテクノロジーと技術動向
※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • このセミナーは、ZoomによるリアルタイムWeb配信にてご提供します。
    視聴URLは、開催前日にご登録のアドレス宛にメールでお知らせします。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法はクレジットカード払いのみとなります。領収証が必要な場合は、登録完了メールをご覧のうえ、お手続きください。以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※このセミナーの運営事務局を担当する、株式会社サンクよりご連絡をいたしますので、ドメイン名(@55cinq.com)からのメールを受信できるようにしてください。
    お申し込み時にご記入いただいた電話番号に、ライブ配信当日、株式会社サンクより、接続不良の方にご連絡させていただく場合があります。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。