このセミナーは会場にお越しいただく来場型セミナーです。
新型コロナウイルス対策については、こちらをご覧ください。

セミナー紹介

 AI(人工知能)の急速な発展や新型コロナウイルスの流行拡大を契機に、全世界で急激な価値基準の変化・パラダイムシフトが起こっています。企業は業種・業界を問わず、この変化への対応を迫られています。そこで各社が力を入れるのが、DX(デジタルトランスフォーメーション)です。データ分析に基づいて戦略を立て、最新技術を駆使しながら現場を動かしつつ、事業モデルを変革していく取り組みが加速しています。

 しかし、DXは単純なシステム開発プロジェクトとは大きく異なります。業務分析を基に要件を定義できる従来型のシステム開発とは異なり、経営的視点と現場の視点の両方から新たな仕組みを考えなくてはなりません。

 本講座は、DXに力を入れる企業でリーダー的役割を担う人を対象に、最低限知っておきたい基礎知識をお伝えするセミナーです。講師は、さまざまな企業に技術コンサルティングを提供し、IoT(インターネット・オブ・シングズ)活用やDXプロジェクトについてのアドバイスを手掛ける伊本貴士氏。プロジェクトの企画やマネジメントを担当するうえで「これだけは知っておくべき」重要知識や注意点を、事例を多く交えながら非エンジニアでも理解できるように分かりやすく解説します。

 DX推進部門で働く方はもちろん、DXについて知識を深めなくてはならないさまざまな部門のリーダーにお薦めのプログラムです。

開催概要

セミナー名 最低限知っておきたい知識を技術コンサルが直伝
リーダーのための「1日で分かるDX」
日時 2021年 5月 25日(火)10:00~16:30(開場9:30)
会場 東京・神谷町
日経BP(日経虎ノ門別館)5階セミナールーム
●東京メトロ日比谷線「神谷町駅」虎ノ門方面改札より徒歩5分
●東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」泉ガーデン出口より徒歩7分
受講料

59,800円(税込み)

受講対象 <受講をお勧めしたい方>
・DX推進部門に所属している人
・DXについて知識を深めたいリーダー層(所属部門問わず)
定員 32名
※最少開催人数(20名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経クロステック 日経コンピュータ

講師紹介

伊本 貴士

メディアスケッチ代表取締役、サイバー大学講師

1978年奈良県生まれ。企業への技術コンサルティングを行うメディアスケッチ株式会社の代表取締役。NECソフト株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社を経てメディアスケッチ株式会社を設立。様々な人工知能開発を行う傍ら、IoTや人工知能の教育を行う。サイバー大学において情報端末・IoT・セキュリティの授業を担当。また、経済産業省主管の地方版IoT推進ラボのメンターとして全国の地方自治体でアドバイザーを務める。横浜企業経営事業財団アドバイザー。IoT・人工知能の講演多数。著書に「IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書」「ビジネスの構築から最新技術までを網羅 AIの教科書」(共に日経BP)など

プログラム

10:00~11:00

データドリブン戦略とDXの本質

  • デジタルシフトする社会とデジタルトランスフォーメーションの目的
  • DXで実現するデジタル化、自動化、最適化
  • DXに最適なシステム構築とは?
11:00~12:00

IoTによるビッグデータの構築

  • 環境センシングとイベント検知
  • “身の丈IoT”の進め方
  • 最新のハードウエア動向(SoCやマイクロコントローラー)
12:00~13:00 〈 昼食休憩 〉
13:00~14:00

AI活用の可能性と価値

  • AIの活用と事例
  • AI活用のメリットとデメリット
  • 最新AIの技術動向
14:00~15:00

ロボットの可能性とリモート技術

  • 遠隔制御と制御プロトコル
  • 無人搬送車(AGV)制御に見る課題と集団コントロール
  • AI搭載ロボットの可能性と今後の展望
15:00~15:15 〈 休 憩 〉
15:15~16:15

実効性の高いDXを実現するためのマネジメント手法

  • リーンとDevOpsで無駄のない組織作りを目指す
  • データマネジメントという考え方の導入
  • DXで利用すべきツール
16:15~16:30

質疑応答

申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。