研究員プロフィール

安原 ゆかり
安原 ゆかり
Yukari Yasuhara
日経BP総合研究所
上席研究員

豊富な編集経験を生かし、①女性やシニアの活躍支援体制づくり、②アート思考など新たな教育戦略支援、③資産運用・相続など金融サービスのコミュニケーションツールの企画・制作などを行います。

専門分野

金融(家計管理、投資教育、年金など社会保険制度)
シニア(老後資金、相続、定年制度とシニア活躍)
働く女性(働く女性のライフスタイル動向、女性活躍、マネー意識、ジェンダー平等)
アート(アート市場、アート思考、アート投資家)


経歴

1983年上智大学外国語学部スペイン語学科卒業。83年日経ホーム出版社(現・日経BP)入社。‘88年日本最大の働く女性向け月刊誌『日経WOMAN』創刊より関わり、30年以上続く「企業の女性活用度調査」を立ち上げた。働く女性向けの美容誌『日経ココカラ』編集長、投資情報誌『日経マネー』編集長、シニア向け知的情報誌『日経おとなのOFF』編集長、『日経WOMAN』編集長を経て現職。


実績

『日経マネー』『日経おとなのOFF』『日経WOMAN』のいずれの媒体でも、編集長就任により大幅な部数アップを実現。本誌コンテンツを活用したムック制作で累計発行部数30万部超を達成。マネー教育、女性の働き方、おとなのOFF活用に関する講演も多数。日経WOMAN編集長時代に立ち上げた「池上彰と増田ユリヤの現代ニュース解説」は6年のロング連載となり、現在も編集を担当。


編集担当書籍

『定年男子 定年女子』(大江英樹、井戸美枝共著/日経BP)
『「一般論はもういいので、私の老後のお金 「答え」をください!」(井戸美枝著/日経BP)


著書

『仕事は臆病なほうがうまくいく』(日経BP)
『お金に強い子どもの育て方』(日経BP)

日経BP総合研究所の研究員