本講座は都合により中止とさせていただきました。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

セミナー紹介

好評につき第2期開催決定!!
実践演習で地盤対策の本質が1日で理解できます

 住宅の設計や施工において、地盤の扱いが重視されるようになりました。地盤が招くトラブルは極めて深刻な問題に直結するためです。また、近年は大規模な地震や激しい気象が頻発しており、もはや地盤対策は住宅のプランづくりや設計の大前提となっています。

 本セミナーでは、宅地地盤の対策を知り尽くした専門家が、数々の事例と実践的な演習を通じて、地盤トラブルのメカニズムと最新の対策法を指南。1日で“地盤対策の本質”を学んでいただきます。

本講座の特徴
  • ① 沈下のメカニズムを理解し、実践的な地盤設計が身につく
  • ② 法令や基準の押さえておくべきポイントがわかる
  • ③ 自然災害リスクをどう捉え、どう備えるかの尺度が持てる

開催概要

セミナー名 日経ホームビルダー主催
これで万全!宅地地盤対策 [第2期]
日時 2020年 6月 26日(金)10:30~17:00(受付開始10:00~)
会場 東京・新橋
ラーニングスクエア新橋
●JR「新橋駅」烏森口(徒歩2分)
●都営浅草線「新橋駅」A1出口(徒歩2分)
●東京メトロ銀座線「新橋駅」4番出口(徒歩3分)
受講料

56,300円(税込み)
<一般価格>

51,800円(税込み)
<読者特価>
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

定員 60名
※最少開催人数(15名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
備考 電卓、色鉛筆(またはマーカー)3色をご持参いただきます。
主催 日経ホームビルダー

講師紹介

高森 洋

WASC基礎地盤研究所 代表取締役

1970年 積水ハウス入社。同社で住宅の基礎地盤対策などに関する研究・開発などの業務に従事
1995年 積水ハウス施工開発部長に就任
2005年 WASC基礎地盤研究所を設立。代表取締役に就任

主な著書:「現場の?をやさしく解説『地盤と基礎 100の疑問』」(PHP研究所)、「すぐできる! 『地震に強い家』にする80の方法」(講談社)

プログラム

PART1法令や基準を知る
●平時の不同沈下は建築基準法違反と知る
●地盤調査と設計の基準である国土交通省告示を理解する
●地盤構成を理解し、地盤を見る目と地盤構成を考える力を養う
PART2地盤設計の本質を演習でつかむ
●支持力不足の沈下は実は少ないと知る
●沈下の大半を占める追随沈下の防止に役立つ沈下量算定演習
●知られていない不飽和土の水浸沈下を学ぶ
●SWS試験の結果から地盤推定断面図を作成
●各種地盤補強工法の特徴を知る
PART3自然災害への備え方を学ぶ
●過去の災害被害などを基にリスクを学ぶ
●液状化リスクに対する備え方
●豪雨による浸水リスクへの備え方
●傾斜地におけるリスクへの備え方
●地盤補強工法の自然災害に対する適正を知る
※プログラムは予定です。予告なく変更になる場合がありますので予めご了承ください。
※昼食休憩の時間を設けております。事務局にて御弁当を用意しております。


■第1期受講者の声

  • 地盤については、苦手意識と難しい数式のため、敬遠しがちだったが今回のセミナーは、講師の説明の良さもあるが、どこに注目して考えるのかを明確に示していただけたので、理解しやすかった。
  • 基礎的なことから、経験則に基づいたお話もあり大変勉強になりました。
  • 技術者、技能者にも聞かせたい。
  • マニュアル的な内容ではなく、専門家の経験に基づいた独自の理論があり理解度が高められました。
  • 地山の判定方法を非常に興味深くうかがった。断面の作成など自分でやろうと思ったことも無かったが、今後の柱状図の見方が変わると感じた。
  • 大変わかりやすい講習で実務での活用しやすいものでした。
  • 住宅地地盤については、これまで以上にしっかりと責任を持った対応が必要という考えから、決断して申し込みました。受講してみて、この位の受講時間は必要だと分かりました。
  • 高森先生の情熱に刺激を頂きました。地盤推定断面図を作成するようにします。
  • 大変分かり易く、話も面白くてあきなかったです。
  • 地盤知識は幅が広く習得が難しいと思っていましたが、重要なポイントを知ることができました。