下采 昂平

INTERVIEWブランド価値を支える
システムエンジニア

デジタルIT
フロントエンドエンジニア
デジタル事業開発局

下采 昂平KOUHEI SHITAUNE

2018年キャリア入社

筑波大学大学院 システム情報工学研究科修了

クラウド移行プロジェクトで 基盤整備を担当しています

これが私の仕事

クラウド移行プロジェクトで
基盤整備を担当しています

ストイックに一日中パソコンに向かう デジタル事業開発局の中で、システム面を見る開発チームに所属しており、今は日経BPで使われている様々なシステムをクラウド上に移行する作業を行っています。具体的には、クラウド上に複数のプロジェクトが乗るので、その基盤整備をやっています。
 この作業は1年や2年で完了するものではありません。現段階ではまだクラウドに移行できないプロジェクトもあるので、すべてが完了するまでにはかなりの年数がかかります。
 基本的には一日中パソコンに向かって作業をしています。他社とのミーティングはこちらに来てもらって行うので、外出することもあまりないですね。かなりストイックな(笑)仕事といえます。

MY JOB

システムが無事稼働したときに 一番やりがいを感じます

この仕事の面白さ

システムが無事稼働したときに
一番やりがいを感じます

メディアとしてのブランド価値を維持するために システムを移行する業務を行っているので、問題なくシステムが稼働したときや、移行がスケジュール通りに完了したとき、また、きちんとした品質のシステムを構築できたときなどに、一番やりがいを感じますね。
 日経BPの場合、システムがトラブルを起こして止まってしまうと、メディアとしてのブランド価値の低下につながります。その意味で、社内の各部署からはシステムの稼働に厳しい目を向けられているので、気が抜けません。やはりシステムなので、どうしても止まってしまうことはありますが、そこはエンジニアとしてきちんと業務をこなしています。

FUN OF
WORK

  • 日経BPを選んだワケ

    自分たちが作ったものの評価を実感したい 私は前職で開発のプログラマーを4年弱やっていました。その仕事をやっていく中で、自分はエンジニアなので、自分たちが作った機能がどのようにユーザーにフィードバックされていくのかを実感したいと思うようになりました。前の会社ではインフラ系の開発をやっていたので、今度は、媒体やエンドユーザ向けのサービスなど自分たちで使っているものの開発に携わりたいと思い、日経BPに入社しました。

    自分たちが作ったものの評価を実感したい
  • ある1日のスケジュール

    • 出社

    • 午前中、システム移行の作業

    • 昼食

    • 勉強会に参加

    • 帰社、システム移行の作業

    • 業務終了

印象に残っている仕事

ユーザーの声を直接聞ける システムエンジニアには2種類あると思います。1つは、技術的にとにかく難しい課題を解決したいタイプ。そういう人は、新しい技術を使って新しいサービスを提供する会社に移っては自分の腕試しをします。もう1つは、自分が作ったサービスを使ってもらいたいタイプ。私は後者だと思います。やはり一番うれしいのは、自分が作った機能についてユーザーから直接フィードバックをもらえて、かつ高い評価をもらえることです。日経BPの場合、自分の身近なところにユーザーがいます。そこがエンジニアとしてこの会社で働くことの醍醐味だと思います。

FOCUS

ユーザーの声を直接聞ける

PRIVATE

  • シューティングゲーム三昧「コール オブ デューティ」というシューティングゲームにはまっている。十数年来ヒットしているゲームで、毎年新しいものがでるので、それを土日ずっと。

  • うどんが大好きうどんの魅力はシンプルでうまいこと。麺はコシがあったほうが好き。麺の太さはこだわらない。稲庭うどんは細いが、コシがあるのでうまい。

下采 昂平

社員アンケート

「日経BPってどんなとこ?」仕事のやりがいから
労働時間の長さまで、社員の本音をお伝えします。

社員アンケート