講座趣旨

本講座では、35年に渡り多くの企業で実践されている、業務の可視化法による「定時で仕事が終わる」改善マネジメント手法を学んで頂きます。

業務の可視化がマネジメントを「面白くする」とは、一人ひとりのスキルが上がり、コミュニケーションもよくなり、成果目標を達成できる職場の状態を指しています。
実現するためには、組織のリーダーは業務改善を主導し、部下の育成、目標管理、問題発生時の対応などの「人減らしとは正反対」のマネジメント活動が必要になります。

講座では、この手法のクラウドシステムとeラーニングを用い、わかりやすく事例と実践を交えて学びます。
部課長どなたでもご参加になれる内容です。ぜひご体験頂き実務にお役立てください。

本講座の目的

  • 業務の可視化(業務の把握・分析・改善)
  • 業務の体系化(業務プロセスを機能で把握)
  • 業務マニュアルの作成(全業務の電子マニュアル化)
  • 業務RPA化のベース作り

本講座では、演習にてパソコンを使用いたしますが、そのパソコンは主催者が用意いたします。
※お持ち込みのパソコンを演習にご利用いただくことはできません。
本講座では、eラーニング演習が含まれます。そのため、eラーニングサイト内で、社名、部署、受講者名、eメールアドレスの登録をお願いしています。
※登録された個人情報は、当研修とeラーニングサイトの運営のみに活用されます。

プログラム

1日目

  1. オリエンテーション
  2. 業務を可視化する必要性
    • ホワイトカラー業務の可視化とは
  3. <把握> 業務はどのように処理されているか
    • 業務プロセスのチャート化と定量化
    • 業務プロセスを機能で把握する一覧表
  4. <分析> 改善できるポイントの発見
    • 改善着眼
  5. <改善> 問題を可視化し、解決策を提案する
    • 改善提案の作成、改善効果の定量化

2日目

  1. <改善> 改善の実現、改善活動の定着
    • 改善提案の判断と実現
    • 他部門との成果共有と協力
  2. 業務マニュアル作成と引き継ぎ
    • 業務プロセスとカン・コツ・ノウハウ
    • 現状の業務分担と人材育成について
  3. 業務の可視化、そしてRPA導入へ
    • 業務改善としてのRPA化事例
  4. ディスカッション(まとめ)
    • 成果の発表

講師紹介

酒井 香

株式会社システム科学 eラーニング事業室執行室長 兼 業務プロセス可視化法カウンセル

プロフィール

企業向けの可視化・改善手法の研修を年間数十件実施。丁寧、かつ初心者にもわかりやすい解説をすることに定評がある。多業種で業務プロセス可視化・改善の支援経験があり、プロセスから改善点を着眼すること、受講者の改善意欲を上向けることに強い。

受講特典

本講座内で使用する「クラウド型業務可視化システム HIT.s Web」の3ヶ月試用版ライセンスを進呈いたします。

※eラーニングはインターネットを通してご提供します。各企業のインターネット環境によっては使用できない場合がございます。(外部サイトへのアクセス制限など)
※講座で使用する「クラウド型業務可視化システム HIT.s Web」は、講座開始から約3ヶ月間ご利用いただけます。

開催概要

講座名

クラウドシステムを用いた業務プロセス可視化実践講座
― 業務の可視化がマネジメントを面白くする ―

講座回数

全2回

時間

両日 10:00~16:30(開場9:45予定)

会場

可視経営協会セミナールーム

東京都文京区小日向4-5-16ツインヒルズ茗荷谷9F
TEL:03-6632-7815(可視経営協会)

受講料

¥99,000(※税込、昼食付)

定員

各講座:30名 ●最少開催人員:8名

主催

日経ビジネス 課長塾® 一般社団法人可視経営協会

お申し込み


  • ◆2月講座

    2020年 2月20日(木)、3月12日(木)
    ※パンフレットでは、第2日が「3月18日(水)」となっておりましたが、「3月12日(木)」へ日程が変更となりました。

  • お申し込み受付は終了いたしました

※本サイトからのお申し込みには、「日経ID」が必要になります。
お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

TOP