2018年3月、医療・福祉業界の企業・団体が集まる合同就職説明会が大阪で開催された。この日は学生445人、企業・団体44が参加。同年1月に、ブランド戦略コンサルタントの村尾隆介氏が監修する採用力アッププログラムを導入し、採用力向上に努めてきた社会福祉法人の隆生福祉会もこのイベントに参加した。結果はいかに。

 隆生福祉会は、利用者・家族・地域・職員・法人の「5つの笑顔」を理念に掲げ、大阪市内で老人ホームをはじめとする事業所を16カ所展開している社会福祉法人だ。

 隆生福祉会では、人事開発部の小野聖一さんと井上愛さんのほか、6人の現場スタッフなどを加えた8人のリクルートチームを結成している。このチームの結成は、同法人が、村尾隆介氏監修の中小企業のための採用力アッププログラムを導入したのがきっかけになっている。

 この日の合同就職説明会には小野さんと井上さんが参加。小野さんいわく「今の時期(3月)、就活イベントに来るのは社会福祉士を目指す大学生がほとんど。私たちが欲しい人材も、社会福祉を学んでいるモチベーションの高い大学生。自治体から委託されている福祉関係の相談センターも運営しているので、社会福祉の資格を生かせる。私もこのセンターで働いた経験があり、その話ができるので、積極的に学生に声を掛けていきたい」。

 その言葉通り、2人は合同就職説明会会場の通路を行く学生に対して盛んに「隆生福祉会です。大阪市内の社会福祉法人です」と呼び掛けていた。ちなみに「市内」をアピールするのは、通勤のしやすさも、学生にとって就職先を選ぶ選択肢の1つだからだ。

「就活イベント」「カフェ座談会」「施設見学」が3本柱

 「欲しい人材は社会福祉を学ぶ大学生」と話す小野さんだが、昨年までは採用活動の開始が遅く、欲しい人材が一般企業に流れていたという。そこで今年は一般企業と同じく、インターンシップの時期(大学3年の夏・冬休み)から活動をスタート。

 具体的には、合同就職説明会などの「就活イベント」、独自で実施しているカジュアルな説明会「カフェ座談会」と「施設見学」の3本柱で採用を進めている。そしてこの3本柱のいずれについても、採用力アッププログラムの導入をきっかけにガラリと変えた部分が多いという。

村尾隆介(むらお・りゅうすけ)氏
村尾隆介(むらお・りゅうすけ)氏
小さな会社のブランド戦略を手掛けるコンサルタント。スターブランド社の共同経営者・フロントマン。14歳で単身渡米し、ネバダ州立大学教養学部政治学科を卒業後、本田技研工業に入社。退社後、食品の輸入販売ビジネスで起業。事業売却を経て現職。その成功ノウハウを、小さな会社やお店に提供している。日本に中小企業のブランディングブームを起こした第一人者。『今より高く売る!小さな会社のブランドづくり』(日経BP社)など著書多数。中堅・中小企業ラボの客員研究員として「すごサイ(すごい採用プロジェクト)」を監修する。(写真/清水盟貴)

 まず就活イベントだが、それまで隆生福祉会ではプレゼンテーターと学生が1対1で膝を突き合わせて説明する方法をとっていた。だが今年から就活イベントの規模や内容によってはセミナー形式を取り入れることを考慮、今回の合同就職説明会では、セミナー形式を取り入れることにした。

 村尾氏からも「例えば、プレゼンテーター1人に対し学生は5、6人にするほうが、気軽にブースに座ってくれるのでは」という意見をもらっていたからだ。話す内容は、「夢をかなえる」「業界を変えたい」と、学生の立場に立った内容に強調することに変更した。

 今回のセミナー形式のプレゼンでは、まず小野さんが自己紹介、そして自分が隆生福祉会に入った理由を話す。質疑応答の場面では、質疑を募っても質問されないことが多いため、小野さんから声を掛けていった。

 「私たちは、採用力アッププログラムの仕上げであるプレゼン指導を村尾さんから受けているが、ここで多くの意見をもらった。それを元にプレゼンの内容や学生へのアプローチ方法を幾つも変更した」と井上さん。

 合同就職説明会会場のブース前に立て掛けるポスターも、プレゼン指導の場で得た意見を基に作成。「採用力アッププログラムを実施していく中で、『変える』というキーワードを見つけることができた。なので、それをポスターのキャッチにもした」と小野さん。「変える」をメインコピーにしたことで、自分たち自身が「実際に福祉業界を変えていきたい」という明確な目標もできたという。

 学生向けのキャッチコピーは「欲しいのは、福祉と世界を変える仲間」。以前は、欲しい人材は「笑顔ができる人」「優しい人」という、福祉業界ではありがちな漠然とした表現だった。だが今回は「変える」をキーワードに、それを実現する仲間が欲しいという隆生福祉会の「意思」が前面に出て、存在感がぐっと増した。

 同法人で働くメリットについては「フィンランドとの相互交換研修がある」「最新の介護ロボットを導入」などと、より具体的に打ち出した。

 結果、「昨年の合同就職説明会より、断然感触は良い」と小野さん。まだイベントの途中だったが、ブースで話を聞いてくれる人は昨年より数倍多いと熱気を伝えてくれた。1対1での説明からセミナー形式に変えたのも人数増の理由だが、ブースの作り方に凝った効果もあると小野さんは分析する。「欲しい人材や一緒に働くメリットを言語化、プレゼンやブースに生かせたことが大きいと思う」。

就職イベントで、隆生福祉会の特徴と仕事の内容についてプレゼンする井上さん。福祉業界を「変える」をキーワードに、学生たちを引き付けた
就職イベントで、隆生福祉会の特徴と仕事の内容についてプレゼンする井上さん。福祉業界を「変える」をキーワードに、学生たちを引き付けた

 隆生福祉会は一連の採用活動の流れも変えた。昨年までは、就活イベントで出会った学生と連絡先を交換。サンクスメールを送付した後、施設見学に誘うという流れだった。この間にもう1つ、今年は「カフェ座談会」と呼ぶ説明会を追加している。

 カフェ座談会は、就活イベントや施設見学では、学生の緊張がほぐれず、聞きたいことが聞けないことも多いのでは……と考えた新たな手法。就活イベントで出会った学生をカフェ座談会に誘い、お茶を飲みながらざっくばらんに会話することで、距離を縮めることを狙った。カフェでの飲食代は会社持ち(1人1000円まで)だ。

 カフェ座談会は月2回程度、梅田や天王寺などにあるカフェで開催する。この日も、ブースに来た学生と連絡先を交換した後、カフェ座談会に誘っていた。

リクルートチームは入社後1~5年目の社員たち

 このカフェ座談会で学生に対応するのは、前述のリクルートチームで、入職後1~5年目の職員たち。学生たちと年が近い職員のほうが、学生たちが「自分の入職後の姿をイメージしやすい」。隆生福祉会は、こうしたチーム編成でも村尾氏の持論を活用した。

 同法人のリクルートチームは、8人中5人を「入職後、自分もこんな風にいきいきと働きたい」と学生たちに思ってもらえるような若手職員で占めている。

 彼らはカフェで学生たちに自分の経験を語り、学生たちの本音や質問を引き出すなど、その役割は重要だ。「リクルートチームは日頃、具体的に業界をどのように変えていくかも話し合っている。採用活動も含め、彼らの活動は自分たちが福祉業界を変えていく取り組みそのものでもある」と小野さん。

 合同就職説明会のブースに来た学生には、カフェ座談会とともに施設見学の案内もしている。今年は、既に施設見学に来た学生のうち、「入社試験を受けたい」と明言した学生もいるという。「昨年は、今の時期に施設見学に参加したのは2、3人。ただ誰一人はっきり『試験を受けたい』とは言わなかったので、それと比べれば今年はかなり良い状況」と、小野さんは確かな手応えを感じている。

 小野さんは、リクルートチームが介護業界の改革について議論しているように、採用力アッププログラムの実践により、リクルートチーム一人ひとりのモチベーション向上にもつながっていることを紹介してくれた。

 リクルートチームに選ばれた職員は現場の仕事を抜けて採用活動に参加している。このため、昨年までは「面倒」と感じる職員もいたそうだ。だが今年のチームは「大切な役割なのに、面倒というのは違うんじゃないか」「嫌々することじゃない」「ちゃんとやろう」と、高い意識で採用活動に挑んでいるとのこと。

 一方で彼らのモチベーションに、小野さん、井上さんも後押しされている。これまでは採用活動のために現場を抜ける職員がいることを良く思わない職員たちもいたそうだ。「忙しいのに、なぜ同じ職員ばかり、それも若手が抜けるのか」という不満が相次いだ。

 そこで井上さんは各施設長に「なぜリクルートチームが入社1~5年目の職員なのか」をはっきり説明したという。「昨年まではきちんと話ができていなかった。でもリクルートチームの活動意義について村尾さんからお墨付きをもらったので、はっきり説明できた」(井上さん)

 合同就職説明会ではハキハキとした口調と笑顔で隆生福祉会の魅力を学生たちに伝える井上さんだが、実は同法人に入職したのは1年前。それまでは全くの異業種で働いており、福祉業界は全くの未経験だったというから驚きだ。だが異業種からの転職だからこそ、「福祉業界のここはおかしい。もっと変えていきたいという思いは強かった」と言う。

 井上さんは今、村尾氏はじめ、そこで出会った多くの人から意見を聞いて「自分の考えは間違っていなかった」と確信している。一方で「このやり方は見直そう」と考えを改めたこともあり、「1つの指標が持てた」と井上さんは振り返る。井上さん個人にとっても、村尾氏の採用力アッププログラムに出合ったことは、仕事を進める上で重要な指針になっているようだ。

セミナーの参加人数は大幅アップだが課題も

 13時から始まった合同就職説明会は17時に終了。この日、隆生福祉会のブースに来て話を聞いた学生は最終的に25人。昨年は、数人にしか自分たちをアピールできなかったとのことで、それと比べれば大きな前進だ。

 とはいえ課題も残った。今回の合同就職説明会ではプレゼンを1対1から1対6のセミナー形式に変えたことで、ブースに来てもらいやすくはなったが、「1対1のときよりも、一人ひとりの反応が分かりにくかった」と井上さん。

 1対1であればじっくり話ができて、連絡先を交換して相手を確実に施設見学に誘うことができた。1対6だと取りこぼしもままあるという。一通りの説明が終わった後、質問してきた1人と話していると、ほかの5人が帰ってしまい、連絡先交換ができなかったこともあった。

学生の反応を確かめる小野さん。セミナー形式のプレゼンでは、一人ひとりの学生に話し掛けるタイミングを取ることも重要だ
学生の反応を確かめる小野さん。セミナー形式のプレゼンでは、一人ひとりの学生に話し掛けるタイミングを取ることも重要だ

 対策としては、次の就活イベントの出展日や施設見学、カフェ座談会を知らせるPOPをブースに設置する、ポスターをA4判のチラシにして、通路を歩く学生に配るといった方法が考えられそうだ。

 チラシの裏面にも、次の就活イベント出展のお知らせなどの情報を盛り込む。これなら、ブースに座って話を聞かない学生にも情報を発信できる。

 このように、採用活動中に出てきた課題を一つひとつ克服していくことも採用強化につながる。今後も今回取り組んだ採用活動を指標として、採用強化はもちろん、自分たちも変わり、福祉業界も変えていきたいと2人は力強く話してくれた。

(本記事は、日経ビジネスオンライン「欲しい人はこう採れ! 中小企業の採用最前線 」2018年4月24日掲載の記事を一部改編したものです)

欲しい人を採るための、採用ノウハウを伝授します
すごサイ すごい採用プロジェクト

――日経トップリーダーと日経BP総研 中堅・中小企業ラボでは、村尾隆介氏監修の下、中小企業が採用を成功させるための「すごサイ(すごい採用プロジェクト)」を提供しています。

「すごサイ」についての説明会を5月17日(木)に実施。ご興味のある方はぜひご参加ください。「『すごサイ』で人材不足の危機を乗り切ってください」(村尾氏)。

詳しい情報はこちらから↓
http://nvc.nikkeibp.co.jp/sugosai/201801/