本セミナーは満席につき、お申し込み受付を終了しました。

【次回開催のご案内】をご希望の方はこちらからお申し込みください
※本セミナーの次回開催が確定いたしましたら、ご登録のEmailアドレス宛てに、セミナーの詳細情報をいち早くご案内させていただきます。

セミナー紹介

 訪問診療を受ける患者は増え続けており、2025年までにあと30万人以上増えると推計されています。急速な需要の増大に対応するため、2018年度診療報酬改定では入院医療や外来医療においても在宅医療の提供実績を要件とした報酬が設けられました。
 一方、在宅医療の普及を阻む大きな要因として、在宅医療制度の複雑さがあります。そこでこの度、在宅医療制度を網羅的に学ぶセミナーを企画いたしました。好評書籍「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル」の著者である医療法人ゆうの森(松山市)理事長の永井康徳氏と、同法人の医療事務を統括する江篭平紀子氏に、在宅医療の制度や各報酬項目の算定要件、在宅患者が利用できる各種の医療費助成制度などについて丸一日、みっちり解説いただきます。講義の合間にはミニテストを用意し、1日で在宅医療の実践的な知識を着実に身につけられるようなプログラムになっています。
 実際の在宅患者のレセプトを見ながら診療報酬請求の実務について学んだり、診療報酬算定額が高くなりがちな在宅医療クリニックでは避けられない個別指導への対応ノウハウを伝授する講義も用意いたしました。セミナー終了後には名刺交換会の時間を設けており、在宅医療を担う医療機関のネットワーク作りにもご活用いただけます。
 在宅医療を手がける診療所や病院の経営者、事務長、医療事務の方にとって必要な知見をぎゅっと詰め込んだセミナーとなります。在宅医療クリニックを新規に開業したり、新たに在宅医療を始めようと考えている診療所・病院の職員研修にも最適です。皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

セミナー名 日経ヘルスケア主催セミナー
たんぽぽ先生と学ぶ!在宅報酬の仕組み
日時 2018年 11月 10日(土) 10:00~17:30 (開場 9:30)
会場 秋葉原コンベンションホール 5階カンファレンスフロア5B
東京・秋葉原
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13
秋葉原ダイビル 5階カンファレンスフロア5B

●JR秋葉原駅(電気街口)・・・徒歩1分
●東京メトロ銀座線 末広町駅(1番出口)・・・徒歩3分
●東京メトロ日比谷線 秋葉原駅(3番出口)・・・徒歩4分
●つくばエクスプレス 秋葉原駅(A1出口)・・・徒歩3分
受講料

37,500円(税込み)
【セミナーのみ】

41,000円(税込み)
【書籍付き】セミナー
※当日会場で「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル第5版」をお渡しします。

54,000円(税込み)
【購読付き】セミナー
※「日経ヘルスケア」の年間購読が付与されます。書籍「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル第5版」の購入は含みません。

受講対象 病院関係者、医師、看護師、ケアマネ、医療事務員
定員 96名
主催 日経ヘルスケア

講師紹介

永井 康徳

医療法人ゆうの森 理事長

1966年生まれ。愛媛大学医学部卒業後、愛媛大学医学部附属病院、自治医科大学地域医療学教室を経て、愛媛県の明浜町国保俵津診療所所長に就任。2000年に、愛媛県初の在宅医療専門診療所「たんぽぽクリニック」を松山市に開業。2016年2月には在宅療養支援病床・緩和ケア病床として「たんぽぽのおうち」を併設。現在、医療法人ゆうの森の理事長として、「たんぽぽクリニック」、西予市の僻地診療所「たんぽぽ俵津診療所」、訪問看護ステーション、訪問介護事業所などの運営を手がける。「医療者の無知は患者に
とって罪」との考えから在宅医療従事者の教育に取り組み、全国在宅医療テストを主催している。

江篭平 紀子

医療法人ゆうの森 業務サポート室室長

2003年に「たんぽぽクリニック」に入職後、主に医事業務を担当し、現在は医療法人ゆうの森の業務サポート室室長を務める。ゆうの森の医療事務を統括し、全国在宅医療テストの問題作成にも携わっている。

プログラム (予定)

10:00~10:05
(5分)
[主催者挨拶]
10:05~10:50 (45分)
永井担当
在宅医療の質を高める!
在宅医療は、患者宅に訪問して診療するだけではなく、患者や家族をどう満足させるかという質が求められる時代になっています。質を高めるには、「理念」「システム」「人材」が全て揃っていなければなりません。質の高い在宅医療を患者・家族に提供するために必要な8つのポイントを、医療法人ゆうの森理事長の永井康徳氏がお伝えします。
10:50~11:20 (30分)
江篭平担当
在宅医療を提供する上で押さえておきたい基礎知識
在宅医療では、患者の①年齢、②主病名、③ADL、④医療処置、⑤居住場所――の5項目が分かれば、利用できるサービス等がほぼ分かります。年齢や主病名などで異なる在宅医療の提供の可否や、在宅医療を受ける患者が利用できる医療費助成制度(高額療養費制度や公費負担医療制度など)について解説します。
11:20~12:20 (60分)
永井担当
在宅医療制度(訪問診療など)の知識をその場で習得する スピードラーニング【前半】
①在宅医療の適応と受けられる場所、②在宅療養指導管理料と情報提供書、③在総管と施設総管、在宅がん医療総合診療料、④在宅ターミナルケアにかかる報酬――の4つのテーマについて、10分程度の講義と5問のミニテストを行い、講義時間内で報酬の仕組みと算定要件などを習得することを目指します。
12:20~13:10
(50分)
[昼食・休憩] お弁当をご用意します
13:10~14:10 (60分)
江篭平担当
在宅医療制度(訪問看護、訪問リハビリなど)の知識をその場で習得する スピードラーニング【後半】
①訪問看護(指示書、特別訪問看護指示書、加算など)、②入退院支援とカンファレンス、③訪問リハビリテーション、④マッサージ、食支援、歯科診療、訪問薬剤など多職種の在宅報酬――の4テーマについて、10分程度の講義と5問のミニテストを行い、講義時間内で報酬の仕組みと算定要件などを習得することを目指します。
14:10~15:00 (50分)
永井担当
2018年度診療報酬改定のポイントと「人生の最終段階における医療・ケアのプロセスに関するガイドライン」について
2018年度診療報酬改定では、在宅医療の個別報酬項目の見直しに加え、入院医療や外来医療でも在宅医療の提供実績を要件とする報酬項目が新設されました。さらに、看取りでは「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」等を踏まえた対応が要件化されました。これらの内容を解説するとともに、医療法人ゆうの森における看取りの対応について紹介します。
15:00~15:10
(10分)
[休 憩]
15:10~16:10 (60分)
江篭平担当
症例で学ぶ!報酬算定の可否とレセプト請求のポイント
具体的な症例を挙げ、在宅医療でどのような介入が可能かを検討します。さらに、実際の請求レセプトを見ながら、提供した診療の内容と算定した報酬項目を確認します。在宅医療の診療報酬請求の実務について、実践的な知識を身に付けます。
16:10~17:00 (50分)
江篭平担当
在宅医療クリニックが行うべき個別指導対策
在宅医療クリニックはどうしても診療報酬算定額が高くなりがちで、残念ながら現行の制度では個別指導は避けられません。医療法人ゆうの森ではこれまで多数の個別指導を経験し、その対策をまとめています。個別指導でも指摘を受けない診療・カルテ記載のノウハウをお伝えします。
17:00~17:15 (15分)
江篭平担当
定着度チェック
1日の講義を踏まえて、在宅医療の制度・報酬算定に関する知識の定着度をチェックするテストを行います。
17:15~17:30 (15分) 名刺交換会

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い:お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの方には、受講証のみ郵送いたします。受講証を会場にご持参ください。以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。