講座趣旨

新たな売上を創る“事業化プロデューサー”

 事業化プロデューサーとは簡単に言うと、「新たな売上をつくれる人材のこと」です。技術を理解し、魅力あるビジネスモデルをつくり、そして新規事業創出のマーケティングのできる、エネルギーをもった人材のことです。

 企業には、研究開発、企画、製造、営業など各機能の専門人材は豊富に存在しています。しかし、上記のような事業化プロデューサー人材は、必要とされているにも関わらず、育成の仕組みがないというのが実情です。

 確かに新規事業をつくることは、簡単なことではありません。

 しかし、新規事業は、決して一人でつくれるものではなく、複数の専門人材を有機的に連携させ、顧客基点に立って、儲かるビジネスの仕組みをつくりあげていくことが必要です。この有機的連携を促し、推進するリーダーが事業化プロデューサーです。日本においては、この革新リーダーが決定的に不足しています。

 本講座は、これからの時代に必要とされる革新リーダーである『事業化プロデューサー』を目指していこうとする人、及び目指し始めた人のためのものです。

プログラム

1.新規事業、新市場が生まれるメカニズム

  • ・何故、新しいテクノロジー、流行りのキーワードに注目するのか
  • ・新規事業開発のジレンマ
  • ・新規事業開発は、置き換え市場開発と考えると分かりやすい
  • ・例)AIはどのような市場を置き換えるのか

2.セオリーと通説と固定観念

  • ・通説について
  • ・新規事業開発における疑わしい通説
  • ・固定観念がイノベーションを阻害する
  • ・事業化プロデューサーに不可欠な“違和感”を感じる感性

3.新規事業テーマ探索の一般的進め方と必要な知識

  • ・新規事業のテーマ探しが難しい本質
  • ・新規事業テーマ探索の一般的進め方
  • ・儲かる事業モデルのポイント
  • ・魅力ある潜在ニーズの掘り起こし方
  • ・トレンドよりトレンドを生む源の分析が大切
  • ・違和感の感性と新規事業の関係
  • ・技術は要素分解するほどアプリケーションから遠ざかる
  • ・成功・失敗要因を掘り下げる
  • ・“客観性”の考察と商品・事業の目利き力
  • ・顧客価値、差別化価値を深堀りする

4.新規事業の構想づくりの進め方

  • (1)新規事業のメカニズムの理解
  • ・意外に知らない自社の事(顧客から見た自社)
  • ・事業モデルの進化を理解する
  • ・新規事業開発の進め方プロセスの種類を理解する
  • ・社内にある壁を越えるには

  • (2)探索領域の決め方
  • ・仮ドメインによって探索領域を設定する
  • ・仮ドメイン設定の例
  • ・ビジネス構造マップの活用
  • ・ビジネス構造マップの威力と作成のノウハウ

  • (3)顧客の決め方
  • ・古くても奥が深い顧客セグメンテーション
  • ・顧客セグメンテーションの要件
  • ・顧客セグメンテーションの進め方
  • ・仮ドメインからの顧客セグメンテーション

  • (4)魅力ある潜在ニーズの見つけ方
  • ・価値の種類
  • ・顧客の目的から考える上位目的発想
  • ・ニーズの発掘は発信から始まる
  • ・顧客を理解し論理的・創造的にアイデア仮説をつくる
  • ・顧客との対話のポイント
  • ・提案先の選定とアクション

  • (5)ビジネスモデルのつくり方
  • ・売り方づくり
  • ・事業特性と売り方
  • ・事業特性と競争障壁と勝ちパターン
  • ・最適な業務モデルの設計
  • ・収益モデルの設計と収益モデル作成のポイント
  • ・アイデアを客観的にチェックする方法
  • ・スタートアップのマーケティング
  • ・ニーズとシーズのマッチングプロデュースのポイント

  • (6)意思決定、社内説得のポイント
  • ・本当に新規事業をつくりたい人は誰か
  • ・90%が賛成するテーマが成功しない理由

5.質疑応答/名刺交換

講師紹介

芦沢 誉三

(株)リーディング・イノベーション 代表取締役社長
 新規事業開発上級職人

プロフィール

1982年 早稲田大学理工学部卒業。石油開発のエンジニアリング会社を経て、日本能率協会コンサルティングに入社し、約14年間、新規事業開発、及びマーケティング関連のコンサルティングを行なう。その後、一部上場メーカーにて年俸契約社員として新規事業開発、及び育成業務に携わり、別会社として独立し取締役に就任。現在、(株)リーディング・イノベーションの代表取締役/シニア・コンサルタントとして、大手・中堅の新規事業開発、研究所発の新規事業開発、フュージョンベンチャーの創出など、新規事業プロデュースの支援を行なっている。
【主な著書・論文】「事業化プロデューサー養成講座」明日香出版社/「ビジネスレイヤー別新規事業開発実践ガイド」企業研究会/「新規事業に立ちはだかる壁に挑む(16回連載)」(ビジネスリサーチ)企業研究会/「顧客満足を先取りする“提案開発アプローチ”」(ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス)ダイヤモンド社他多数

開催概要

講座名

事業化プロデューサー養成講座

講座回数

半日

日時

2020年2月25日(火) 13:00~17:00(12:30受付開始)

会場

ステーションコンファレンス万世橋

千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル4F

受講料

一般:32,600円(税込)
※「日経ビジネス(電子版+雑誌セット)」半年間購読付となります。
※複数名でセミナーに参加される場合は、2人目以降より割引価格28,600円(税込)にてお申込みいただけます。

日経ビジネス読者:25,600円(税込)
※日経ビジネス電子版 月額会員の方は、こちらの特別料金は適応されません。一般からのお申込みをお願い致します。

プラチナ会員特価:16,600円(税込)

定員

80名
※最少開催人員:30名
※参加申込人数が最少開催人数に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

主催

日経ビジネス

協力

新社会システム総合研究所

お申し込み


※本サイトからのお申し込みには、「日経ID」が必要になります。
お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

TOP