研究員プロフィール

渡辺 和博
渡辺 和博
Kazuhiro Watanabe
日経BP総合研究所
上席研究員

人口減少や高齢化が進む地方は日本全体がやがて迎える経済環境を先取りしています。ここで生まれた課題解決のヒントが次の日本の方向性を示唆すると考えています。
情報が溢れている中、骨太の情報を影響力のある人々に効率的に届けることが必要になります。よりスマートな情報提供を可能とする仕組み作りのお手伝いをします。

専門分野

コンシューマ向け商品企画、販路開拓、情報発信
製造業の情報化、CMS活用による情報発信


経歴

1986年筑波大学大学院理工学研究科修士課程卒業後、日本経済新聞社入社。『日経ビジネス』『日経トレンディ』『日経パソコン』など、経営、技術、コンシューマ分野の専門誌の編集部を経て現職。


実績

日本商工会議所全国展開事業<技>『技のヒット甲子園』をプロデュース。地方でコンサルを手掛けた商品が東京のコンビニで発売されるなど多くの地方発ヒット商品誕生に関わる。


コラム・著書

『地方発ヒットを生む逆算発想のものづくり』(日経BP)2018
全国各地の商工会議所が発行する会報誌に連載コラム「トレンド通信」を連載中(2012年~)
NHKラジオ『マイあさ!』のマイBizコーナーに定期出演中(2019年~)。


最近の活動

東北、関西、四国地域などで商品開発、観光振興戦略等のプロジェクトを実施中

日経BP総合研究所の研究員