研究員プロフィール

小谷 卓也
小谷 卓也
Takuya Otani
日経BP総研
上席研究員
「Beyond Health」編集長

ヘルスケア(医療・健康・介護)分野のイノベーションには、従来の枠にとらわれない、あらゆる業種・業界のプレーヤーの知恵や経験が不可欠です。Beyond Healthは、多様な人・モノ・アイデアが集まるプラットフォームとして、ヘルスケア分野での新事業構築を支援します。

専門分野

デジタルヘルス、ソーシャルホスピタル、医工連携、ヘルスケアベンチャー


経歴

東京工業大学工学部卒。大手電機メーカー勤務を経て、2002年に日経BP入社。『日経エレクトロニクス』でヘルスケア分野の取材・執筆に携わる。『デジタルヘルスプロジェクト』プロデューサー、『日経デジタルヘルス』編集長を経て現職。


実績

2011.5 社内のデジタルヘルスプロジェクト立ち上げに参画、「デジタルヘルス」という言葉を提唱
2014.1 日経デジタルヘルスの立ち上げと同時に、次世代ヘルスケア産業の概念「ソーシャルホスピタル」構築
2015.9 セミナー/シアター/展示を融合した大型イベント「デジタルヘルスDAYS」立ち上げ
2017.2 ヘルスケアベンチャーと大企業のマッチングの場「デジタルヘルスベンチャー祭り」立ち上げ
その他、デジタルヘルス関連講演 多数


コラム・著書

2011.3 『デジタルヘルスNo.1 -暮らしが変わる インフラが生まれる 技術が活きる-』
2011.11 『デジタルヘルスNo.2 -いざ新産業創出へ 医療・健康・介護が変わる-』
2012.6 『デジタルヘルスNo.3 -大連携時代へ 動き始めた産官学医-』
2012.11 『デジタルヘルスNo.4 -広がる参入機会 新たな機器開発の潮流-』
2013.5 『デジタルヘルスNo.5 -拡大する市場 日本から世界へ-』
2014.3 『【別冊】日経デジタルヘルス Vol.1 -新産業創出の夜明け-』
2014.12 『【別冊】日経デジタルヘルス Vol.2 -見えてきた「未来」-』
2015.12 『医療ビッグデータ2016』
2016.11 『日経デジタルヘルス年鑑2017』
2017.12 『日経デジタルヘルス年鑑2018』
2018.12 『日経デジタルヘルス年鑑2019』
など


最近の活動

ヘルスケア分野のイノベーションに向けた新プラットフォーム「Beyond Health」の立ち上げ
など

日経BP総研の研究員