講座趣旨

コロナ禍で企業のデジタル化が進む中、ブロックチェーンのビジネス活用が一気に進んできています。2020年は、物流におけるトレーサビリティーをはじめ、医療関係の個人データ管理、エンターテインメント関連におけるコンテンツ権利管理、デジタル通貨の発行など、その活用範囲が爆発的に広がる年となるでしょう。

ブロックチェーン技術の活用、実証実験開始が報じられた例

日本損害保険協会…… ブロックチェーン技術を使った保険引き受けの実証実験を2020年9月開始。
小田急百貨店…… 中国向けの越境EC事業でブロックチェーンを活用した商品の追跡履歴管理を行う。
GO-NETジャパン…… エンターテイメント業界での課金、物販、会費などの決済処理にブロックチェーン技術を使用。
NTTデータ、ほか…… PCR検査に関する検査結果の証明書に活用。2020年9月に実証実験を実施予定。
リコー…… 再生可能エネルギーの取引管理システムでブロックチェーン技術を使用。

※最近報じられたブロックチェーンに関する記事の抜粋です。

ブロックチェーンは、あくまでデータを管理するための汎用技術。それをいかに活用するかがビジネスの成否を決めます。本講座では、ブロックチェーンの基本的な仕組みを学ぶとともに、既に実運用が進んでいる国内の事例・パターンを中心に集め整理し、活用のための鍵を理解します。そのうえで活用の課題を明らかにし、アイデアを実運用に移すための道筋を、ワークショップを通じて実践的に把握します。

技術的な不安定さも解消され、活用に向けて次のフェーズに向かいつつあるブロックチェーン。より広い分野・領域への適用に向けて取り組む段階にきています。企業において新たな技術の活用を調査・研究する方々、新たな事業に向けて企画を担当する方々に向け、最新かつ実践的な内容をお届けいたします。

プログラム

1日目

【第1章】本質を学ぶ、ブロックチェーンの基礎
ブロックチェーンを活用するには、技術の本質から知ることが必要です。どのような利用法が適しているかを理解しなければ、本来使わなくてもよい分野に適用してしまう恐れがあります。登場した由来、基本的な仕組み、既存技術との違い、ブロックチェーン技術の分類と活用領域など、初めてブロックチェーンを学ぶ人にも理解しやすく解説します。

【第2章】活用領域を学ぶ、ブロックチェーンの最新運用パターン
ブロックチェーンはデータ管理の汎用技術であるため、様々な業界や事業領域での活用が見込まれています。その中でも既に実運用に入ってきている事例を、業界や事業領域ごとに整理して紹介します。エネルギー業界、流通業界、エンターテインメント業界、医療業界、IoT(インターネット・オブ・シングズ)領域など国内の事例を中心に取り上げます。
【第3章】リスクを学ぶ、ブロックチェーンの実用化への課題
ブロックチェーンを実際に活用するには、実践におけるノウハウや課題への対処が必要になります。例えば、イーサリアムのようなパブリックブロックチェーンを用いる場合には、処理の量やスピードの限界を考慮しなければなりません。一般につまずく点とその対策を解説します。

2日目

【第4章】実践手順を学ぶ、グループによるワークショップ
どのような事業領域でブロックチェーンを検討すべきかを見定められたら、導入に向けて具体的な導入手順に移していく必要があります。どのように立案するのか、ステークホルダーとどのように調整していくのか、ビジネスモデルをどのように見極めていくのかなど、数人のグループによるワークショップ形式で学びます。
【第5章】実運用のノウハウを学ぶ、ブロックチェーンのメリットと落とし穴
ブロックチェーンの実運用に入ったら、どのようなメリットやデメリットが発生するのかを紹介します。ブロックチェーンはこれまでの技術にはないメリットが得られる半面、新たな技術の落とし穴にはまってしまうプロジェクトもあります。実際に起きた事例などを基に、具体的に解説します。


講師紹介

クリス・ダイ(Chris Dai)

株式会社レシカ 代表取締役社長

プロフィール

2004年、スタンフォード大学マネジメント科学・工学部を卒業。同年、アクセンチュアジャパンに入社。2006年、YIXING グループCOO 兼CIO にて、中国・日本間の国際貿易、物流、サプライチェーン管理を担当。2018年~2019年、メディア、ブロックチェーンインキュベーションのLongHash Japan CEOを務める。2019年、経済産業研究所のブロックチェーン技術の将来性に関する研究会にメンバー として参加。『ネクスト・ブロックチェーン 次世代産業創生のエコシステム』(日本経済新聞出版社)を共著で出版。英語版である『Blockchain and Crypto Currency』(Springer)を2020年に共著で出版。

開催概要

講座名

ブロックチェーン・ビジネス活用講座2020

講座回数

全2回

時間

11月26日(木)、11月27日(金) 13:00~18:00(開場時間 12:30)

会場

御茶ノ水トライエッジカンファレンス
東京都千代田区神田駿河台4-2-5 御茶ノ水NKビル11階

受講料

140,000円(税込)

定員

24名 ●最少開催人員:12名
※※参加申込人数が最少開催人数に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

主催

日経ビジネス課長塾/日経FinTech

お申し込み

※本サイトからのお申し込みには、「日経ID」が必要になります。
お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

※会場入場時に検温をさせていただく場合がございます。発熱が認められた方は受講をご遠慮いただく旨ご了承ください。

※本セミナーおよび同会場内で新型コロナ感染者が発生した場合、行政機関の指導に従い、参加者情報を保健所へ提供させていただきます。予めご了承ください。

※受講料のお支払いについて:お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
<MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/

TOP