岡部 一詩

INTERVIEW新市場に旗を立てる
「なんでもやる」編集長

編集
編集記者
日経クロステック編集(日経FinTech編集長)

岡部 一詩HITOSHI OKABE

2012年入社

東京大学 文学部 卒業

金融テクノロジーを追いかけています

これが私の仕事

金融テクノロジーを追いかけています

 2019年4月から『日経FinTech』という金融テクノロジーを追いかけるメディアの編集長を務めています。仕事の内容は、雑誌の企画立案、取材および記事の執筆、記事の査読、カンファレンスやセミナーなどのイベント企画です。媒体知名度を高めるために外部のイベントで講演やモデレーターを引き受けるのも大切な仕事です。記者を7年経験したあとに、34歳で編集長となりました。
 一般的には、編集長が自ら記事を書くケースは少ないと思いますが、『日経FinTech』は機動力のある小さなチームで、全員がプレーヤー。編集長も記者と一緒にコンテンツを作っています。
 出版社の事業というと、記事やコンテンツを作って届けることが主務と思われることが多いのですが、「良質なコンテンツを届ける」という視点に立てば、多様な事業に挑戦できると感じています。むしろ、そうしたことをゼロベースで考えなくてはいけないという危機感があります。コンテンツが文字である必要は必ずしもなく、ブランドの下に多様なコンテンツがあるべきです。
 『日経FinTech』は、2016年3月に創刊した新しいメディアですが、FinTechという成長市場にプラスになることなら「なんでもやる」ことを当初からモットーとしていました。結果、雑誌はあくまで『日経FinTech』というメディアの中の1つのサービスと位置づけ、創刊時から多様な商品やサービス、事業に挑んでいます。一般的に、出版社で媒体を創刊する際は、まずは雑誌を大きくすることに主眼を置きます。一極集中の形でリソースを投入して、媒体を垂直立ち上げするのです。
 一方、『日経FinTech』は創刊当時から雑誌も作り、年鑑という辞典のような書籍も出し、イベントも開催する。新しい市場において、どういった情報提供が求められているのか。正解は分かりませんでした。だからこそ1つのやり方に固執せず、思いつくこと全てを全力でやってみる、という発想に至りました。FinTechの市場はもの凄い勢いで変化しています。今も、模索を繰り返す日々です。日経FinTechの編集長ではありますが、様々な技術情報を横串で展開するデジタルメディア『日経 xTECH(クロステック)』に記者として記事を書くこともあります。

MY JOB

「名前入り」の商品を日々世の中に送り出す

この仕事の面白さ

「名前入り」の商品を日々世の中に送り出す

 自分の手で作ったプロダクトを「名前入り」で世の中に送り出せる。これに尽きますね。自分自身が商品であるとも言えるかもしれません。
 原則、日経BPの記事には署名が入ります。これは1年目の新人も、20年のキャリアを持つ記者も変わりません。責任が重いとも言えますが、記事に対して大きなうねりのような反響や反応があったときは、直接自分への評価として還元されます。記事を書く過程には葛藤や悩みが絶えません。一方、書き上げた記事への反響は「自分のもの」。その機会が若手にもベテランにも平等に与えられているのが醍醐味だと思います。
 僕自身の記者デビューは、入社初日でした。企業の記者会見に出向き、その内容をオンライン媒体で記事にしました。当然先輩記者に何度も修正され、僕が書いた文字はほとんど残りませんでした。それでも、自分の署名入りの記事を出せたことがうれしくて、帰りの電車の中から、両親と友人に記事のリンクを送ったことを昨日のことのように覚えています。

FUN OF
WORK

  • 日経BPを選んだワケ

    橋を造っていた父への憧れ 橋や船の設計士をしていた父の影響です。彼の背中を見ながら、漠然と自分もものづくりに関わりたいと思うようになっていました。新卒で入社したのは電機メーカー。営業職でしたが、ものづくりで世の中の役に立っている実感はありました。同僚にも恵まれ、仕事も楽しかった。一方で、入社して4年ほどたったころ、自らの手でものをつくりたいという気持ちが沸いてきました。メディアの仕事なら可能性がある。そう考え始めていた時にたまたま見つけたのが、日経BPの求人広告でした。転職活動をしていたわけではありません。仕事で購読していた『日経コミュニケーション』(当時、2017年休刊)に記者職の求人情報が掲載されていたのです。もし縁があったら迷わず入社するとだけ決めて、応募しました。

    橋を造っていた父への憧れ
  • ある1日のスケジュール

    • 出社、ゲラ(原稿)確認

    • 投資家向け番組の生放送

    • 昼食

    • 取材

    • 記事執筆

    • 社外イベントのモデレーター

    • 取材先と会食

印象に残っている仕事

創刊時の感動は今でも忘れない やはり媒体創刊ですね。入社して4年目。それまで『日経コンピュータ』という媒体で記者をしていましたが、新媒体の創刊メンバーになり、半年の準備期間で創刊しました。
 日経BPは、新しい市場や業界が立ち上がるときにいち早くそこに「旗」を立てることを目的として、メディアを創刊します。旗を立てることで、人や情報がそこに集まりますし、市場の活性化を促します。『日経FinTech』もまさに、市場が夜明けを迎えようとするタイミングに船出したメディアでした。
 もともと、当時の編集長が何でもやろうという発想の人。『日経FinTech』の創刊と同時に、500ページ超の『FinTech世界年鑑』を発刊しました。間を置かずに、月刊誌やオンライン媒体も立ち上げていきました。創刊メンバーは4人。今では笑い話ですが、原稿を書いている最中に鼻血が出たこともあります。最後は、印刷所に自らデータを持ち込みむほどギリギリのタイミングでの校了。『FinTech世界年鑑』が刷り上がった夜には、チームメンバーと安居酒屋で朝まで飲み明かしました。そのときのハイボールのおいしさは忘れられません。今振り返ると文字通り心身共につらい仕事だったのは間違いありません。ただ、もう一度創刊をしたいかと問われれば、迷わず手を挙げます。

FOCUS

創刊時の感動は今でも忘れない

PRIVATE

  • オンオフの切り替えに茶道オンオフの切り替えに茶道2011年に茶道を始めました。茶道をたしなむ男性は少なかったので、趣味にしてみると面白いかなと思ったのがきっかけです。僕はオンオフの切り替えが苦手なのですが、日常と完全に隔離された茶室は貴重な場所。全てをオフにして目の前の茶の湯に集中できるのです。女性にモテるのではないかという淡い期待もありましたが、それは幻想でしたね。

  • 漫画が好きです漫画が好きです僕の人生に漫画は欠かせません。人に勧めるなら『日出処の天子』。是非、一読してもらいたい名作です。『少年ジャンプ』のような王道漫画も大好きです。特に苦悩を抱えながらも芯がぶれない登場人物に感情移入して、胸を熱くしています。『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』でいえば、ブローノ・ブチャラティのようなキャラクターですね。

岡部 一詩

社員アンケート

「日経BPってどんなとこ?」仕事のやりがいから
労働時間の長さまで、社員の本音をお伝えします。

社員アンケート