本セミナーは、Webセミナープラットフォーム「Deliveru」を使って、当日ライブ配信します。
※講師の講演部分に関しましては、後日見逃し配信を予定しています。

6月28日(火)午前10時に締め切らせていただきます。

セミナー紹介

1月開催の国際展示会「CES 2022」や2月の「Galaxy Unpacked」などを見ると、OLEDを使用したディスプレー機器のピーク輝度が飛躍的に向上した。テレビ、モニター用途での性能向上の中心は韓国Samsung Display(SDC)が長年開発してきた量子ドットOLED(QD-OLED)の製品化である。

OLEDのピーク輝度は、昨年までのLGディスプレイ(LGD)のテレビ用白色OLED(WOLED)が800nitだったが、SDCのQD-OLEDでは1500nitを実現した。色再現性も大きく向上している。一方、LGDもWOLEDの材料に重水素(D)を取り込んだ「OLED-EX」技術で、ピーク輝度を1000nitまで引き上げたと発表した。また、Galaxy Unpackedで展示されたOLEDスマートフォンのピーク輝度は過去最高の1750nitを記録した。

これらOLEDの輝度が向上した背景には、昨年発売されたタブレット、ノートパソコン、そしてテレビ用途に採用された新技術「ミニLEDバックライト(Mini-LED BL)」、「マイクロLEDディスプレー(μLED)」技術への対抗という意味がある。両LED技術は1000nit以上の高輝度を売りにしているのである。CES 2022では、そのMini-LED BLを採用したテレビセットメーカーが昨年の2倍の7社以上に増えた。これでプレミアTVを数の上で支配する戦略にみえる。μLEDはタイル方式TVで2000nitをアピールする。AR・VRグラスでもこの高輝度を武器に市場参入が発表された。

本セミナーでは、CES 2022やGalaxy Unpackedなどで発表された最新ディスプレー用デバイス技術のうち、製品発売済みの技術についてはその構造や画質を解析する。一方、現時点で開示情報の乏しい技術は学会報告、各社の特許公報をベースに推定を含めて解説する。まずは、SDC、LGDおよび材料メーカーの特許公報調査で、QD-OLED用カラーフィルター(CF)の構造、製造方法、材料について解き明かす。次に、これに対抗するLED光源技術、Mini-LED BL、μLEDの動作原理、特性、構造、材料を分析する。さらに、2021年12月の学会「IDW'21」で発表が際立っていたインクジェット印刷(IJP)を用いたOLEDや、OLEDの後継技術となりそうな「量子ドットエレクトロルミネッセンス(QD-EL)」デバイスの構造、製造、材料技術も将来動向含めて解き明かす。

最後に、これら高輝度化OLEDデバイス技術を用いて、酸化物TFT(Oxide‐TFT)をバックプレーンとして次世代のG8.x投資に向かうIT-OLEDで準備するOLED構造、製造方法を解説する。


受講効果

チェック最新のフラットパネルディスプレーの技術動向を習得できる。

チェックスマートフォン、IT、テレビの映像機器とディスプレー技術関連性を理解できる。

チェック最新のフラットパネルディスプレー用デバイスの性能比較を理解できる。

チェックOLED、量子ドット(QD)、Mini-LED、μLEDの新技術の最新学会、特許公報情報を理解できる。

チェックディスプレーパネルメーカーの技術やその技術動向を理解できる。


■視聴にあたって
  1. 配信当日の視聴に必要なURLおよびログイン方法等は、セミナーお申し込み後にご登録のメールアドレスにお送りする登録完了メールにてご案内しております。
    ems-noreply@nikkeibp.co.jpからのメールを受信できるように設定してください。
    ※初回ログインの際のパスワードは参加者IDと同じで設定しております。変更された場合、変更後のパスワードはご自身で管理してください。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。1つのIDで1端末のみログイン可能です。二重ログインすると、先にログインした端末が強制的にログアウトします。
  6. オンライン受講の推奨環境はこちら(https://deliveru.jp/faq/#Q7)をご覧ください。
    お申し込み前に、下記のテストサイトにて動画が視聴できることをご確認ください。
  • ▼テストサイト
    【テスト視聴URL】https://deliveru.jp/pretest5/
    【テスト用ID】livetest55
    【テスト用パス】livetest55
  • また、下記のディスカッション機能も利用可能か、ご確認ください。
    (音声を使った質問・回答などで使用する場合があります)
    IE11、FireFox、また、iPhone、iPadでは、ディスカッションに参加できません。
  • ▼ディスカッションルームのテストサイト
    【テスト視聴URL】https://deliveru.jp/pretests/discussionroom
    【テスト用ID】livetest55
    【テスト用パス】livetest55
なお、「Deliveru」上では、個人情報は一切取得いたしません。

開催概要

セミナー名 OLEDが熱い! 青材改善、QD-OLEDデビュー、そしてIT-OLED投資へ
日時 2022年6月28日(火)10:00~17:00
会場 オンライン開催
Webセミナープラットフォーム「Deliveru」で配信するセミナーです
受講料

52,000円(税込み)
※上記は1名様の料金です。複数名での共有は禁止させていただきます。

定員 60名
※最少開催人数(15名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経クロステック 日経エレクトロニクス

講師紹介

小野 記久雄 (おの きくお)氏
サークルクロスコーポレーション フェローアナリスト

小野 記久雄 <span class="fontSizeS">(おの きくお)氏</span>

1982年、日立製作所日立研究所入所。半導体IC、LTPS開発に従事。1993年、日立製作所電子管事業部(後の日立ディスプレイズ)へ異動。TFT-LCD開発。特にTV用IPS-LCDの開発を主な担当とする。2009年パナソニック液晶ディスプレイ株式会社へ異動。FPD技術調査(LCD、OLED、QLED、μLEDなど)を行う。2017年末、退職。2018年1月からサークルクロスコーポレーションFellow Analyst就任。
主な著書に、共同執筆として、Edited by S. Ishihara et. al., "High Quality Liquid Crystal Displays and Smart Devices" IET(UK)(2019)がある。
主な受賞歴に、「2013年(公社)発明協会 全国発明表彰、発明賞」「2015年文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)受賞テーマ『広視野角で低消費電力を実現したIPS方式液晶パネルの開発』」がある。登録特許457件保有、特許分析に精通。

プログラム (10:00~17:00)

  1. CES 2022、Galaxy Unpackedにおけるディスプレー搭載機器
  1. TV・モニター用途Mini-LED BL、μLED
  2. TV・モニター用途OLED(QD-OLED、WOLED)
  3. スマホ、IT、車載、AR/VR用途OLED、Mini-LED
  4. ディスプレイデバイスの市場予測と戦国絵巻
  1. ディスプレイデバイスの動作原理と基本技術
  1. OLEDの動作原理(μOLED、FMM使用RGB-OLED、大型WOLED、QD-OLED)
  2. フォトルミ(PL)、EL QDの動作原理(QD-OLED、QD-EL)
  3. LED光源新デバイス(Mini-LED BL、μLED、QNED)
  1. 特許調査で紐解くQD-OLED
  1. QD-OLEDの高画質化アピール内容(SDC)
  2. QD材料とQD-CF、QD-OLEDの構造
  3. QD-CF層の形成はホトからIJPへ転換
  4. QD-CFバンク材料
  1. 重水素置換によるOLEDの効率向上
  1. 2021年から始まっているスマホ用OLEDの効率向上
  2. シミュレーションによるデバイス構造毎の改善効果予測
  3. 青蛍光材料のドーパントへの重水素置換内容とその事例
  4. OLED-EX発表に連動して出願増加の青蛍光体特許(LGD)
  1. Mini-LED BL技術
  1. Mini-LED BL搭載iPad Pro/Macbook の構造、表示性能
  2. Mini-LED BL搭載Samsung TVの表示性能、改善策への課題
  1. μLED Displayの構造分類と事始め
  1. μLEDディスプレーの分類(Monolithic、Discrete、QNED)
  2. 各構造の事例(論文、特許明細書)
  3. μLEDディスプレーの事始めとUS特許公報調査に見る経緯
  4. Samsungのタイル方式TV用μLEDディスプレー
  5. ARグラス構造と採用が開始されたμLEDディスプレイ
  1. フォルダブル/ローラブル OLEDとモジュール技術
  1. デジタイザ内蔵で変わるフォルダブルOLEDモジュール構造
  2. 炭素繊維強化プラスチックの初採用
  1. IDW2021に見るIJPを前提として進化するOLED、QD-EL
  1. 溶媒系OLED高分子、低分子発光材料の進化(住友化学、三菱化学)
  2. IJPを前提としOLED継承を狙うQD-EL デバイス(SDC、TCL)
  1. Oxide TFTバックプレーンでG8.x投資を計画するIT-OLED
  1. G8.xの投資を計画するIT-OLED
  2. IT-OLED(タブレット、ノートPC)の構造、製造方法
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • このセミナーの動画配信は、株式会社ファシオの「Deliveru」を利用します。ブラウザ上で動画の視聴が可能です。
    配信当日の視聴に必要なURLおよびログイン方法等は、セミナーお申し込み後にご登録のメールアドレスにお送りする登録完了メールにてご案内しております。
    ems-noreply@nikkeibp.co.jpからのメールを受信できるように設定してください。
  • このセミナーの運営事務局を担当する、株式会社サンクからメールやお電話でご連絡を差し上げることがあります。ドメイン名(@55cinq.com)からのメールを受信できるようにしてください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※受講料のお支払い:請求書払い/クレジットカード払いが選択できます。
    お支払方法が「請求書」の方には、後日、請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
    クレジットカード払いの場合、お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
    各種書類(領収書等)の発行については、こちらをご覧ください。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。