研究員プロフィール

三好 敏
三好 敏
Satoshi Miyoshi
日経BP総合研究所
上席研究員

専門分野

製造業のデジタル革新を巡る動向、技術


経歴

大学で電子工学と情報工学を学んだ後、映像機器メーカーに入社。製品設計部門で制御システム(ハードウエアおよびソフトウエア)の開発を担当。
1989年に日経BPに転職。電子技術者向けの「日経エレクトロニクス」、半導体技術者向けの「日経マイクロデバイス」、電子商取引の情報を提供するニューズレター「日経デジタルマネーシステム」など複数の専門メディアの編集に携わる。主に映像関連のデジタル技術や半導体デバイス、情報セキュリティの動向を取材。
2004年から電気・電子機器、半導体デバイス、電子部品、産業用装置、自動車、産業用情報システムなど幅広い分野のコンテンツやイベントの企画・制作に携わる。
2014年に日本国内でいち早く「第4次産業革命(インダストリー4.0)」をテーマにしたイベント「FACTORY」を立ち上げ、東京、大阪、名古屋、福岡などで開催。以降、製造業のデジタル革新を巡る動向、技術を積極的に取材している。


実績

製造業革新をテーマにした様々なイベントに、パネリストや司会として参加。
製造業革新の最新動向に関する講演の講師も務めている。

日経BP総合研究所の研究員