講座概要

こんな方におすすめ!

RPA導入を成功させたい方

  • RPA化の対象とする業務を検討中の方
  • RPA化の投資対効果を定量的に表したい方
  • 自社の業務でRPAが活用できるかを検証したい方
  • RPAを導入したが、思ったよりも成果が上がっていない方

急速に普及するRPA。
導入成功のカギを1日で学ぶ特別講座

定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の普及が急速に進んています。
新型コロナウィルスの問題以来、オフィスでは「人手の業務」を削減せざるを得ない状況が続き、また、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進によって、RPAの役割がますます注目を集めています。
しかし、成功事例が大きく取り上げられる一方、「上手くいかなかった」「あまり効果が出なかった」といった悩みもしばしば聞こえます。

成功と失敗を分けるカギはどこにあるのでしょうか。

本講座は、業務プロセス可視化法と可視化ツールを用い、システム導入やRPA導入時、ベンダーへ任せきりにならず、ユーザー自らが主動して、効果を出していくノウハウを実践的に学んでいただきます。
また、RPA化に必要な業務の改善点や、対象業務がRPAに即しているかの検証も行えるよう、専門ツールの使い方もお伝えいたします。
DX(変革のベースづくり)に取り組めば、バックオフィスの業務は90 % RPA化することも可能です。

また本セミナーでは、共催者であります一般社団法人可視経営協会で、新型コロナ肺炎の対策を下記のように実施しております。
(講演会場: 一般社団法人可視経営協会)
https://kashikeiei.org/notice/counter-measure/

業務プロセスを可視化

プログラム

RPAとは

RPAを有効活用するには

・業務の90%がRPA化可能
・上手くいかないのはなぜか

RPA導入、業務のRPA化の決め手

・業務プロセスの可視化
・業務プロセスの整理整頓
・どこを直せばRPA化可能か
・RPA化の決め手、自ら作る「RPA要件定義・仕様書」とは

“デメリット”への事前対策

・エラー発生時の対処は
・野良ロボへの対策は

RPA化の次の課題は

講師紹介

酒井 香

株式会社システム科学 eラーニング事業室執行室長 兼 業務プロセス可視化法カウンセル

プロフィール

企業向けの可視化・改善手法の研修を年間数十件実施。丁寧、かつ初心者にもわかりやすい解説をすることに定評がある。多業種で業務プロセス可視化・改善の支援経験があり、プロセスから改善点を着眼すること、受講者の改善意欲を上向けることに強い。

開催概要

講座名

バックオフィスの業務は90%RPA化できる
RPA導入成功のカギを5時間で学べる実践講座

講座回数

全1回

時間

10:00~16:30(開場9:45予定)

会場

可視経営協会セミナールーム

東京都文京区小日向4-5-16ツインヒルズ茗荷谷9F
TEL:03-6632-7815(可視経営協会)

受講料

1名様 ¥36,000(※税込、昼食付)

定員

20名 ●最少開催人員:10名
※定員になり次第受け付け終了となります。
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

主催

日経ビジネス 課長塾® 共催:一般社団法人可視経営協会

お申し込み

  • 開催日

    2021年 3月9日(火)
    ※当初1月21日(木)に開講を予定しておりましたが、緊急事態宣言を受け上記日程に延期いたしました。

  • お申し込みはこちらから

※会場入場時に検温をさせていただく場合がございます。
発熱が認められた方は受講をご遠慮いただく旨ご了承ください。

※本セミナーおよび同会場内で新型コロナ感染者が発生した場合、行政機関の指導に従い、
参加者情報を保健所へ提供させていただきます。予めご了承ください。

※本サイトからのお申し込みには、「日経ID」が必要になります。
お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

TOP