竹下 英里

INTERVIEWIT業界の最新情報を
広告やセミナーで発信

営業
広告
技術メディア広告部

竹下 英里ERI TAKESHITA

2016年入社

明治大学 文学部卒

IT系のウェブ・紙媒体で広告企画やセミナーを提案しています

これが私の仕事

IT系のWeb・紙媒体の
提案やセミナーの企画をしています

就活生向けの企業紹介本も担当 『日経xTECH』や『日経コンピュータ』などIT系のウェブ・紙媒体の広告企画の提案や、バナーや記事広告のオーダー、制作進行のフォローをしています。 また、セミナーも担当しています。具体的には、企画から当日の運営サポートや、協賛社を集めるなどの業務です。セミナー当日は1日中会場に張り付いて、協賛社の対応をしています。
 あとは就職活動を控える学生向けに、IT業界を紹介する本を作っています。 入社した当初はデジタルの案件が多かったのですが、紙媒体を作る業務はとても新鮮です。営業という職種なので、売り上げの予算達成は重要です。2週間に1回チーム会と呼ばれる会議を行い、案件の進捗報告や、予算達成に向けた提案の共有をしています。

MY JOB

最先端の情報に触れることができ クライアントに多様なツールを提供

この仕事の面白さ

最先端の情報に触れることができ
クライアントに多様なツールを提供

日経のブランド力を生かす ITの分野は次々に新しいものが出てきます。クライアントとの打ち合わせや、記事体広告の取材に出席した際に、 最先端のITの話を聞けるので、それがすごく勉強になりますし、この仕事をやっていておもしろい部分ですね。
 クライアントに提案できるものが多いのも醍醐味の一つです。広告を1回出稿してもらって終わりではなく、そこから展示会やセミナーなど様々な商品を提案できます。IT系の媒体に広告を出稿してもらった後に、「『日経ビジネス』での提案をしてほしい」と要望をいただくこともあります。媒体の数が多い分、様々な提案ができるところも魅力ですね。日経という冠があるので、クライアントからの信頼も厚く、コンテンツのクオリティの面では、特にご評価をいただいています。日経ブランドの強みを活かして提案できることも多くあるので、やりがいを感じます。

FUN OF
WORK

  • 日経BPを選んだワケ

    デジタルと紙媒体の両方で様々なことができる 学生時代は文学を専攻していたので、活字には絶対触れたいと思っていました。また、デジタル、紙媒体を問わず、様々なことができそうだというのが決め手でした。面接の時に「技術系の媒体はどうですか」と聞かれて、全然想像がつかなくて「ややこしそうだな」と思ったのですが、「逆にそれも面白いかも」と考えて、普通に答えました。「全然、大丈夫です」。人事の人がほっとした表情をしていました(笑)。日経BPは、“自分の知らないものがたくさん詰まっている会社”というイメージでしたね。

    デジタルと紙媒体の両方で様々なことができる
  • ある1日のスケジュール

    • 出社。メールのチェック

    • 部会。案件の進捗状況の報告

    • 昼食

    • 顧客訪問。セミナー提案の打ち合わせ

    • 帰社。セミナーの提案書作成

    • 業務終了

印象に残っている仕事

就活生向けの本を担当。反響の大きさに驚く 就活生向けの本を作ったのはすごく勉強になりました。デジタルだったらパソコン1台あれば、メールでやりとりして何とかなっていたものが、本作りではリアルな場での打ち合わせが必要でした。印刷会社と「紙の厚さをどうするか」でたくさんの用紙見本を用意して検討するなど、手間暇がかかりましたし。今の時代、自分が本づくりに携われるなんて思ってもいませんでした(笑)。
本を発行した後、「この本で弊社を知り、入社した学生がいる」とか「面接にこの本を持ってきた人がいる」という話をよく聞きます。紙媒体の反響の大きさをあらためて実感しました。これはすごく貴重な経験でしたね。

FOCUS

就活生向けの本を担当。反響の大きさに驚く

IT業界徹底研究 就職ガイド

PRIVATE

  • 山やキャンプを楽しむアウトドア派山やキャンプを楽しむアウトドア派キャンプをしたり、マウンテンバイクに乗ったりするアウトドア派。突然、尾瀬に行きたいなと思って、宿を取って行ったりとか。

  • キックボクシングやってますキックボクシングやってますボクササイズではなく本格的なもの。スポーツジムに通っていたが、物足りなくなったため、1年前からキックボクシングを始める。土日だけでなく、平日もサンドバッグを打つなどして汗を流す。

竹下 英里

社員アンケート

「日経BPってどんなとこ?」仕事のやりがいから
労働時間の長さまで、社員の本音をお伝えします。

社員アンケート