本講座は都合により中止とさせていただきました。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

講師メッセージ:
DXを加速させる意識改革と実践ノウハウの習得、
事業部門とデジタル部門が一緒に学ぶ

 新型コロナウィルスの拡がりは、ライフスタイルをはじめ経営環境を大きく変えました。それに合わせて企業や組織体は、これまでの仕事の仕方や事業のやり方を大きく変えざるを得なくなり、リモートワークやDX(デジタル・トランスフォーメーション)を加速させることを最重要課題の一つとしています。ところが、事業部門や現場部門から積極的な改善アイデアが出ない、ITコンサルやITベンダーの提案に振り回されて投資対効果が期待を外れる、また組織内の抵抗勢力の壁を越えられずに思うように進まないなどのケースが後を絶たないのが現実です。

 これは、経営層や部門管理者が旧態依然の意識から脱却できていない事だけが原因ではありません。本来主体的に活動すべき事業部門を率いる現場側のリーダー層、デジタル化推進部門(データサイエンティストなどDX人材も含む)のリーダーおよび担当者が、“共通語としてのデジタル化のやり方”(共通キーワード、フレームワーク、テンプレート、チェックリスト)を学んでいないことが、大きな原因であると言えます。

 本講座では、DXの前提条件となる各種グローバルスタンダードだけでなく、組織の基本である人と組織のマネジメント(ドラッカー、コトラー、ポーター等の原則)、先進事例の研究成果と講師の体験による知見を実務的な視点から体系化し、短期間で修得できるよう構成した内容です。このリモート(オンライン)による講義とワークショップという受講体験により、自社のリモートワークとDX推進について、多くの知見と気づきを得ていただくことを願っています。本講座のご受講をお勧めいたします。

「リモートワーク時代の変革リーダー」オンライン講座 講師
経営・ものづくり・DXアドバイザー アーステミア 代表取締役社長 森岡 謙仁


本講座の特徴
  1. 自己流ではない、デジタル化推進のマネジメントの重要スキルを学べます。
    • 各種グローバルスタンダード
    • ドラッカー、コトラー、ポーター等の原則
    • 先進事例の研究成果(グッドプラクティス)
    • 講師の実務知見
  2. オンラインでのワークショップにて、受講者同士の意見交換と気づきを得て、習得効果が高まります。他の業種・職種(デジタル部門・事業開発管理部門・現場部門など)の受講者と同じ課題や異なる課題に取り組みます。
  3. 講師が選定した実務で即使えるテンプレート、フレームワーク、チェックシートを提供します。
  4. 講座期間中は、講師とのメールによる個別相談ができます。
  5. 3回以上受講された方には、修了証を発行します。

■視聴にあたって
  1. ライブ配信当日の視聴に必要なURLと、登録、ログイン方法につきましては、開催前日までにメールにてご案内します。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
  6. Zoomの接続環境は【パソコン、有線またはWi-Fiのインターネット環境】推奨です。

なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

開催概要

セミナー名 コロナショックをチャンスに変える! 事業部門主導でDXを推進する!!
「リモートワーク時代の変革リーダー」オンライン講座 【第1期】
日時 <全5回コース>
2020年 10月 28日(水)、11月 18日(水)、12月 17日(木)、2021年 1月 22日(金)、2月 16日(火) 13:30~17:00
会場 オンライン開催
Zoomを使ったライブWeb配信セミナーです。
受講料

198,000円(税込み)

<複数人割引価格> 2人目から 188,000円(税込み)
2名様以上で本セミナーに申し込まれる場合は、お得な複数人割引をご利用ください。
最初に申し込みをされた方の受講番号が「親受講番号」になります。
2人目以降の方は、申し込みフォームの親受講番号欄に、最初に申し込みをされた方の受講番号を記入してください。複数人割引価格が適用されます。
※最初に申し込まれる方の受講料金は複数人割引の対象外になります。
※親受講番号を誤入力された場合は割引の対象外になります。ご注意ください。

※上記はいずれも1名様の料金です。複数名での共有は禁止させていただきます。

受講対象
  • 事業部門と企画管理部門の執行役員・部長とその候補と課長職
    [業種]
    陸運物流 / 倉庫 / メーカー(機械、自動車、電機、電子機器・部品、化学品、医療機器、住宅、食品、スポーツ用品、ファッション・アパレル、玩具 など) / IT 会社(コンピュータ製造、ソウトウェア製造、ベンダー) / 通信 / 金融(銀行、生保、損保) / リース / 電気工事 / 官公庁 / 自治体 / 研究機関 / 教育 / 広告 / 流通 / レンタル / 電力 など
    [部門]
    ●経営企画部 ●管理部 ●人材教育部 ●研究開発部 ●業務改革推進部 ●品質管理部 ●品質保証部 ●生産技術部 ●製造部 ●マーケティング部 ●営業企画部 ●営業部 ●情報企画部 などに所属する方
  • IT/DX推進部門の責任者、管理職、リーダー
  • デジタル化推進部門の責任者、管理職、リーダー
    (データサイエンティスト、AI技術者、IoT技術者、ロボットエンジニアも含む)
定員 40名
※最少開催人数(20名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
備考 ※本講座では、カリキュラムの進行のため、名刺交換に代えて受講申し込み時にご登録いただいた情報を講師(会社名:アーステミア)に第三者提供いたします。ご了解の上お申し込みをお願いします。
※本講座では、カメラをオンにして受講いただきますので、PCに付いていない方、お持ちでない方は開講時までにご準備をお願いします。


◎本講座のテキスト(PDF)はダウンロードいただくことが可能です。

【受講特典】
  • 講座期間中の講師へのメール等による個別相談が可能
    講座中に理解しきれなかった部分も、メール等による個別相談をいただければ、講師が後日フォローいたします。
  • 講師が選定したテンプレート等の一部をデジタルデータで提供
  • 参考書籍2点
    「イノベーションと企業家精神」(ダイヤモンド社)
    「図解 ドラッカー入門」(森岡謙仁著、KADOKAWA)
    ※第1回終了後にお送りします。
主催 日経クロステック 日経コンピュータ 日経ものづくり

講師紹介

森岡 謙仁

経営・ものづくり・DXアドバイザー/アーステミア 代表取締役社長

精密機械メーカーの品質管理部門、独立系コンピューターディーラーの取締役・開発部門の責任者などを経て、1992年より現職。新事業開発、新製品・新サービス開発、品質管理、技術人材スキルアップ、製品ライフサイクル管理、R&D予算管理、生産管理システム、品質マネジメントシステム、サプライチェーン管理、資材購買管理に携わる。
経営管理手法と情報システム・デジタル技術を一体とした経営革新、開発・生産組織改善、内部統制システムの改善、マーケティングと製品開発連携、製造部門や技術部門の業務改革プロジェクトおよびプログラムマネジメントなど、上場企業から中堅企業を対象とした助言指導や教育の分野で多くの実績を有する。
また、現役のCIOとCDOを支えるとともに、全社デジタル組織および全社ITガバナンスの構築と改善、DX推進のための助言・指導、若手人材や中堅社員の育成にも活躍中。

[講座開発・著書等]
「CIO養成講座」「MGL(マネジメントリーダー)養成講座」「業務改革プロジェクトリーダー養成講座」「新商品・新サービス開発プロジェクトリーダー養成講座」「システム部とIT会社の課長とその候補・PMOの実践力キャリア開発講座」「若手のための実践トレーニング講座(システム系/全職種向け)」「DX時代のベーシックスキル(全職種向け、eラーニング)」(日経BP)などの講師を担当。
主な著書に「教えてドラッカー 働く私はITでどこまで伸びるの?」(日経BP)、「図解 ドラッカー入門」(KADOKAWA)、「ドラッカーの実践!! MOT(技術経営)リーダーのマネジメントスキルアップとテンプレート集」(編著監修、新技術開発センター)など多数。
ドラッカー「マネジメント」研究会(ドラッカー学会)でファシリテーターを務める。

プログラム

[1回目]2020年10月28日(水)

【新時代に対峙する心構えと役割の確認】

変革を阻む組織課題と変革リーダーの役割
~組織の将来ビジョンの検討と成果を上げる条件~

  1. 変革リーダーの役割
  2. リモートワークとDXを阻む壁
  3. 成功する事業経営の原則と新しいビジネス(スタイル)の検討
    ・情報とデジタルを基盤とするフラットな組織

[MFTワークショップ-1]
デジタル化が進まない・抵抗する、意識改革が出来るのは何故か。

・変革を阻む組織課題と解決の方向性を検討する

※MFTとは、異業種、異職種の他の受講者とのオンラインでのチームを指します。


[2回目]2020年11月18日(水)

【顧客目線で始める】

顧客基盤の見直しと新しいマーケティングの実践
~マーケティング戦略とデジタル活用の条件~

  1. 顧客から見た我が社の姿
  2. マーケティングの原則と顧客創造プロセス
  3. 商品開発・サービス開発・営業活動とのデジタル連携
    ・マーケティングプロセスの再定義

[MFTワークショップ-2]
経営環境の変化にダメージを受けても回復(リジリエント)力が早いのは何故か。

・顧客基盤を強化するマーケティングプランの作成を模擬体験する


[3回目]2020年12月17日(木)

【変えるを前提に考える】

仕事のやり方とワークスタイルのデジタル変革の実践
~変革を生み出すキープロセスのデジタル活用の条件~

  1. ワークスタイルを変えるプロジェクトマネジメント
  2. イノベーションの原則と新商品・新サービス開発プロセス
  3. デジタル活用による業務改革のポイント
    ・イノベーションプロセスの再定義

[MFTワークショップ-3]
事業部門とデジタル推進部門が互いの強みを組み合わせ、活用して変革(トランスフォーメーション)を成し遂げるのは何故か。

・経営成果に貢献するデジタル変革プロセスを模擬体験する


[4回目]2021年1月22日(金)

【部門とチーム力を最大化する成果目標を立てる】

デジタル変革を加速させる「目標と成果」マネジメントの実践
~日本の目標管理とシリコンバレー式OKRから学ぶ~

  1. 日本の目標管理とシリコンバレー式OKR
  2. 「目標・成果・フィードバック」によるマネジメント変革(ジョブ型を含む)
  3. 人材育成とその環境づくり
    ・成果と業績管理の再定義

[MFTワークショップ-4]
やる気を出させ、チームと部門の成果を上げる、ワークスタイル変革が実現するのは何故か。

・個人の強みを組織成果に結びつけるプラクティスを模擬体験する


[5回目]2021年2月16日(火)

【自らDX推進者として動く】

新しいビジネスモデル(スタイル)を実現する中期計画の策定
~部課長が行うべきデジタル経営改革の進め方~

  1. 新しいビジネスモデル(スタイル)の再確認
  2. プログラムマネジメントの原則と実践の勘所
  3. 全社DXとロードマップの内容
    ・デジタル経営を推進する体制と人材育成

[MFTワークショップ-5]
各種の改革ノウハウ、改革プロジェクトが足並みを合わせて経営成果を実現するのは何故か。

・DX課題を実現するプログラムマネジメントを模擬体験する

※プログラム内容・講師は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。



【お申し込み注意事項】

  • この講座は、Zoom(ミーティングモード)によるリアルタイムWeb配信にてご提供します。
    本講座では受講者同士によるグループディスカッションがあります。
    カメラをオンにして受講いただきますので、PCに付いていない方、お持ちでない方は開講時までにご準備をお願いします。
    視聴URLは、開催前日にご登録のアドレス宛にメールでお知らせします。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

すぐ実践に役立つ!! 階層別 ・課題解決型マネジメント講座シリーズ