セミナー紹介

1969年に創刊した日経ビジネスは、今年10月に創刊50周年を迎えます。
そして、この1月に「日経ビジネス電子版」を創刊し、新たな一歩を踏み出しました。
この節目を記念して、日経ビジネス定期購読者の方々を対象にしたフォーラムを開催します。
国内外の大手、ベンチャー企業の経営者らをお招きし、デジタル社会における事業戦略、新たなマネジメントのあり方や人材育成手法、そしてグローバル経済の先行きと対応などについて語って頂きます。

本フォーラムは、世界の成長企業について理解を深められるのはもちろん、日経ビジネスの新しい魅力を感じて頂ける構成となっております。 ぜひご参加ください。

プログラム

11:20~12:10  トークセッション 
グローバルで企業買収を成功に導くためには

新浪 剛史

サントリーホールディングス 代表取締役社長

1959年生まれ。三菱商事入社。米ハーバード・ビジネス・スクールでMBA(経営学修士)を取得。2002年にローソンの社長に就任し、新規事業の立ち上げなどで業績を改善。サントリーホールディングス顧問を経て、14年10月から現職。内閣府経済財政諮問会議の議員なども務める。神奈川県出身。

1959年生まれ。三菱商事入社。米ハーバード・ビジネス・スクールでMBA(経営学修士)を取得。2002年にローソンの社長に就任し、新規事業の立ち上げなどで業績を改善。サントリーホールディングス顧問を経て、14年10月から現職。内閣府経済財政諮問会議の議員なども務める。神奈川県出身。

【聞き手】
東 昌樹 日経ビジネス編集長

12:10~13:00  記念講演 
Takeda: a Global Company

クリストフ・ウェバー

武田薬品工業 代表取締役 社長兼CEO

2003年7月 グラクソ・スミスクライン フランス社 会長兼CEO 2008年5月 グラクソ・スミスクライン社 アジア太平洋地域担当上級副社長兼ディレクター 2011年1月 グラクソ・スミスクライン ワクチン社 次期社長兼ゼネラルマネジャー 2012年4月 グラクソ・スミスクライン ワクチン社 社長兼ゼネラルマネジャー 2012年4月 グラクソ・スミスクライン バイオロジカルズ社 CEO 2012年4月 グラクソ・スミスクライン社 コーポレート エグゼクティブ チームメンバー 2014年4月 武田薬品工業株式会社 チーフ オペレーティング オフィサー 2014年4月 武田薬品工業株式会社 コーポレートオフィサー 2014年6月 武田薬品工業株式会社 代表取締役社長 2015年4月 武田薬品工業株式会社 代表取締役 社長兼CEO (現在に至る)

仏リヨン大学で薬学・薬物動態学の博士号、医薬品マーケティング及びアカウンティング/ファイナンスの修士号、統計学の学士号を取得。グラクソ・スミスクライン社のコーポレートエグゼクティブチームメンバー等の要職を歴任。2014年4月、武田薬品工業チーフ オペレーティング オフィサーとして入社。同年6月代表取締役社長、2015年4月より現職。海外駐在経験は日本を含めて9カ国。

13:00~13:50  特別講演 
<ビデオメッセージ>

ダラ・コスロシャヒ

米ウーバーテクノロジーズ 最高経営責任者

<講演>

バーニー・ハートフォード

米ウーバーテクノロジーズ 最高執行責任者

Uberの配車サービス事業の運営、マーケティング、顧客サポート、フードデリバリー事業「Uber Eats」の責任者を務めている。
英Kalchas Groupの戦略コンサルタントを経て、1999年~2006年、米Expedia(エクスペディア)に勤務。2004年からはExpediaアジア太平洋地域社長を務めた。
2009~2015年には、米国オンライン旅行会社Orbitz Worldwide(オービッツ・ワールドワイド)のCEO兼取締役を務め、在任中、チケット予約サイト「Orbitz」のiOSとAndroid向けアプリの開発によりモバイル分野で成功したほか、利用者に特典を与えるロイヤリティプログラム「Orbitz Rewards」を開始。また、子会社のOrbitz PartnerNetworkは、航空会社、ホテル、旅行代理店、銀行の各業界パートナーにプライベート旅行ソリューションを提供するリーディングプロバイダーに成長した。

13:50~14:30

休憩
※ご参加の方には、軽食とお飲み物をご用意しております。

14:30~15:10  講演 
25年を経ても変わらぬAmazonの初心、“Customer Obsession”

スティーブ・フレイザー

Amazon.com 
インターナショナルコンシューマープログラム担当 バイスプレジデント

スティーブ・フレイザーは、アメリカ国外におけるAmazonのBtoB事業の拡大をリードし、フランス、ドイツ、イギリス、日本、イタリア、スペイン、インドへの同事業の拡大を指揮したチームを統括する。また、ブラジルにおけるEC事業、プライベートブランド事業のヨーロッパおよび日本への拡大を担当する。 1999年にAmazonに入社して以来、国際的な経験を積み、イギリスのカントリーマネージャーとしてロンドン(1999年~2001年)で、また中国のカントリーマネージャーとして北京(2012年~2015年)で勤務。
アメリカでは、Amazonの北米におけるハードライン担当バイスプレジデントを務め(2001年~2011年)、当初から取り扱っていた書籍やメディア以外のカテゴリーにおける品揃え拡大のため、数々のチームをリード。電子機器、工具、おもちゃ、およびキッチンカテゴリーを担当し、パソコン、ジュエリー、食品、ヘルスケア/パーソナルケア、ホーム、自動車部品、および産業研究開発用品の各カテゴリーの立ち上げ担当チームを指揮。さらに、Amazon.comのグローバルなカテゴリーリーダーを対象としたトレーニングプログラムの開発や指導も支援している。
Amazon入社以前は、北米では最大の靴小売チェーンで5,000店舗以上を持つPayless ShoeSource Inc.にて、シニアバイスプレジデントとして、商品プランや在庫管理機能を管理。また、EC事業のPayless.comの立ち上げ、同社初となる小売の国際業務の開始、他の靴チェーンの買収手続きの管理に加え、ニューヨーク証券取引所への上場時にはIR部門の立ち上げなどを担当。
経営コンサルティング企業のMcKinsey & Co.でシニアエンゲージメントマネージャーを務めた経験もあり、小売業界のクライアント対応を専門としていた。それ以前は、The Wall Street Journalの記者、海外特派員として勤務。アメリカでは産業・ビジネス分野を担当、メキシコ支局長を3年務め、エルサルバドル、グアテマラ、ニカラグアの政治経済などの報道を担当した。
ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを、カンザス大学でジャーナリズム学位を取得。カンザス大学のWilliam Allen White Foundation評議委員とKU Honors Program諮問委員を務める。

1999年にAmazonに入社して以来、国際的な経験を積み、イギリスのカントリーマネージャーとしてロンドン(1999年~2001年)に勤務ののち、 2001年から2011年にはアメリカで、Amazonの北米におけるハードライン担当バイスプレジデントを務め、当初から取り扱っていた書籍やメディア以外のカテゴリーにおける品揃え拡大のため、数々のチームをリード。 電子機器、工具、おもちゃ、およびキッチンカテゴリーを担当し、パソコン、ジュエリー、食品、ヘルスケア/パーソナルケア、ホーム、自動車部品、および産業研究開発用品の各カテゴリーの立ち上げ担当チームを指揮した。 その後中国のカントリーマネージャーとして北京(2012年~2015年)で勤務。
現在は、アメリカ国外におけるAmazonのBtoB事業の拡大をリードし、フランス、ドイツ、イギリス、日本、イタリア、スペイン、インドへの同事業の拡大を指揮したチームを統括する。また、ブラジルにおけるEC事業、プライベートブランド事業のヨーロッパおよび日本への拡大を担当している。

15:10~15:50  講演 
変革の時代に挑むトップの役割
~グローバル競争を勝ち抜く攻守のカギ~

宮原 正弘

KPMGコンサルティング 代表取締役社長 兼 CEO

アーサーアンダーセンのビジネスコンサルティング部門、米国・ロサンゼルス事務所、KPMGニューヨーク事務所を経てあずさ監査法人のアカウンティング・アドバイザリー・サービス(AAS)事業部長、アジア上場アドバイザリーグループ責任者を歴任後、アドバイザリー企画部長に就任。2017年7月よりKPMGコンサルティングにて代表取締役社長を務める。

15:50~16:00

休憩

16:00~17:30  パネルディスカッション 
日経ビジネスRaise連動
次世代を担う経営者が考える「これからの社会と会社の50年」
【登壇経営者】

小泉 文明

メルカリ 取締役社長兼 COO

早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2006年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFO(最高財務責任者)としてコーポレート部門全体を統轄する。12年の退任後はいくつかのスタートアップを支援し、13年12月から日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリに参画。18年6月に東証マザーズに上場、日本初の「ユニコーン」上場として注目を集めた。14年3月に取締役就任、17年4月に取締役社長兼COO就任。

早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2006年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFO(最高財務責任者)としてコーポレート部門全体を統轄する。12年の退任後はいくつかのスタートアップを支援し、13年12月から日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリに参画。18年6月に東証マザーズに上場、日本初の「ユニコーン」上場として注目を集めた。14年3月に取締役就任、17年4月に取締役社長兼COO就任。

辻 庸介

マネーフォワード 代表取締役社長 CEO

京都大学農学部卒業、米ペンシルバニア大学ウォートン校MBA(経営学修士)修了。ソニーやマネックス証券を経て、12年にマネーフォワードを設立。お金の見える化サービス「マネーフォワード ME」、ビジネス向けのクラウドサービス「マネーフォワード クラウドシリーズ」などを提供。17年9月に東証マザーズに上場。14年2月のジャパンベンチャーアワード2014にて「起業を目指す者の模範」としてJVA審査委員長賞、同年3月の電通国際情報サービス「金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC2014」にて大賞、18年2月の第4回「日本ベンチャー大賞」にて審査委員会特別賞を受賞。一般社団法人新経済連盟幹事。

京都大学農学部卒業、米ペンシルバニア大学ウォートン校MBA(経営学修士)修了。ソニーやマネックス証券を経て、12年にマネーフォワードを設立。お金の見える化サービス「マネーフォワード ME」、ビジネス向けのクラウドサービス「マネーフォワード クラウドシリーズ」などを提供。17年9月に東証マザーズに上場。14年2月のジャパンベンチャーアワード2014にて「起業を目指す者の模範」としてJVA審査委員長賞、同年3月の電通国際情報サービス「金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC2014」にて大賞、18年2月の第4回「日本ベンチャー大賞」にて審査委員会特別賞を受賞。一般社団法人新経済連盟幹事。

仲 暁子

ウォンテッドリー 代表取締役CEO

京都大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。退職後、Facebook Japanに初期メンバーとして参画。2010年9月、ウォンテッドリーを設立し、ビジネスSNS『Wantedly』を開発。12年2月にサービスを公式リリース。企業の採用支援、名刺管理などのサービスを展開する。17年9月、史上最年少女性経営者として、東証マザーズに上場を果たす。

京都大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。退職後、Facebook Japanに初期メンバーとして参画。2010年9月、ウォンテッドリーを設立し、ビジネスSNS『Wantedly』を開発。12年2月にサービスを公式リリース。企業の採用支援、名刺管理などのサービスを展開する。17年9月、史上最年少女性経営者として、東証マザーズに上場を果たす。

【モデレーター】
大竹 剛 日経ビジネス副編集長

17:30~  クロージング リマークス 
政権の課題と次の一手

菅 義偉 内閣官房長官

※講師は、現時点の予定のため変更となる場合がございます。
※講演時間などのスケジュールは決まり次第ご案内いたします。
※ご参加の方には、軽食とお飲み物をご用意しております。

開催概要

セミナー名  
日経ビジネス50th 記念フォーラム
日時 2019年4月22日(月)11:15~18:00(予定)(10:15開場)
会場 ウェスティンホテル東京 ギャラクシールーム
東京・恵比寿
●JR山手線・埼京線/地下鉄日比谷線「恵比寿駅」
●JR「恵比寿駅」東口より恵比寿スカイウォークで約7~10分
受講料

無料
※ご参加の方には、軽食とお飲み物をご用意しております。

受講対象 下記の「日経ビジネス」定期購読をご契約いただいている方がお申し込みいただけます。
・日経ビジネス(雑誌のみ)※読者番号が「01」または「23」から始まる方
・日経ビジネス(電子版+雑誌セット)※読者番号が「710」から始まる方
・日経ビジネス(電子版)年額プラン※読者番号が「711」から始まる方

※お申し込みには、「01」「23」「710」「711」で始まる「日経ビジネス」読者番号の登録が必要となります。
※ 読者番号が「682」から始まる日経ビジネスプラチナ会員の方は、こちらからお申し込みください。
定員 1000名(事前申込/抽選制)    お申し込み締切:4月7日(日)
※本セミナーは、抽選制となっております。抽選のうえ、ご受講いただける方には、登録されたE-mailアドレスに受講証のご案内をお送りします。
主催 日経ビジネス

フォーラム参加申込はこちら  お申し込み締切:4月7日(日)

※お申し込みには日経IDでのログインが必要です。まだ日経IDをお持ちでない方は、日経IDを新規に取得(無料)の上、お申し込みください。(新規取得方法はログイン画面にてご案内しております。)

本セミナーは、お申し込み受付を終了しました。


【お申し込み注意事項】

  • ※本セミナーは、抽選制となっております。抽選のうえ、ご受講いただける方には、登録されたE-mailアドレスに受講証のご案内をお送りします。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師は、現時点の予定のため変更となる場合がございます。