ラボ紹介

日経BP総研は9つのラボから構成される
リサーチ・コンサルティング集団です。

所長ご挨拶

望月洋介
望月 洋介
Yosuke Mochizuki
日経BP総研 所長
日経BP社 上席執行役員

千葉大学大学院工学研究科修了。日経BP社入社後、日経マイクロデバイス編集長、日経エレクトロニクス編集長、クリーンテック研究所長を経て現職に就任。電子技術、エネルギー技術面で深い知見と人脈を持つ。

その課題を解決する専門家集団です。
知見・人脈・情報発信で、唯一無二のソリューションを提供します

日経BP社のリサーチ・コンサルティング集団「日経BP総研」は、企業の経営課題・社会課題を解決することを目的に、2015年に発足しました。これまで数百件にのぼる課題解決を支援するなかで、私たちが常々感じるのは、専門メディアを通して培ってきたメディア企業の力やリソースを、もっと企業や政府、自治体のために役立たせることはできないか、ということです。

メディア企業として培ってきた私たちの力は、次の三つに集約できます。

  • 最先端のテーマや多くの個別業界に関する深い「知見」
  • 経営、技術、政策をけん引してきた方々との太い「人脈」
  • 800万IDを保持する日経BP社ならではの「情報発信力」

この三つの力を不特定多数の読者だけに提供するのではなく、特定少数の組織に向けて発揮する──。日経BP総研の使命は、そこにあると考えます。世の中の不確実性がますます高まる今、私たちに寄せられる課題のなかで、「経営改革支援」「人材戦略」「事業創出」「マーケティング・顧客開拓」に関わる四つの分野での案件が増えています。

そうした数多くのご相談に、私たちは先を見据えた戦略立案・実行プランを策定し、実効的なコンサルティングを提供してまいります。

私たちは日本経済・産業の発展のために挑戦を続け、企業課題の解決に向けた支援を、全力で遂行してまいります。

テーマに特化したフォーラム・研究会