本講座は都合により受付を中止させていただきました。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

社長さん!!

DX時代には突き抜けた人材が必要です。
社員が
①生意気なほど発言する人材
②柔軟な発想ができる人材
③自燃性の人材
に変われば、DX時代に大きく貢献してくれます。

その近道が青黒塾!
ぜひ、送り込んでください。

“青黒塾”というネーミングの意味は?
修了者は何を学び、どんな成果を得たのか...
答えはこちらの記事に!

セミナー紹介

 新しい市場を創造する活力ある企業人になりませんか。そのためには、失敗を楽しむ心と姿勢を持つことです。ロジック一辺倒で「できない理由」を挙げてあきらめてしまう従来の方法を捨てて、個人の感性を重視して、アーティストのように事業を創造する力を身に付けるのです。

 バブル崩壊後、日本企業は無駄をなくすことに力を注いできました。そのため上層部には無駄をなくしコスト削減が得意な人ばかりが幅を利かせています。しかし、新しいものを生まない企業は、やがて衰退するでしょう。しかし、無駄を削減することで出世した上司が「新事業を考えろ」と言っても、そもそも本人が新事業をどうやって開発したらいいか分かっていないので、上手く行くはずがありません。現場は疲弊するばかりです。

 本来、新しいことを考えることは楽しいことのはずです。新しいことにチャレンジすることも楽しいことです。失敗をしても気にせずに、再チャレンジすればいいのです。そうしながら少しずつ成功に近づけば問題ありません。何も下調べなんかしていないのに、「楽しい」から始めたプロジェクトが成功につながることもあります。ロジックだけでなく、感性も重視して、新事業開発に取り組むことが、活気のある日本を取り戻す近道ではないでしょうか。

 これからの事業開発には、「青い純粋な心」「お金を儲けるための腹黒さ」の両方を併せ持つことが必須です。

 日経BPは、この精神に基づき、事業開発アーティストを養成する講座「青黒塾」を昨年スタートさせました。本年も9月に開講する第3期生を募集します。講師は昨年に続き、志事創業社 代表の臼井清氏にお願いしました。全6回のコースで、アーティストのようにセンスを磨いて事業開発を行う手法を学びます。ゲスト講師もお招きして、様々な視点で語っていただきます。グループワークでは、ペアになったり、3、4人に分かれたりして、社会課題をテーマに事業を考え、各社の事業を分解してみます。プレゼンをビデオで撮影して、個性を生かしたプレゼン手法についても学びます。講座終了後には、青黒人材としてどこが自分の強みでどこが弱みか一見で分かる青黒人材カルテをお送りします。
今年は、集合型の開催とオンライン開催によるハイブリッド開催です。

 アーティストのセンスで新規事業を開発するノウハウを身に付けたい方は、是非ともご参加ください。


チェック新商品企画、事業推進、マーケティング部門に属している企業人

チェック人脈を社外に増やし、社外に活動の場を広げたい企業人

チェック様々な取り組みはしているが、なかなか芽がでない企業人

チェック社内を説得できずにやりたいことができないでいる企業人

チェック起業や地域振興など新しいチャレンジを考えている企業人


これまでに受講した方々の感想
  • まず、楽しんで取り組むこと、ロジックから入らないことが重要!1期生として参加できてよかったです。
  • プレゼンの目的は言いたいことを伝えるのではなく、相手に共感してもらう、相手に何らかの期待アクションをしてもらうことだという言葉が印象に残っています。
  • 自分には黒い部分がまったくと言っていいほどなかったので、青黒塾で少しでも取り入れることができたのではないかと思っています。
  • 会社に抑圧されて忘れかけていた"青い部分”を再認識できた。
  • 宿題は人によって重いかもしれませんが、青黒塾は、同様の課題を持った同志と時間や行動を共有して、他者の考え、悩み等を理解しようとすることを通じて、自身の考えや行動を"変化と成長”できるすばらしい環境です。
  • 社外に飛び出るような新規事業、寝食を忘れるようなアイデアを持ちたいと思ったのが受講動機。受講してやる気スイッチが入った。「批判されたら本物」「小さな事でも世の中を動かしていける時代」と言うメッセージが印象に残っている。

開催概要

セミナー名 日経BP総研 クリーンテック ラボ
事業開発アーティスト養成講座 青黒塾【第3期】
日時 2020年9月9日(水)、16日(水)、30日(水)、
10月14日(水)、28日(水)、11月11日(水)

全6回、第1回と最終回は集合型で開催し、13時30分~17時(開場13時予定)。
その他の回はオンライン開催で14時30分~17時。
※第1回・最終回は終了後に懇親会を開催予定
※上記のほか、10月21日(水)にプレゼン収録を実施。
会場
集合型開催(第1回・最終回)およびプレゼン収録
東京・神谷町
日経BP(日経虎ノ門別館)5階

東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分、
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩7分
※オンライン開催はご自宅などからご参加ください。
受講料

330,000円(税込み)

定員 12名
主催 日経BP総研 クリーンテック ラボ

講師紹介

臼井 清(うすい きよし)氏

志事創業社 代表
一般社団法人新興事業創出機構 フェロー、
美術検定協会講師、中小企業大学校講師 等

1984年に諏訪精工舎(現・セイコーエプソン)に入社。
大阪を振り出しに台湾やイギリス、ドイツでマーケティングとHRM中心に経験を積む。
ビジネス創出やキャリア開発に向けた“学び”をプロデュースする「志事創業社(しごとそうぎょうしゃ)」を2014年に設立し独立。
「Age100.ing」をキーワードに、人生100歳時代の様々な「チャンスメーキング」を応援中。また認定アートナビゲーターとして、美術館や各種施設などで絵画鑑賞プログラムを実施する他、ビジネスパーソン向けのアート関係セミナーを開催するなど、活動の巾を広げている。

ゲスト講師

2020年9月16日(水)

梅本 龍夫(うめもと たつお)氏

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 客員教授

電電公社(現NTT)に入社後、スタンフォード大学ビジネススクール修了。ベイン・アンド・カンパニー、シュローダーPTVパートナーズを経て、サザビー(現サザビーリーグ)取締役経営企画室長。同社の第二創業を推進。また同社合弁事業のスターバックス・コーヒー・ジャパン株式会社の立ち上げプロジェクトの総責任者となる。他にエストネーションおよびアコメヤトウキョウ等の企画立案・事業立上げを推進。
2005年に同社退任、有限会社アイグラム創業。物語を基軸とした新しい経営コンサルティングを開始。専門は物語マトリクス理論、経営戦略、組織開発、人材育成、新規事業開発、ブランディング、サードプレイス論、ライフストーリー論。

2020年9月30日(水)

奥村 高明(おくむら たかあき)氏

日本体育大学 教授

宮崎県内の小・中学校教諭、宮崎大学教育学部附属小学校文部教官教諭、宮崎県立美術館学芸員、国立教育政策研究所教育課程調査官(併)文部科学省教科調査官、聖徳大学教授、児童学部長などを経て、現職。
平成10年、平成20年、平成29年の小学校学習指導要領図画工作科及び解説書、特定の課題に関する調査(図画工作)、教育課程実施状況調査等に委員や担当官として関わる。専門は、図画工作教育、鑑賞教育、美術館との連携など。アートカードや鑑賞アクティビティツールなどの教材、著書や雑誌論説、学会論文等多数。芸術学博士(筑波大学)

2020年10月14日(水)

佐藤 公信(さとう きみのぶ)氏

株式会社パブリックトラスト 代表取締役

12年間企画畑で過ごした(株)クレディセゾンで修得した戦略構築のノウハウを独自に体系化したメソッド「ストラテジックタワー」をこれまでに約1600人の社長に提供してきた。創業者の夢や構想を企画化し事業計画書を作成する専門家として経営者を支援し、事業の成長はもとより事業計画書を活用した資本提携や資金調達も支援している。特に投資による資金調達に特徴がある。最近クラウドファンディングと呼ばれる手法でグリーンシートでの株式公開を使った個人投資家からの投資獲得社数は7社と支援数国内最多。
2010年10月  戦略構築の基礎を解説したビジネス書「もしワンピースファンの女子大生が起業したら」を出版。発売から 3ヶ月で増刷のベストセラーになる。2013年からはIPO支援に加え起業家 創業者支援にも傾注している。

2020年10月28日(水)

大嶋 佑典(おおしま ゆうすけ)氏

パナソニック株式会社
イノベーション推進部門 デザイン本部 FUTURE LIFE FACTORY デザイナー

2008年よりプロダクトデザイナーとしてキャリアをスタート。2015年パナソニック株式会社入社、現在はFUTURE LIFE FACTORY所属。「3rd TIME」という生活時間でも、労働時間でもない第3の時間価値を問うプロジェクト開発を行っている。
休日は波と雪を求めて、車中泊で移動しながらサーフィンとスノーボードを楽しみ、自分自身の「3rd TIME」も大切にした生活を送っている。
第二期青黒塾生。講座内で「3rd TIME」を豊かにする為の「POSITIVE ESCAPE BAG -大人のための逃避行サポートサービス」の事業プランをブラシュアップした。

2020年度【第3期】 プログラム

第1日
9月9日(水)
・開講式
・自己表現のワーク
・講義「事業開発アーティストとは」
・懇親会
第2日
9月16日(水)
・講義「自分のやりたいことと社会課題を結びつける」
・講演「ライフストーリーからビジネスを考える」
・ペアワーク「気になる社会トピックを二人で共有する」
・オンライン座談会
第3日
9月30日(水)
・講演「デザインが作り出す学びの現実」
・ワークの発表(メンバー同士のブラッシュアップを経てマイプロジェクト化)
・オンライン座談会
第4日
10月14日(水)
・講義「魅せる経営のための戦略講座」
・オンライン座談会
プレゼン収録日
10月21日(水)
※一人ずつスタジオにおいでいただき、プレゼンのビデオ撮影を行います。
(一人あたりの所要時間は約30分)
第5日
10月28日(水)
・講演「青黒塾で得たもの」
・プレゼン動画視聴
・講義「自分に合ったプレゼンとは」
・オンライン座談会
第6日
11月11日(水)
・ワーク(マイプロジェクトの発表に向けて準備)
・各メンバーによる発表「マイプロジェクト」
・講演「新規事業を始めるみなさんへ」
・閉講式
・修了パーティー
※プログラム内容・講師は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

▶各回の講座詳細(予定)はこちら


【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法は「請求書」でのお支払いとなります。後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。