本セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」を使って、当日ライブ配信します。

1月28日(木)23時59分に締め切らせて頂きます。

セミナー紹介

クルマの自動運転は自律型が現実になりつつあります。LiDARやミリ波レーダー、ステレオカメラなどの車載センサーの性能が向上し、それらから得られるデータの質と量が急速に高まることによって、走行中の車を取り巻く周辺環境の認識技術と、それに連動した車両制御技術が高度化してきました。本年7月にスウェーデンVolvo(ボルボ)は2022年にレベル4の実用化を目指すと発表。経済産業省もレベル4のサービスを2025年に開始することを目指したロードマップを策定しています。

自動運転システムには大きく2つの方向性があります。道路などに磁気マーカーや誘導線を設置し、それらを活用しながら走行するインフラ協調型と、走行の制約条件が少なくインフラ整備を最小限にしてセンサーなどの情報を最大限に活用しながら走行する自律型システムです。金沢大学菅沼研究室は、後者の自律型自動運転車を2015年に日本で初めて導入し、すでに実験走行距離は数万kmに及んでいます。

本講座では、それらの実施例をもとに、実際に搭載されているセンサーの例および環境認識データの活用例について、原理から最新の動向、自動運転を取り巻く状況まで解説します。

受講効果

チェック自動運転にかかわる最新の技術動向について理解します

チェック最新の環境認識方式について学びます

チェック自律型自動運転システムの動向を学びます

■視聴にあたって
  1. 視聴に必要なURLは、2/1(月)までにご登録のアドレス宛にメールでお知らせします。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。 なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
  6. Zoomの接続環境は【パソコン、有線またはWi-Fiのインターネット環境】推奨です。

なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

また、ライブ配信当日にアクセスいただくURLと、登録、ログイン方法につきましては、2/1(月)までにご参加の方へメールでお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。

開催概要

セミナー名 Zoomを使ったWeb配信セミナー
見えてきた自律自動運転の実用化
日時 2021年02月02日(火) 13:00~17:00
会場 オンライン講座
Zoomを使ったWeb配信セミナーです
受講料

38,000円(税込み)
※上記は1名様の料金です。複数名での共有は禁止させていただきます。

定員 60名
※最少開催人数(30名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経クロステック 日経エレクトロニクス

講師紹介

菅沼 直樹(すがぬま なおき)氏

金沢大学 新学術創成研究機構 教授

金沢大学 博士課程 自然科学研究科 システム創成科学専攻 修了
社団法人日本機械学会畠山賞受賞(1998/03)/第3回ITSシンポジウム優秀対話講演論文賞(2005)/優秀教員賞(実験・実習・創成型科目部門/1・2年次科目)(2009/03/13)/走行経路の適応的選択に基づく自動運転自動車の開発(2010/05/20)/堀場雅夫賞(2016/10/17)/The 29th IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV2018) Best Paper Award(2018/06)他多数

プログラム (13:00~17:00)

1.自動運転自動車に関する研究動向と必要技術

  • 1.1 自動運転の歴史
  • 1.2 自動運転に必要な技術

2.自動運転に用いられるセンサーの概要と特徴

  • 2.1 LiDARの動作原理と特徴
  • 2.2 RADARの動作原理と特徴
  • 2.3 ステレオカメラの動作原理と特徴

3.自律型自動運転システムの概要

  • 3.1 自律型自動運転システムの全体概要
  • 3.2 自動運転用地図とその役割
  • 3.3 自己位置推定技術
  • 3.4 認識技術
  • 3.5 経路計画と軌道計画技術

4.実証実験の現状

5.まとめ

※プログラム内容・講師は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • このセミナーは、ZoomによるリアルタイムWeb配信にてご提供します。
    視聴URLは、2/1(月)までにご登録のアドレス宛にメールでお知らせします。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法はクレジットカード払いのみとなります。領収証が必要な場合は、登録完了メールをご覧のうえ、お手続きください。以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※セミナーの運営事務局より連絡することがあります。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。