本講座は都合により中止とさせていただきました。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

セミナー紹介

 在院日数の短縮、病棟再編の検討、効果的な広報・宣伝、新規患者の確保、効果的・効率的なベットコントロールの実現、地域の他院との関係強化、多職種連携の促進、働き方改革への対応……。

 多くの医師を確保してたくさんの患者を診ることが経営の“肝”だった昔とは違い、医療費の抑制が国の最優先事項となっている現代では病院運営の課題は多岐にわたり、経営トップだけでは対応できなくなっています。一方で、医師や看護師といった医療従事者(コメディカル)は医療提供のスペシャリストであり、経営・運営に携わるには限界があります。

 そこで、その役割を担う職種として注目されるのが事務職です。経営と診療の現場の状況を理解して双方の調整を図り、最終的な経営判断への道筋を付ける役割が期待されます。従来の人事や総務といった一般的な分野だけでなく、経営企画やベッドコントロール、人材確保・開発、地域連携といった部門を設けて、事務職に運営を任せる病院も登場し始めました。しかし、事務職がこうした役目を果たしている病院は依然として少なく、事務職の育成が喫緊の課題となっています。

 本セミナーでは、一般企業での勤務経験を生かし、複数の民間病院や橋本市民病院(和歌山県橋本市)、岡山市立市民病院(岡山市)の経営再建を請け負ってきた一般社団法人日本病院経営支援機構理事長の豊岡宏氏を講師に迎え、事務職の育成方法のポイントを講義していただきます。

受講者の方には事前課題をセミナー開催の前日までにメールにてご連絡させていただきます。
当日の課題提出は必要ありませんが、具体的な事例や取り組み方法を考えていただくことで、より有意義な講義となることを目的にさせていただきます。

開催概要

セミナー名 病院再建の“請負人”が伝授
事務長・事務職リーダーパワーアップセミナー
日時 2020年 5月 31日(日)10:00~17:00 (開場 9:30)
会場 東京・神谷町
日経BP 本社5F セミナールーム
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分、
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩7分
受講料

35,000円(税込み)

受講対象 事務長、事務職、理事長、院長、病院経営に関わっている方、あるいは病院経営に関心のある医療従事者
主催 日経ヘルスケア

講師紹介

豊岡 宏

一般社団法人日本病院経営支援機構・理事長

1977年東京大学法学部卒、日本鋼管(現・JFEスチール(株))入社。鉄鋼企画部課長、人事企画部課長、経営企画部課長、知的財産部課長などを経て、2001年に日本鋼管病院に転出。2010年2月~2011年12月医療法人信愛会(大阪府四條畷市)、2012年3月~2016年3月橋本市民病院、2016年4月~2019年9月岡山市立総合医療センターに勤務。2019年10月日本病院経営支援機構を設立
※橋本市民病院では、2013年度の3億5000万円の赤字から1年間で4億7000万円の黒字に。岡山市立市民病院では、2015年度の7億8000万円の赤字から2018年度には1億9000万円の赤字に改善

プログラム

10:00~10:05 主催者挨拶
導入編
10:05~10:35 なぜ今、病院経営において事務職が期待されるのか?
10:35~11:05 事務職が病院組織内でリーダーシップを発揮するには?
11:05~11:35 院内の他職種との上手なコミュニケーションの取り方とは?
11:35~12:25 休 憩(昼 食)
実践編
12:25~12:55 病院の収益構造を理解する
12:55~13:25 院内の経営課題をどう抽出する?
13:25~13:55 院内に損益管理を浸透させるには?
13:55~14:25 効果的な患者確保を実現するための取り組みとは?
14:25~14:35 休 憩
14:35~15:05 病床稼働率をどう向上させる?
15:05~15:35 ベッドコントロールの仕方とは?
15:35~16:05 人材確保のコツとは?
16:05~16:10 休 憩
16:10~17:00 質疑応答

※プログラム内容は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。


【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    下記Mypageにて申し込み状況を確認いただけます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。