本セミナーは、Webセミナープラットフォーム「Deliveru」を使って、当日ライブ配信します。
※講師の講演部分に関しましては、後日見逃し配信を予定しています。

10月26日(火)午前10時に締め切らせていただきます。

セミナー紹介

 Si基板上に、µmオーダーの微小な電子・機械構造を3次元的に作る技術である「MEMS(微小電子機械システム)」。今、MEMSが産業を大きく変える可能性があるとして注目されています。このMEMS技術について最新の実例をふんだんに盛り込んで、MEMS技術の第一人者である、東北大学大学院工学研究科ロボティクス専攻/マイクロシステム融合研究開発センターの田中秀治教授が分かりやすく解説します。米中ハイテク争いでも注目を集めるBAWフィルターの技術と産業動向もあわせて解説します。

 スマートフォンの高度化、IoT(Internet of Things)、自動運転、VR(Virtual Reality)、AR(Augmented Reality)、5G通信、More than Moore(機能の多様化による電子デバイスの進化)などの多岐にわたるアプリケーションに関連して、近い将来に「来る」と田中教授が考えるMEMS関連技術を選び、独自の視点で解説を加えていきます。

 豊富な研究開発経験に基づくノウハウや実例に加え、国際会議「IEEE MEMS」、「Transducers」、「MEMS engineer Forum」などでの発表を踏まえた最新研究開発動向を、専門家としての解釈と評価を加えて紹介します。

 本講座には、最新の技術動向やビジネスチャンスを探るべく、半導体や電子部品、電子機器、自動車、材料といった幅広い分野から若手技術者や中堅技術者が多く集まります。センサーを活用した新規事業を企画する、技術バックグラウンドを備えたマネージャーや経営者の受講も目立ちます。MEMSは動きの速い技術分野であるため、毎年、講義内容が大きく更新されます。過去に受講された方にとっても得る情報の多いセミナーです。

 質疑応答も行うインタラクティブな講座です。情報交換や交流の場としてもお役立てください。


受講効果

チェックMEMS関連技術について基本的な考え方から最新動向までを第一人者から学べます。

チェック基礎的事項を実際のデバイスに関連付けて学べます(プログラムの「~ ~」の事項)。

チェック豊富な実用化経験に基づくノウハウや実例に加えて、国際学会などからの最新動向を詳しく解説します。

チェック若手から中堅技術者、経営者まで幅広い受講者が集まるため、情報交換や交流の場としても役立ちます。


■視聴にあたって
  1. 配信当日の視聴に必要なURLおよびログイン方法等は、セミナーお申し込み後にご登録のメールアドレスにお送りする登録完了メールにてご案内しております。
    ems-noreply@nikkeibp.co.jpからのメールを受信できるように設定してください。
    ※初回ログインの際のパスワードは参加者IDと同じで設定しております。変更された場合、変更後のパスワードはご自身で管理してください。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。1つのIDで1端末のみログイン可能です。二重ログインすると、先にログインした端末が強制的にログアウトします。
  6. オンライン受講の推奨環境はこちら(https://deliveru.jp/faq/#Q7)をご覧ください。
    お申し込み前に、下記のテストサイトにて動画が視聴できることをご確認ください。
  • ▼テストサイト
    【テスト視聴URL】https://deliveru.jp/pretest5/
    【テスト用ID】livetest55
    【テスト用パス】livetest55
  • また、下記のディスカッション機能も利用可能か、ご確認ください。
    (音声を使った質問・回答などで使用する場合があります)
    IE11、FireFox、また、iPhone、iPadでは、ディスカッションに参加できません。
  • ▼ディスカッションルームのテストサイト
    【テスト視聴URL】https://deliveru.jp/pretests/discussionroom
    【テスト用ID】livetest55
    【テスト用パス】livetest55
なお、「Deliveru」上では、個人情報は一切取得いたしません。

開催概要

セミナー名 スマートフォンや自動車、IoTデバイスを進化させるMEMS技術
日時 2021年 10月 26日(火)10:00~17:00
会場 オンライン開催
Webセミナープラットフォーム「Deliveru」で配信するセミナーです
受講料

49,800円(税込み)

※上記は1名様の料金です。複数名での共有は禁止させていただきます。

定員 60名
※最少開催人数(15名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経クロステック 日経エレクトロニクス

講師紹介

田中 秀治(たなか しゅうじ)氏

東北大学 大学院工学研究科 ロボティクス専攻 教授

1999年3月 東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻博士課程修了。博士(工学)。1999年4月 東北大学大学院工学研究科助手。2001年4月 同講師。2003年4月~2013年7月 同助教授。2013年8月 同教授。2004年1月~2006年3月 科学技術振興機構研究開発戦略センターフェロー(兼務)。2006年4月~2018年3月 同特任フェロー。2017年度 日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門 部門長。IEEE Fellow、日本機械学会フェロー。日経クロステックに多くのMEMS関連記事を執筆。2018年から2日間でのべ800名の参加者を集めるビジネスコンファレンス“MEMS Engineer Forum”の代表。年間のべ200社以上の企業等の相談にのる。MEMSセンサー、弾性波デバイス、集積化技術、MEMSパッケージング技術、圧電デバイス・材料などの研究に従事。

プログラム (10:00~17:00)

1.MEMSの産業状況2020

2.BAWフィルターと新型フィルター

~弾性波の振る舞いとデバイス特性との関係~

3.慣性センサー

~最新MEMSプロセスプラットフォーム~

~Q値とエネルギー損失、ノイズ、温度特性、補正技術~

4. MEMSタイミングデバイス

~ヘビードープによる温度補正技術~

5. 圧力センサー

~MEMSに特有のパッケージ問題~

6. MEMSマイクロフォン

~MEMSのノイズとSN比~

7. 新しいPZT MEMS:MEMSスピーカー,可変レンズ

~PZT薄膜の性能と信頼性~

8. マイクロミラーデバイス,LiDARの動向

~シリコンの機械的信頼性~

9. 超音波MEMS

~様々な圧電薄膜とその特徴~

※プログラム内容・講師は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • このセミナーの動画配信は、株式会社ファシオの「Deliveru」を利用します。ブラウザ上で動画の視聴が可能です。
    配信当日の視聴に必要なURLおよびログイン方法等は、セミナーお申し込み後にご登録のメールアドレスにお送りする登録完了メールにてご案内しております。
    ems-noreply@nikkeibp.co.jpからのメールを受信できるように設定してください。
  • このセミナーの運営事務局を担当する、株式会社サンクからメールやお電話でご連絡を差し上げることがあります。ドメイン名(@55cinq.com)からのメールを受信できるようにしてください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※受講料のお支払い:クレジットカード払い/請求書払いが選択できます。
    お支払方法が「請求書」の方には、後日、請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
    クレジットカード払いの場合、お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
    各種書類(領収書等)の発行については、こちらをご覧ください。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。