セミナー紹介

クラウドファンディングの実務者を中心としたスピーカーが、
市場概説から各種の組成スキーム、最新の規制動向までを解説。
上場REIT、私募REITに次ぐ第3の成長分野を知る。

 不動産投資の新たな形としてクラウドファンディングが市民権を得つつある。プラットフォームを運営する事業者の数はすでに15を超え、ケネディクスなど不動産ファンド大手も参入を決めた。ネットならではの機動性と小口投資の手軽さを備え、REITに次ぐ個人向けの不動産投資商品として大きく育つ可能性を秘める。

 本セミナーでは不動産実務家向けに、先行プレーヤー各社が現場経験を踏まえた商品組成、スキーム、募集活動の実際について語るほか、ソーシャルレンディングを中心に相次ぐ不祥事への対応、規制動向についても解説する。


開催概要

セミナー名 日経不動産マーケット情報 主催セミナー
不動産クラウドファンディングをめぐる動向と実務
日時 2019年 6月 28日(金) 13:00~17:00 (開場 12:30)
会場 日経BP 日経虎ノ門別館
東京・神谷町
〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12 5階セミナールーム
●東京メトロ日比谷線「神谷町駅」4b出口より徒歩5分
●東京メトロ南北線 「六本木一丁目駅」泉ガーデン出口より徒歩7分
受講料

34,000円(税込み)

定員 69名
備考 <受講者特典>
●書籍不動産テック 巨大産業の破壊者たち
北崎 朋希、本間 純(著)、谷山 智彦(監)、
日経不動産マーケット情報(編)、定価2,400円+税
をもれなく進呈いたします。(当日会場にてお渡しいたします)
主催 日経不動産マーケット情報

プログラム

13:00-13:05 【主催者挨拶】

三上 一大(みかみ かずひろ)

日経不動産マーケット情報 編集長

13:05~13:50 【講演1】
国内外の不動産クラウドファンディング市場動向について
 

谷山 智彦(たにやま ともひこ)

ビットリアルティ 取締役

2004年に野村総合研究所に入社後、主に不動産・インフラ等のオルタナティブ資産に関する調査研究及びデータサイエンス業務に従事。2017年11月から野村総合研究所とケネディクスとの合弁会社であるビットリアルティ株式会社の取締役に就任し、不動産テック事業を推進。また、国土審議会土地政策分科会企画部会専門委員、内閣府「都市再生の推進に係る有識者ボード」委員等の他、早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)などで非常勤講師を務める。他に、日本FP学会賞最優秀論文賞受賞(2010年)、情報処理推進機構(IPA)未踏クリエータ(2003年)など。慶應義塾大学総合政策学部卒業、同大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)

2004年に野村総合研究所に入社後、主に不動産・インフラ等のオルタナティブ資産に関する調査研究及びデータサイエンス業務に従事。2017年11月から野村総合研究所とケネディクスとの合弁会社であるビットリアルティ株式会社の取締役に就任し、不動産テック事業を推進。また、国土審議会土地政策分科会企画部会専門委員、内閣府「都市再生の推進に係る有識者ボード」委員等の他、早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)などで非常勤講師を務める。他に、日本FP学会賞最優秀論文賞受賞(2010年)、情報処理推進機構(IPA)未踏クリエータ(2003年)など。慶應義塾大学総合政策学部卒業、同大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)
13:50~14:35 【講演2】
不動産クラウドファンディング(貸付型・エクイティ型)の実務と特徴
 

成田 洋(なりた よう)

ロードスターキャピタル 取締役

東京大学法学部卒。ファイナンシャル・セキュリティ・アシュアランス・インクにてキャリアをスタート。2009年よりタッチストーン・キャピタル・マネージメントにて不動産投資に係るアセット・マネジメント業務に従事。海外機関投資家による不動産投資のサポート業務を中心に、1,000億円超の不動産投資案件に関与。2014年7月にロードスターキャピタル株式会社に入社。以来OwnersBookの運営に携わる。CFA協会認定証券アナリスト、ビル経営管理士、不動産証券化協会認定マスター。

東京大学法学部卒。ファイナンシャル・セキュリティ・アシュアランス・インクにてキャリアをスタート。2009年よりタッチストーン・キャピタル・マネージメントにて不動産投資に係るアセット・マネジメント業務に従事。海外機関投資家による不動産投資のサポート業務を中心に、1,000億円超の不動産投資案件に関与。2014年7月にロードスターキャピタル株式会社に入社。以来OwnersBookの運営に携わる。CFA協会認定証券アナリスト、ビル経営管理士、不動産証券化協会認定マスター。
14:35~14:50 【休 憩】
14:50~15:35 【講演3】
国内初・小規模不特法を使ったプロジェクトの紹介と、
コミュニティー醸成について
 

福田 和則(ふくだ かずのり)

エンジョイワークス 代表取締役

1974年兵庫県生まれ。外資系金融機関勤務を経て、2007年エンジョイワークスを設立。行政や事業者任せにしない「まちづくりや家づくりのジブンゴト化」による豊かなライフスタイル実現をテーマに不動産及び建築分野において事業展開を行う。また、空き家・遊休不動産の再生・利活用プラットフォームであるユーザー参加型Webサービス「ハロー!Renovation」をリリースし、「まち」「ひと」「お金」の新たな関係性構築に取り組む。

1974年兵庫県生まれ。外資系金融機関勤務を経て、2007年エンジョイワークスを設立。行政や事業者任せにしない「まちづくりや家づくりのジブンゴト化」による豊かなライフスタイル実現をテーマに不動産及び建築分野において事業展開を行う。また、空き家・遊休不動産の再生・利活用プラットフォームであるユーザー参加型Webサービス「ハロー!Renovation」をリリースし、「まち」「ひと」「お金」の新たな関係性構築に取り組む。
15:35~16:20 【講演4】
クラウドファンディング規制の最新動向と今後の商品設計の展望
 

成本 治男(なりもと はるお)

TMI総合法律事務所 パートナー(弁護士)

不動産関連のファンド・流動化案件等のファイナンス分野において多数の案件に関与。大手国内証券会社のアセットファイナンス部門への出向経験を有し、以来、流動化・証券化、CMBS、PFI、プロジェクトファイナンスのほか、近年はクラウドファンディングやセキュリティトークンなどFinTech・PropTech(不動産テック)のリーガルサービスにも携わる。IFLR 1000のStructured finance and securitizationの分野でleading lawyer、またChambers Asia及びBest Lawyersにおいて各不動産部門で選出。著作に「不動産Techの実務と法律」(土地総合研究、2017年8月)、「不動産テック(Real Estate Tech)の実務と法律上の留意点・問題点」(商事法務ポータル、2017年11月)など。1998年早稲田大学法学部卒業。2000年東京弁護士会登録。

不動産関連のファンド・流動化案件等のファイナンス分野において多数の案件に関与。大手国内証券会社のアセットファイナンス部門への出向経験を有し、以来、流動化・証券化、CMBS、PFI、プロジェクトファイナンスのほか、近年はクラウドファンディングやセキュリティトークンなどFinTech・PropTech(不動産テック)のリーガルサービスにも携わる。IFLR 1000のStructured finance and securitizationの分野でleading lawyer、またChambers Asia及びBest Lawyersにおいて各不動産部門で選出。著作に「不動産Techの実務と法律」(土地総合研究、2017年8月)、「不動産テック(Real Estate Tech)の実務と法律上の留意点・問題点」(商事法務ポータル、2017年11月)など。1998年早稲田大学法学部卒業。2000年東京弁護士会登録。
16:25~16:50 【座談会】
 

【司会】
 本間 純(ほんま じゅん)
(日経不動産マーケット情報 副編集長)

16:50~17:00 【Q&Aセッション】
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。