職種紹介

日経BPは、「編集」「営業」「デジタルIT」「ソリューション」の4つの職種が、
高い専門性を持ちながら相互に連携することで、社会を変える情報とソリューションを提供します。

職種カテゴリー

経営・技術・生活の専門・先端情報を
立体的に発信

編集

雑誌やデジタルメディアの誌面を企画し、記事を作る職種。
書籍の企画・編集や、イベント・セミナーの企画・講師手配など、幅広いコンテンツを手掛けます。

  • 編集記者

    編集記者

編集記者編集記者

デジタルメディアも雑誌などの紙媒体も企画・取材・執筆・校正を一貫して担当

デジタルメディアも雑誌などの紙媒体も
企画・取材・執筆・校正を一貫して担当

日経BPの編集記者は、取材・執筆するだけでなく、企画を自ら立て、取材先を選び、どんな写真や図版を使うかという誌面イメージまで手掛けます。編集も手がける記者という意味で「編集記者」と呼んでいます。記事を掲載する場所は、デジタルメディア、雑誌などの紙媒体を問いません。近年はニュースをまずウェブサイトに投稿し、その後、特集記事化して紙媒体に載せる「デジタルファースト」が進んでいます。

営業

メディアのブランド力を収益に変えていく職種。
クライアントに合わせた提案をする「広告」、雑誌や書籍の販売戦略を立てる「販売」、イベントを手がける「イベント」があります。

  • 広告

    広告

  • 販売

    販売

  • イベント

    イベント

広告広告

雑誌広告やオンライン広告を売るだけでなく広告主のマーケティング支援がメインの仕事です

雑誌広告やオンライン広告を売るだけでなく
広告主のマーケティング支援がメインの仕事です

広告営業の仕事は、雑誌広告やオンライン広告などの枠売りだけではありません。広告主の課題解決をするためにソリューションを提案していく仕事です。日経ID×DMP、リード事業、コンテンツマーケティングなど日経BPのオンライン・雑誌メディアあるいはイベント・セミナー、調査機能など沢山のリソースから必ず解決策が見つかります。それをプロデュースするのが広告営業の面白さです。

販売販売

雑誌やデジタルメディア、書籍をどう売るか工夫を凝らすマーケティング専門家集団です

雑誌やデジタルメディア、書籍をどう売るか
工夫を凝らすマーケティング専門家集団です

日経BPの販売スタッフは、プロフェッショナルでありたい。他の出版社と大きく異なるのは編集が作り出したコンテンツを、狙った読者に直接届ける戦略を練ること。特定業界に向けた専門媒体の多い日経BPでは、読者を探り当ててダイレクトマーケティングを行うのも重要な仕事です。様々なツールを使って最小の費用で最大の結果を出すのが、販売の腕の見せ所です。

イベントイベント

展示会を新たなメディアに「東京ゲームショウ」も運営しています

展示会を新たなメディアに
「東京ゲームショウ」も運営しています

出版社で展示会を本格的に手掛けている会社はあまりありません。日経BPは、約30万人を集客する「東京ゲームショウ」をはじめ、技術者対象の専門展示会「日経 xTECH EXPO」など多くの展示会を主催・共催しています。これらのイベントを企画し、実際に運営までするのが、イベントという職種です。雑誌やデジタルメディアだけでなく、リアルイベントもまた一つのメディアになっています。

デジタルIT

日経BPは800万会員を超える「日経ID」を基盤に、メディアのデジタル化を進めています。
その開発やマーケティング推進の中核を担うのがデジタルIT職です。

  • データドリブンマーケティング

    データドリブン
    マーケティング

  • フロントエンドエンジニア/WEBデザイナー

    フロントエンドエンジニア/
    WEBデザイナー

データドリブンマーケティングデータドリブンマーケティング

データ分析を基に、日経BPの専門メディア情報を効率的にお届けし、活用していただく施策を進めます

データ分析を基に、日経BPの専門メディア情報を
効率的にお届けし、活用していただく施策を進めます

約30ある日経BPの専門メディア情報を効率的に読者にお届けし、活用していただくための販売・マーケティング施策を推進していく職種です。日々上がってくる膨大なデータを可視化し、多角的に分析して、仮説を構築。施策を企画立案して実施し、データを基に改善を重ねながら、実効性を高める取り組みを実現します。

フロントエンドエンジニア/WEBデザイナーフロントエンドエンジニア/
WEBデザイナー

最新の技術を活用しながら、ユーザー志向のデジタルメディア開発に取り組んでいただきます

最新の技術を活用しながら、ユーザー志向の
デジタルメディア開発に取り組みます

ソフトウエアエンジニアは、専門情報をお届けする最上のユーザー体験を実現するために、日々進化するWEB技術を取り入れながら新しいデジタルメディアを構築しています。またWEBデザイナーは、ユーザー志向の使い勝手の良いビジュアル・デザインの実現を目指しています。

ソリューション

新しい柱「ソリューション事業」を担う職種。専門的な知見や人脈を活かす「研究員」と、
企業や自治体のニーズに合わせて課題解決を提案する「ソリューション・アーキテクト」があります。

  • 研究員

    研究員

  • ソリューション・アーキテクト

    ソリューション・
    アーキテクト

研究員研究員

専門媒体で培った経験を活かすメディア企業ならではの仕事

専門媒体で培った経験を活かす
日経BPならではの仕事

多くの専門媒体を発行してきた日経BPは大勢の専門記者を育ててきました。IT、建設・インフラ、医療、電子・機械、経営、デザインなどその分野は幅広く、そこでの知見や人脈を活かした職種が研究員です。記者経験者以外の専門家の活躍の場も広がっています。調査活動、レポート執筆、研究会の主催、コンサルティングなど、アウトプットは多岐に渡ります。現在、50人以上の研究員が活躍しています。

ソリューション・アーキテクトソリューション・アーキテクト

企業や自治体の「困りごと」を深掘りオリジナルな企画提案が売り物

企業や自治体の「困りごと」を深掘り
オリジナルな企画提案が売り物

ソリューション事業の企画・推進役。企業や自治体の課題、さらには社会課題に合わせてソリューションを提案し、実行していきます。そこで重要なのは、企業や自治体の「困りごと」をトップや担当者に深くヒアリングし、当事者ですら気がついていない問題を探り当てる力です。外部の専門家も巻き込んだ課題解決によって、大きな成果を出す喜びを味わうことができます。

仕事をもっと知る

  • お仕事相関図

    コンテンツがどのようなプロセスで形を変え、そこにどんな人が関係するか解説します。

  • プロジェクトストーリー

    デジタルメディア「日経xTECH」を支える社員たちが仕事の面白さを伝えます。

働く人を知る

  • 社員インタビュー

    様々な職場で働く社員の日々の仕事ぶりややりがいをお伝えします。

  • 社員アンケート

    「日経BPってどんなとこ?」仕事のやりがいから労働時間の長さまで、社員の本音をお伝えします。

  • TOP
  • 職種紹介