セミナー紹介

世界No.1製品をつくるための開発設計プロジェクト指南「量産設計編」の第3回です。
デザインレビューは、ダントツ性能とダントツコストを満たす図面を後工程に流すまでに行われる活動、すなわち、量産設計段階の設計プロセスに組み込まれた体系的な活動です。

そのため、ダントツ目標値の「対応方法」や、お客様のニーズ、それを踏まえた機能、性能、コストといった「設計目標値」、その「対応方法」「詳細設計」「安全設計」「品質評価」など、設計段階の全ての開発課題を対象とします。つまり、デザインレビューの取り組みは、図面のレベルに大きく影響し、量産設計段階でのアウトプットを左右するのです。いわば、設計力とデザインレビューは表裏一体の関係。デザインレビューの重要性はここにあります。

本講座では、「設計力とデザインレビューはどのような関係にあるのか」「設計プロセス(手順)の中でデザインレビューはどのように行われるのか」「デザインレビューでは何を議論するのか」「デザインレビューでは何を準備するのか」などについて、具体的に取り上げて解説していきます。


受講効果

チェックデザインレビューは設計プロセスに組み込まれた体系的な活動であることを理解できます。

チェックデザインレビューの実践に則した種類とタイミングを知ることができます。

チェック節目のデザインレビューを構成する、項目、内容、メンバーなど具体的な実施要領を学ぶことができます。

チェック最も重要な量産出図前のデザインレビューの内容について事例で学ぶことができます。

チェック個別デザインレビューの種類とタイミング、および具体的な実施要領について学ぶことができます。

開催概要

セミナー名 【量産設計編 第3回】
世界No.1製品に必要なデザインレビューの実践
日時 2020年 3月 18日(水)10:00~17:00(開場9:30)
会場 東京・新橋
Learning Square新橋 6F
JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線 「新橋駅」 徒歩2分
受講料

49,800円(税込み)
※受講料には、昼食は含まれておりません。

総合的に学べる3回セットもございます。詳細はこちら

定員 60名
※最少開催人数(15名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経 xTECH、日経ものづくり

講師紹介

寺倉 修(てらくら おさむ)

ワールドテック 代表取締役

実務経験に基づく真の「設計力」を定義し、実践的設計論を説く設計分野の第一人者。日経 xTECHにて人気コラム「設計力の魂─デンソーで鍛えられた実践的設計論─」を執筆中。
1978年、日本電装(現 デンソー)入社。車載用センサーおよびアクチュエーターの開発、設計業務に従事。日本初のオートワイパー用レインセンサー開発、レクサス搭載を実現したほか、20種類以上の車載用センサー、アクチュエーターを開発、設計。 2005年、ワールドテック設立。製造業への開発・設計・生産などの技術を支援。 2010年、東京大学大学院経済学研究科 ものづくり経営研究センター(MMRC)コンソーシアムで「モノづくりを支えるもう一つの力『設計力』」と題して講演。企業活力研究会「平成22年度 ものづくり競争力研究会」委員。 2014年、東京大学大学院経済学研究科 MMRCコンソーシアムで「『設計力』を支えるデザインレビュー」と題して講演。

プログラム (10:00~17:00)

【STEP1】設計力の中のデザインレビュー

 1.車載部品品質への設計の役割は大きい

(1)あってはならない重至命故障

(2)品質不具合の多くは設計に起因する

(3)品質不具合の未然防止と設計力
―過去の失敗経験を今の仕事に活かすことの難しさ

 2.車載部品品質を支える設計力

設計者が身に付けるべき7つの設計力と、その中でのデザインレビューの位置づけを解説します。

(1)設計の役割はお客様の思いを具現化する手段を「見える化」すること
―品質・コストの80%はここで決まる

(2)7つの設計力が設計段階の品質120%を決定する
―100万個造っても1個でも不具合を出さないための取り組み

(3)7つの設計力の前提条件

(4)7つの設計力の構成要素
―設計者が身に付けるべき素養
―設計目標値/設計の手順/技術知見ノウハウ・設計ツール・人組織/判断基準/議論[デザインレビュー]・審議/設計風土・土壌

 3.過去も現在も品質不具合がなくならない理由

設計に起因する不具合が、いつまでたってもなぜなくならないのかを解説します。

(1)設計にあいまいということはない
―イレギュラーはない、理論に基づくイレギュラーがあるのみ

(2)設計の本質的且つ普遍的な課題
―INPUT×要素、要素×要素、要素×ストレスの交互作用を全て知り尽くしているか、設計でもれなくコントロールできているか

【STEP2】デザインレビュー(DR)の実施

 4.デザインレビューの役割

デザインレビューは、設計力の活動結果への気づきの場であることを解説します。

(1)デザインレビューは討論、議論、混同してはいけない審議、決裁
―検討抜けや検討不十分な取り組みへの気づきの場であり、上司承認の場と区別が出来ているか

(2)デザインレビューを定義づけると
―総智、総力の設計力活動で設計自工程を完結する

(3)定義から見えるデザインレビューの基本的な仕組み
―限られた時間と場所で設計力の活動を行う仕組みであること

 5.デザインレビューの使い分け

デザインレビューは、設計プロセスに組み込まれた体系的な活動であることを解説します。

(1)開発設計の流れにおける使い分け
―設計力活動の節目及び節目内の要素作業別設計力の結果を対象とする

(2)デザインレビューの階層構造
―階層別V字モデルそれぞれにDRは存在する

 6.全体節目デザインレビューの具体的な実施要領

節目デザインレビューを実施するための具体的なマニュアルついて解説します。

(1)設計プロセスにおける使い分け
―設計プロセスは3つのグループから構成され、DRは第3グループに入る

(2)新製品管理ランクとデザインレビュー
―類似・次期型・次世代製品・革新的製品と新規性が大になるに従い、DRの対象は増加する

(3)管理ランクと節目デザインレビュー

(4)節目デザインレビューと個別検討会
―節目DRと個別検討会の効果的な組み合わせ

(5)節目デザインレビューのメンバー構成
―横断的な要素技術を議論するには

(6)節目デザインレビューに準備するもの
―設計、品質、生産技術、生産立場で

  • 構想設計段階のDRで必要十分な準備するものとは
  • 詳細設計段階のDRで必要十分な準備するものとは
  • 生産準備段階のDRで必要十分な準備するものとは

(7)横展開
―得られた知見は設計基準などの製品固有の基準類、失敗事例集など横断的な知見集へ反映する

 7.節目デザインレビューの中でも最も重要な量産出図前のデザインレビュー

詳細設計デザインレビューで議論すべき設計項目とそのまとめ方を解説します。

(1)システム概要 
(2)製品動向 
(3)開発大日程 
(4)次期型コンセプト 
(5)設計目標値 
(6)構想設計 
(7)開発課題と対応策 
(8)詳細設計 
(9)安全設計 
(10)信頼得評価結果 
(11)目標達成状況

 8.個別設計検討会

主な個別設計検討会(DR)についてポイントを解説します。

(1)過去トラ検討会 
(2)DFM検討会 
(3)設計検証検討会 
(4)DRBFM 
(5)特殊特性検討会 
(6)専門分野検討会 
(7)仕入先DR 

 9.デザインレビューを支える設計リーダ

デザインレビューの効果は設計リーダに大きく依存することを解説します。

(1)人材育成 
(2)設計リーダのありよう 

 10.デザインレビューをDRする

デザインレビュー自体を継続的改善する。

 11.演習

デザインレビューの実際を踏まえ、「自分や職場の現状の把握、問題点・課題の見極め、あるべき姿と今後の取り組み」を見い出すグループ演習を行います。

※プログラム内容・講師は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    下記Mypageにて申し込み状況を確認いただけます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。