研究員プロフィール

高木 邦子
高木 邦子
Kuniko Takagi
日経ESG経営フォーラム
主任研究員

専門分野

環境、SDGs、都市問題、食、イノベーション、科学技術、地方創生


経歴

1986年、東京大学工学部応用物理学科卒、日経マグロウヒル社(現・日経BP社)入社。日経エレクトロニクス編集、日経デザイン編集、ニュースサイト編集部を経て、2000年、日経BP環境経営フォーラム(現・SDGsフォーラム)の立ち上げに参画、主に環境政策、温暖化対策、環境影響評価をテーマに、研究会の企画運営や記事執筆を担当。以後、ITpro編集、日経BPコンサルティング出向(編集プロデューサー)などを経て、2019年から現職。


著書(共著)

『「イノベーション大国」次世代への布石 異次元の成長を遂げたシンガポールの未来戦略と日本の活路』『農林水産業のみらいの宝石』、ナショナルジオグラフィック日本版別冊『日本の気候変動』、三菱総合研究所発行 近未来読本『気候変動リスクにそなえる』、環境省『低炭素社会に向けた社会転換を考える』『STOP THE 温暖化2015』、内閣府「最先端研究開発委支援(FIRST)プログラム」成果ダイジェスト


最近の活動

協業メディア『カンパネラ』、『未来コトハジメ/食の未来』の企画運営など。