セミナー紹介

2019年度の試験制度改正にいち早く対応!
 ~2019年度試験対策はこのセミナーから!

2019年度の筆記試験はすべて記述式に
改正に合わせた読み方と対処法を習得


 2019年度に技術士第二次試験が大幅に改正されます。必須科目が択一式から記述式に変わり、建設部門全般にわたるテーマについて解決策などを述べることになります。選択科目でも、出題の形式や対象とする範囲などが見直されました。受験科目の選定にも注意が必要です

 試験の内容が改正されても、国の政策や施策を踏まえた出題は続くとみられます。基本となるのが国土交通白書です。政策などの方向性を読み取って出題テーマを予測し、それぞれの背景や現状、論文に盛り込むべきキーワードを理解するうえで欠かせません。この講座では、19年度の試験対策で必須の国土交通白書2018の効率的な読み方を、改正のポイントや対処法を交えて解説いたします。例年、9割を超す受講者の方から「満足」と高い評価を得ている本講座をぜひ、ご活用ください。

<お申し込み時のご注意>
受講料にはテキスト代(新刊書籍「国土交通白書2018の読み方」[定価:本体12,000円+税、2018年11月26日発行予定])を含みます。書籍は当日会場でお渡しいたします。
※新刊書籍「国土交通白書2018の読み方」を別途ご購入されませんよう、ご注意をお願いいたします。
<法人様へ>
「一括お申し込み」をご希望の場合、以下までお問い合わせください。
 日経BP社読者サービスセンター・セミナー係
 (電話:03-5696-1111[代表]、土日・祝日を除く9~17時)

※定員になり次第、締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。
※定員超えなどにより、お申し込みをお受けできない場合は、追ってご連絡させていただきます。

開催概要

セミナー名 2019年度 技術士第二次試験 対策講座
「国土交通白書」の読み方セミナー
日時 2018年11月24日(土) 10:00~17:00(開場 9:30)(予定)
会場 ラーニングスクエア新橋 6階
東京・新橋
JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線 「新橋駅」 徒歩2分
受講料

28,000円(税込み)
【読者特価】
※「日経コンストラクション」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

32,000円(税込み)
【一般価格】

受講対象 効果的な勉強法で、2019年度技術士第二次試験建設部門合格を目指される方
定員 150名
※最少開催人数(30名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経コンストラクション

講師紹介

堀 与志男

株式会社5Doors' 代表取締役

1960年愛知県生まれ。建設会社で18年勤務後、2000年にホリ環境コンサルタント設立。2004年に(株)5Doors’を設立、代表取締役に。経営コンサルタント。技術士受験指導歴23年。著書「建設技術者なら独立できる」(新風舎)など多数。技術士(総合技術監理部門、建設部門)、土木学会特別上級技術者。

プログラム

10:00~10:15 ガイダンス  
10:15~11:15 改正の要点と受験科目の選び方
11:15~12:00 国土交通白書2018の構成とテーマ
13:00~13:45 国土交通白書2018のポイントと3年間の動き
13:45~15:00 必須科目の論文のテーマと対処法
15:00~15:45 専門知識と応用能力を問う論文の書き方
15:45~16:30 問題解決能力と課題遂行能力を問う論文の書き方
16:30~16:45 2019年度の試験に役立つ文献と勉強方法
16:45~17:00 質疑応答
※適宜休憩が入ります。
※内容等は変更となる場合があります。
※本講座は論文の添削はございません。
昨年度受講生の“声”の一部をご紹介します
【本講座を選んだ理由】
  • 来年の受験に向けたキックオフとして時期的に良かった。モチベーションを上げるためのきっかけとしたかった。
  • 試験初挑戦に向け、対策方法を把握するため。また、受験科目を選択する際の参考になると思ったため。
  • 独学で受験し不合格だったので、効果的な勉強方法を身につけるため。
  • 去年も参加し、おかげ様で土質及び基礎の筆記試験に合格しました。今年は道路をとりたいと思い、本講座を申し込みました。
  • 最適な学習方法を学びたかった。自分に足りない部分を知りたかった。
  • 技術士試験のポイントを知りたかった。
  • 効率の良い学習、時間節約のため。
  • 過去のデータがまとまっていて試験対策ができるから。
  • 内容の濃い講座であるため。
  • セミナーが1日であることから参加しやすいため。
  • 前回、はじめて「国土交通白書の読み方」を購入した際、十分に活用できなかったため、当書の中身について、短時間で整理できると考え、当セミナーを受講した。
  • 建設部門は国交白書が要となるため、その読み方を理解することは受験対策に有効と考えたから。
  • 地方自治体に勤めており、周りに技術士を持っている方がいないため、効率的に合格するため方法を得るために講座を選びました。
  • 情報が最も確実であり、信頼できるため。
  • 毎年開いている実績があるので。
  • 試験対策を確かな人から学びたくて。
  • 社内の技術士試験の講師としての学習。


【受講後の感想】
  • 何から手を付ければ良いか分からなかったので、今回のセミナーで、試験の内容と、対策が分かりました。
  • 勉強の始め方(やり方)が分かっていなかったので、目標が出来、大変良かった。
  • 技術士試験に対する認識が、これまで考えていた事とは全く異なっていた→大変参考になった。
  • 昨年、直前対策セミナーを受講したが、もっと早い段階で聞いていればと感じ申し込んだ。理解度が深まりました。
  • 本講習では、記述式について、去年より、多く、指導して頂いたので、本日の講習で満足しています。
  • テキストに添った内容の講義で、とても分かりやすい講座でした。今後予定されている「直前対策セミナー」及び「模擬試験」については、是非、受講してみたいと思います。
  • 勉強方針が固めることができました。大変参考になりました。
  • 論文対策の方法がなるほどと思った。
  • 6月(註:直前対策セミナー)も受けたいと思います。
  • 講座の内容は非常によかったと思う。
  • 説明のスピードはとても良かった。テキスト(書籍)のページ番号を知らせてもらえるので調べやすかった。
  • 大変良くまとめられているテキスト(註:書籍)で価格以上の価値があると思う。効率的な勉強ができる様に活用していきます。専門問題Ⅲで80点目指す作戦はとても参考になった。
  • 技術士を目指す者として必要な知識・見識の範囲を認識することが出来ました。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い:お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの方には、受講証のみ郵送いたします。以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。