セミナー紹介

 「國井設計塾 世界で戦える設計マネージャー養成講座」は、グローバル企業の設計部長・課長に求められるスキルを学ぶ全4回の講座です(個別受講も可能)。設計マネジメントの実務と要点、競合機分析、設計戦略、設計書による高速設計、組織検図、FMEA、超低コスト化などについて世界レベルの設計マネジメント力の習得を目指します。本講座「図面レスで高品質を維持する組織検図」は、その第4回目の講座となります。

 「検図」とは、図面における製図法の誤りや誤記の検出を行うことだと考えている人は多いのではないでしょうか。本講座は、真の自己検図と組織検図を伝授します。

 トラブルの94%が設計責任と分析されている中で、本講座では設計ミス防止に役立つ情報を提供します。技術者に今すぐに必要なものは、軽くて簡単な「電卓レベル」のポカミス防止策と、最終関門である検図、そして、その能力の向上と検図システムの構築です。

 日々のポカミス防止活動と日々の検図行為が、実は、社告・リコールなどのトラブル防止策につながることを本講座で学びます。また、目前に迫ってきた「図面レス」時代に対し(隣国の巨大企業でとっくに実施済ですが)、図面がない状況での検図のあり方を解説します。

 本講座は、以下のコンセプトで進行します。
(1)商品企画→設計→設計審査→検図→試作→量産まで、商品設計・生産設備設計の全域に渡ってポカミス防止策を指導する。
(2)日々のポカミスを予防する方策、および最終関門となる「検図」の効果的なやり方を、演習を通して解説する。

 ぜひ、設計管理者、リーダーに最適な本講座をご活用ください。


受講効果

チェック材料ミス、寸法漏れ、公差漏れ…こうしたレベルの図面チェックは検図ではないことを理解できます。

チェック検図には自己検図と組織検図があり、また、検図には優先順位があることを理解できます。

チェック検図はカビの生えたファイナル・チェックではなく、プロセスチェックの時代となったこと、またそのやり方を理解できます。

チェック検図には機能検図と生産検図があり、前者は図面だけではチェック不可能であることを知り、そのやり方を理解できます。

チェック図面がない「図面レス時代」に備えた検図方法を習得できます。

開催概要

セミナー名 國井設計塾 世界で戦える設計マネージャー養成講座(全4回)
[第4回]図面レスで高品質を維持する組織検図
日時 2019年9月27日(金) 10:00~17:00 (開場 9:30)
会場 Learning Square新橋 6F
東京・新橋
JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線 「新橋駅」 徒歩2分
受講料

49,800円(税込み)
<セミナーのみ>
4回セットもございます。詳細はこちら

52,500円(税込み)
『攻めの設計戦略』<書籍付きセット>セミナー+書籍
書籍とのセット申し込みです。書籍は会場でお渡しします。
『攻めの設計戦略』

定員 60名
※最少開催人数(15名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経 xTECH、日経ものづくり

講師紹介

國井 良昌(くにい よしまさ)

國井技術士設計事務所 所長

1978年、横浜国立大学工学部機械工学科卒業。日立製作所および富士ゼロックスにて、高速レ-ザープリンターの設計に従事。富士ゼロックスでは、設計プロセス改革や設計審査長も務めた。1999年、國井技術士設計事務所を設立。設計コンサルタント、セミナー講師、大学非常勤講師として活動中。最新刊に『ライバルを打ち負かす設計指南書 攻めの設計戦略』(日経BP社)など、著書多数あり。日経 xTECHにてコラム「設計マネージャーを目指す人の『國井設計塾』予備校」を連載中。

プログラム (10:00~17:00)

 1. 設計のポカミス撲滅でトラブルを防止する

1-1. ポカミスなくしてトラブル撲滅

1-2. ポカミスをなくす道具達

 2.企画段階におけるポカミスを防止する

2-1. 企画プロセスにおけるポカミス

2-2. 6W2HのA4一枚でポカミス防止

 3. 設計段階におけるポカミス防止で後戻りを回避

3-1. 設計プロセスにおけるポカミス

3-2. 設計段階のポカミス防止は日々の活動にあり

 4. 試作段階におけるポカミス防止でトラブル再発防止

4-1. 試作プロセスにおけるポカミス

4-2. 重し付けの試作評価がポカミスをなくす

 5. ここまでくれば楽チン検図ができる(機能検図編)

5-1. 検図は最後の砦(とりで)

5-2. 事例:手動鉛筆削り器の機能検図を実体験する

 6. 図面レス時代を迎えた検図(生産検図編)

6-1. 生産検図を理解する

6-2. 事例:鉛筆削り器の回転刃用フレームの生産検図

※プログラム内容・講師は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証のみ郵送いたします。
    下記Mypageにて申し込み状況を確認いただけます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。