6月1日、大手企業の採用面接が解禁になり、2019年度の新卒採用も大詰めだ。中小企業はここからが本当の勝負ともいえる。欲しい人材を獲得するためには、企業説明会などで自社を「カッコよく」見せるための“採用ブランディング”が必要だ。ブランド戦略コンサルタントの村尾隆介氏は、独自の手法で中小企業の採用力を高めている。今回、同氏の採用強化プログラムを実施し、本番さながらのプレゼン特訓に臨んだのは、ビルやホテル、病院などのリノベーションを展開するラックス(広島県福山市)だ。今回は、村尾氏からどんな指摘が出てくるか。

 都内某所の会議室に、ラックスのリクルートチームのメンバー4人が集まった。チームを率いるのは、山田哲矢社長だ。村尾氏のプロジェクトでは、各部署から選出された若手メンバーでリクルートチームをつくり、一人ひとりが5分ずつプレゼンする。これは、合同企業説明会などの場でそのまま活用できる。

 ラックスでは、初めに社長が会社全体の説明をした後、営業部、工事部、総務部のメンバーが、各部署の仕事内容を説明。他社の協力者たちがオーディエンスとして彼らのプレゼンを見守り、プレゼンの後は、本番さながらの質疑応答も実施する。

社長自ら10の表現で欲しい人材像を浮き彫りに

 緊張した面持ちのラックスのメンバーたちに、村尾氏は応援メッセージを送った。「今日は本番だと思って臨んでいただきたい。とはいえ、失敗ができる場でもある。いろいろなことにチャレンジして、ぜひ有意義な時間にしてほしい」。

村尾隆介(むらお・りゅうすけ)氏
村尾隆介(むらお・りゅうすけ)氏
中小企業のブランド力向上を手助けしているコンサルタント。スターブランド社の共同経営者・フロントマン。14歳で単身渡米し、ネバダ州立大学教養学部政治学科を卒業後、本田技研工業に入社。退社後、食品の輸入販売ビジネスで起業。事業売却を経て現職。その成功ノウハウを中小企業に提供している。日本に中小企業のブランディングブームを起こした第一人者だ。『今より高く売る!小さな会社のブランドづくり』(日経BP社)など著書多数。日経BP総研 中堅・中小企業ラボ・客員研究員として、すごサイ(すごい採用プロジェクト)を監修する。

 プレゼンのトップバッターを務めるのは、山田社長。経営理念を説明した後、ラックスが提供している技術として、建物全体の改修技術、耐震補強技術などがあることを紹介した。加えて、ラックスが大事にしている、コミュニケーションについても説明した。全員が集まって月1回開催する「カッコいい会議」「カッコいい研修」で社員の意見をできる限り吸い上げているという。

 山田社長は最後に、ラックスが欲しい人材像を“夢追い超人”と名付け、以下のような10項目を挙げた。

  • 目標・夢を探している人・持っている人
  • なんだかんだで人が大好きな人
  • あいさつをドデカイ声でできる人
  • ありがとう・ごめんなさいが素直に言える人
  • チームワークを大切にする人
  • ピンチはチャンスだと思える人
  • 社長がウルサイので突っ込める人   など

 「社長がウルサイので突っ込める人」は、「私に意見を言ってくれる人」と説明。10項目の中で山田社長が最も大事だと思っているのは、「目標・夢を探している人・持っている人」だという。「一緒に夢や目標を持ち、成長できる仲間を求めています!」と呼び掛けてプレゼンを締めくくった。

 続いて、山田社長からバトンを受け取ったのは、営業部の井上葉子さんだ。

 PRからアフターフォローまで、ラックスの営業の業務プロセスを説明。ラックスには、「リノベール」という自社ブランドがあり、リノベーション(RENOVATION)を通じてお客様にエールを送りたい(YELL)という思いを込めていると紹介した。

 営業にとって最も大切なのは「情熱とフットワークの軽さ」だと話す井上さん。お客様が困ったときにすぐに駆け付けられるフットワークの軽さはお客様を笑顔にし、その笑顔こそが営業部のモチベーションを高めるという。

 そんな営業部が求めるのは、“夢追い超人”の中の「ピンチはチャンスだと思える人」。建物のトラブルなどお客様にピンチがあったときが、自分たちにとってはチャンス。トラブルを解決するにはどういう工事がふさわしいかを考え、お客様と一緒に乗り越えていくチャンスを与えられている、と考えるのだそうだ。

 最後にラックス自慢の自社ビルの屋上写真を映し出した。日当たりがよく、バーベキューなどもできるという。井上さんは「新しい仲間と一緒に屋上でランチができる日を楽しみにしています」と締めくくった。

会社全体、各部署のプレゼンのためのスライドもチームで自作。営業部の井上さんはスライドの最後のページに、ラックス自慢のバーベキューができる屋上写真と重ねて、学生向けのメッセージをつづった
会社全体、各部署のプレゼンのためのスライドもチームで自作。営業部の井上さんはスライドの最後のページに、ラックス自慢のバーベキューができる屋上写真と重ねて、学生向けのメッセージをつづった

工事部の若手が達成感ややりがいを説明

 3番目のプレゼンターは、工事部の玉川吉輝さん。工事部は、「新築を超える改修工事」を志して業務に取り組んでいる。一級建築士や一級建築施工管理技士など、多彩な資格を持ち、優れた施工技術で建物を改修している。

 工事部の主な仕事は施工管理だ。作業の指示や状況の確認をするなど、現場で働く作業員たちの現場監督のような役目を担う。

 工事部の仕事の中でも難しいのが、工事をスケジュール通りに進めるための工程管理だ。工事は天候にも左右されるため、作業が遅れた場合にどのようにリカバリーするかを考えるのも、担当者の腕の見せどころだという。

 工程管理は大変な仕事で、責任も重大だが、自分の判断や指示一つで現場が変わる。工事が終わった後の達成感や関わった仕事が建物という形で残ることが仕事のやりがいだ、と語った。

 工事部にとって大事なのは、作業員とのチームワーク。作業員の中には親より年上のベテランもいる。謙虚な気持ちで人と接することを心掛けている。欲しいのは、“夢追い超人”の「チームワークを大切にする人」と説明。「一緒に新築を超える建物を作ってみませんか?」と呼び掛けた。

 トリを務めるのは総務部の兼田裕さん。「総務部の真実を明かします」とテーマを掲げてプレゼンをスタート。

 総務の仕事は幅広い。会社の窓口であり、仲間が働きやすい環境や雰囲気づくり、カッコイイ会議の資料準備も担当する。採用、教育、評価、インターンも実施している。また、経理業務も総務の仕事だ。毎月の収支をまとめ、経営陣に提出している。変わり種の仕事としては洗車もする。月に1、2回、青空の下で洗車するとリフレッシュするという。福利厚生の充実の1つ、社内の図書コーナー「ラックス文庫」は、社員だけでなくお客にも貸し出しており、好評だという。

 社内制度の改革も重要な役割の1つ。2017年から年間休日を14日間増やして109日に変更。「有給取得率100%」を掲げて休みやすい雰囲気づくりや働きがいの向上を目指している。それがひいては業績アップにつながると考え、試行錯誤しながら仕組みづくりに取り組んでいると話した。

総務部の兼田さんは、会社全体に関わる総務の仕事内容や働き方改革を紹介。総務部の仕事には自社の営業車を洗う仕事があって、これが総務スタッフのリフレッシュになると、学生の話題になりそうなシーンも盛り込んだ
総務部の兼田さんは、会社全体に関わる総務の仕事内容や働き方改革を紹介。総務部の仕事には自社の営業車を洗う仕事があって、これが総務スタッフのリフレッシュになると、学生の話題になりそうなシーンも盛り込んだ

「御社の嫌なところは?」という質問に「社長がウルサイ」

 総務のやりがいは、各部署から情報が入ってくるので、今何が起こっているのか、リアルタイムで会社の状況が分かることだ。仲間に頼ってもらえることも喜びの一つとアピール。さらに人・もの・金を動かせる、画びょう1つの注文から見たことのない桁数の数字まで関わることができると説明した。

 総務の仕事は毎日同じことの繰り返しではない。常に新しいことが起こり、「毎日がスペシャル」。総務部が欲しい人は、“夢追い超人”の「なんだかんだで人が大好きな人」。兼田さんは「あなたもカッコいい総務になりましょう!」と呼び掛けてプレゼンを締めくくった。

 4人のプレゼンが終了した後は、参加者が実際の大学生になりきり、質疑応答が行われた。「働き方改革をしていれば教えてください」という質問に対しては、山田社長が次のように回答。

 「これまで建設業では休みがとれないことが問題になっており、ラックスも例外ではなかった。昨年から増やした年間休日は、まだ完全には消化しきれてはいないが、お互いに『休もう』と声掛けすることから始めている。ただし、休日が増えて売り上げが減るのは本末転倒。休むときはしっかり休み、休日と仕事のメリハリをつけることが重要だと考えている。

 また「すごくカッコいい会社だと思ったが『本当にそうなのか?』という疑問もあった。山田社長以外の方に、会社の嫌なところを聞きたいです」という少し意地悪なことを聞いた参加者も。

 これらに対して、営業部の井上さんは「うーん……」と少し考えた後、「社長の独り言がうるさい。静かに業務を進めたいときに、社長がうなったり、大きな声でよっしゃー!と叫んだりするので、気が散る」と話し、これには山田社長も苦笑い。会場にも笑いが起き、会社の雰囲気の良さがにじみ出るやりとりとなった。

 最後は村尾氏の講評だ。

 「全体を通して、好感の持てる良い会社だと思った。社員が働きやすいように改善の取り組みも盛り込まれていたのが良かった。すごく立派な働き方改革を実行していなくても構わない。会社がきちんと関心を持ち、取り組もうとしている姿勢を学生たちに見せることが大事」と伝えた。また、話の順番として、総務が最後だったが、会社全体の話は最初に持ってきたほうがよいだろうと伝えた。

 プレゼンのスライドについては、「『カッコいい建物』『カッコいい会議』など『カッコいい』を連発するなら、スライドもカッコよくないといけないが、ちゃんとカッコよかった」と褒めたうえで、「写真と文字を1枚のスライドに入れてしまうと、どうしても写真が小さくなる。スライドは紙で配るわけではないので、何枚使ってもいい。写真はできるだけ大きく使って、写っている人の表情まで見せたほうがいい」とアドバイスした。

 プレゼンの身振り手振りについては、例えば「4つの……があります」と話すときに指で4を指し示すなど、もう少しジェスチャーを入れるといい、と伝えた。

欲しい人材像を考えるとき、自分を顧みた

 また、質疑応答のとき普通は、スクリーンには1つのスライド画面がずっと映し出されることになる。そのときに、ラックスが自慢できるトップ5「ISO取得率、女性の比率、平均年齢」などを、実際の数値も含めて表示すると、単純な質問は出なくなると独自のテクニックを伝授した。

 村尾氏の講評を受け、山田社長は、「これまでは、もやもやした状態で人材募集をしていた。今回、各部署からメンバーを集めてリクルートチームをつくることで、各部署がどのような人材が欲しいのかを真剣に考えた。また、そのときに、では自分たちはどうなのか、ということに立ち返ることができた」と話した。

ラックスでは、山田社長(左から2人目)もリクルートチームに参加。各部門の若手と採用力アップに挑んだ。欲しい人材像を明確化する過程で、自分たちの会社、自分たちを見つめ直すこともできたという
ラックスでは、山田社長(左から2人目)もリクルートチームに参加。各部門の若手と採用力アップに挑んだ。欲しい人材像を明確化する過程で、自分たちの会社、自分たちを見つめ直すこともできたという

 さらに、このプロジェクトがきっかけで、これまで社員が山田社長のことを「社長」と呼んでいたのをやめ、「山田さん」と呼んでもらうことにしたという山田社長は「社員が皆、社長になったつもりで、プロジェクトに参加してほしい。社長と社員の距離をなくしたい」と考えたためだ。「この活動には多くの気付きがあり、成果を実感している」と山田社長は満足しているようだった。

 自社を見つめ、真剣に人材採用に取り組み始めたラックス。どんな新しい“夢追い超人”が加わるのか、今後の採用活動が楽しみだ。

(本記事は、日経ビジネスオンライン「欲しい人はこう採れ! 中小企業の採用最前線 」2018年6月5日掲載の記事を一部改編したものです)

欲しい人を採るための、採用ノウハウを伝授します
すごサイ すごい採用プロジェクト

――日経トップリーダーと日経BP総研 中堅・中小企業ラボでは、村尾隆介氏監修の下、中小企業が採用を成功させるための「すごサイ(すごい採用プロジェクト)」を提供しています。

「すごサイ」についての説明会を5月17日(木)に実施。ご興味のある方はぜひご参加ください。「『すごサイ』で人材不足の危機を乗り切ってください」(村尾氏)。

詳しい情報はこちらから↓
http://nvc.nikkeibp.co.jp/sugosai/201801/