本セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」を使って、当日ライブ配信します。
Zoom利用には、パソコンまたはスマートフォンの環境が必要です。
いずれでも受講できますが、可能な限りパソコンをお勧めします。

5月29日(金)23時59分に締め切らせて頂きます。

緊急開催! 米シリコンバレーから中継、治療薬の開発最前線を探る

 新型コロナウイルスの猛威は「まだ」止まっていない。中国発のウイルスはアジアから欧州・米国へと広がり、医療体制が整っていない南米やアフリカも直撃した。日本を含め一部の国はオーバーシュート(感染爆発)こそ免れたが、出口戦略を誤れば感染の第2波、第3波は必ずやってくる。

 医療崩壊を防ぎながら、経済活動を速やかに再開するのはどうしたら良いのか。医療とバイオテクノロジーの専門誌記者がCOVID-19治療薬やワクチンの開発動向を踏まえながら、抗体検査など最新の検査技術についても解説する。当日は、米シリコンバレーからスタンフォード大学の西村俊彦ディレクター(Stanford Laboratory for Drug, Device Development & Regulatory Science: SLDDDRS)もオンラインで生出演し、現地の最新情報も伝えてもらう。

 活発な議論の場として、情報共有の場として、COVID-19対応への最新知見を得る絶好の機会となるであろう。


■視聴にあたって
  1. 視聴に必要なURLは、お申し込みの登録完了メールにてご案内いたします。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  3. セミナーの内容はセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

なお、「zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。また、「zoom」の登録、ログイン方法につきましては、 お申し込みの登録完了メールにてお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。

開催概要

セミナー名 緊急オンラインセミナー
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)征圧への道
日時 2020年 5月 30日(土) 10:00~12:30
会場 オンライン開催
Zoomを使ったウェブ配信セミナー
受講料

2,200円(税込み)

定員 500名
※最少開催人数(10名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経バイオテク、日経メディカル

プログラム

10:00~10:10
新型コロナの最新UPDATE
感染者数、死亡者数、現感染者数などのデータを世界の地域別に分析

坂田 亮太郎

日経バイオテク 編集長

10:10~10:20
日本の医療機関におけるCOVID-19対応状況
国内のCOVID-19への対応、主な都市が現在描いている出口戦略とは

山崎 大作

日経メディカル 副編集長

10:20~10:50
米国カリフォルニア州とCOVID-19との闘い
4月に3000人規模の抗体検査を行うなど、COVID-19との闘いで先手を打ってきた米カリフォルニア州。スタンフォード大や自身も参画しているプロジェクトについて解説

西村 俊彦

スタンフォード大学 ディレクター

スタンフォード大学医学部麻酔科に設置した創薬を中心とした研究開発機関「Stanford Laboratory for Drug, Device Development & Regulatory Science (SLDDDRS)」の共同所長を務める。米国、日本・アジアの大学・研究機関、企業との連携に取り組む。東北大学医学部卒。医学博士。専門は胸部外科。シリコンバレーに20年間在住。

※日経BPシリコンバレー支局長の市嶋洋平が、自身も体験した抗体検査など最新事情を報告

10:50~11:00 休 憩
11:00~11:20
COVID-19治療薬/ワクチン/検査技術の開発動向
日本や世界でどのようなワクチンや治療薬などの開発が、どこまで進んでいるのか

坂田 亮太郎

日経バイオテク 編集長

11:20~11:40
アンジェスが開発するDNAワクチンへのスタンフォード大・SLDDDRSの貢献
DNAワクチンの特徴、他のワクチン候補も含め、開発を加速化する条件を解説

西村 俊彦

スタンフォード大学 ディレクター

11:40~12:30
パネルディスカッション:COVID-19は征圧できるか
参加者からの質問も交えながら、COVID-19を征圧するまでの道筋を議論します

パネリスト :各講演者の皆様
モデレーター:坂田 亮太郎(日経バイオテク 編集長)
※議論には、日経BP シリコンバレー支局長 市嶋洋平も加わります。

※プログラム内容・講師は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承願います。

【お申し込み注意事項】

  • このセミナーは、ZoomによるリアルタイムWeb配信にてご提供します。
    視聴URLは、お申し込みの登録完了メールにてお知らせします。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法はクレジットカード払いのみとなります。領収証が必要な場合は、登録完了メールをご覧のうえ、お手続きください。以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。