本講座は都合により中止とさせていただきました。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

セミナー紹介

本講座はこんな方におすすめです
  • 企業でITを活用した事業・サービス・業務効率化の企画を担当している方
    例えば、経営企画部や情報システム部、イノベーション推進部に所属している方
  • ブロックチェーンを用いた事業・サービス・業務効率化の企画のコンサルティング、アドバイスを行う方
  • すでに提供されているブロックチェーンを使ったサービスに加わるかどうかを検討中の方

(プログラミングやITの知識がない人もわかるように解説します)


「先進ITを活用した事業を検討しているが、ブロックチェーンの活かしどころが難しい」
「ブロックチェーンを活用する事業をどう企画したら最善なのか」
「ブロックチェーンを活用しはじめた同業他社は、どのように進めてきたのだろう」

 AIやIoT、ブロックチェーンといった先進ITを事業に活用することは経営の大命題であり、それを検討し、企画立案する担当者の方々には、高度な知識やノウハウが求められています。

 とりわけブロックチェーンは、技術面で高度であり、しかも汎用的な技術であるため、事業への適用が最も難しいものです。世界的には、数多くの実証実験が進み、そのなかで徐々に実ビジネスにつながったプロジェクトが生まれてきています。日本国内でもその芽が出始めた段階にあります。

 先行して導入が進むAIやIoTと同様、ここでキャッチアップしておかなければ、一気に競合他社に溝が空けられる危険性がある状況ですが、やみくもに企画立案してみても、うまくいきません。立案段階で失敗すると経営会議で「データベースを使えばできることじゃないか」と指摘され、そこで終了になります。現段階は、多くの実証実験や試行から得られた経験を生かし、適切なアプローチで進めていく時期にあります。

 本セミナーの講師は、日本IBMでブロックチェーンを活用した金融インダストリープラットフォーム、具体的には複数の地方銀行などをまとめて電子交付・口座振替が可能なシステムの企画から運用まで携わった経験があります。本セミナーでは、各種ブロックチェーン事業に携わった経験を整理し、適切なブロックチェーン事業の企画について、実践的な演習を交え、やさしく手ほどきします。技術的なバックグラウンドがなくても、企画立案は可能です。

開催概要

セミナー名 社長が納得する、ビジネスの着眼から企画書作成まで1日で理解
どうするブロックチェーン活用、ビジネス企画のための実践セミナー
日時 2020年 3月 4日(水)9:30~17:30(開場9:00)
会場 東京・神田
ステーションコンファレンス万世橋
・東京メトロ 銀座線神田駅 6番出口徒歩2分
・東京メトロ 丸の内線淡路町駅 A3出口徒歩3分
・都営地下鉄 都営新宿線小川町駅 A3出口徒歩3分
・JR 秋葉原駅 電気街口徒歩4分
受講料

49,800円(税込み)

定員 50名
※最少開催人数(20名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経クロステック 日経FinTech

講師紹介

貝塚 元彦
日本IBM インダストリー・ソリューションズ事業開発
ブロックチェーン・ソリューションズ
インダストリー・コンサルタント
証券アナリスト協会検定会員

貝塚 元彦 <span class="fontSizeS">氏</span>

2016年から日本IBMで、企業のブロックチェーン導入における企画や構築、運用のコンサルティングを実施。地方の活性化を目指し、地方銀行における電子交付・口座振替サービスの企画・開発に携わり、2019年3月に日本初のブロックチェーン技術をベースとする金融インダストリープラットフォームの本番稼働に導く。
ブロックチェーンのカンファレンス「国際貿易カンファレンス」の設立に参加し、現在運営にも携わる。IBMが刊行するブロックチェーン関連の各種レポートの取りまとめを担当。総務省・金融庁・経済産業省など行政組織、全国銀行協会などの業界団体が開催する各種ブロックチェーン関連の委員会やグループのメンバーとして活動するなど、広くブロックチェーン関連の普及・啓蒙に努めている。

プログラム

 第1部 ブロックチェーンの基礎と現状、適したビジネス領域
9:30-10:00
 セッション1-1 
ビジネス・ブロックチェーンとは

ブロックチェーンを仮想通貨関連ではなく、製造業や流通業など、幅広い業種のビジネスに適用することをビジネス・ブロックチェーンを呼びます。ビジネス・ブロックチェーンの基礎を解説します。

10:00-11:00
 セッション1-2 
ブロックチェーンはなぜ騒がれ、いまどんな状況にあるのか

ブロックチェーンは大きなトレンドとなり、いまはそれがやや沈静化しつつ本格的に事業に活用されるフェーズに入っています。その流れを見ていきます。

11:00-12:00
 セッション1-3 
世界、日本で成功しているブロックチェーン事業・実装事例

いま成功しつつある世界、日本でのブロックチェーン事例を挙げて、どのような分野で成功するのかを探ります。

 第2部 ブロックチェーンの企画立案に必要なことと、その実践
12:00-12:30
 セッション2-1 
ブロックチェーンを事業に取り入れるために、考えるべきこと

まず、自社でブロックチェーン事業を立ち上げるべきか、あるいは既存のプラットフォームに参加するべきか、といったところから考えます。その考える道筋を概観します。

12:30-13:30

休憩(ご昼食を用意します)

13:30-14:30
 セッション2-2 
ブロックチェーンによる新たな世界観を考える

ブロックチェーン事業を企画するために、最初に知っておくべきことを、解説します。ここでは、ブロックチェーンの技術的な特徴を踏まえて、適用すべきところをそうでないところを見極めるための知識を身につけます。

14:30-15:30
 セッション2-3 
ブロックチェーンの受益者のニーズとサービスを考える

ブロックチェーンをどんな事業や業務に適用するか、企画書に落とし込むところまで実践的に学びます。

15:30-16:30
 セッション2-4 
ブロックチェーンのサービス・プラットフォームを考える

どのようなシステムとしてブロックチェーンを実装すればよいのか、企画書に落とし込むところまで学びます。

16:30-17:30
 セッション2-5 
ブロックチェーンの参加者・実装方式・ステップを考える

最後に、ブロックチェーンを使った事業を運営するために必要な各種ノウハウを学びます。

※プログラム内容・講師は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。