人間関係におけるストレスは、相手がいることですから、極論すると自分でなんとかすることはできません。
相手は勝手にあなたの気に障ることを言いますし、余計なストレスを持ち込んできます。

それに対して、あなたが何かしらの反応をするとします。
言い返したり、相手の誤解を解こうと思ってあれこれ説明したり、言い訳したり……。
果たして、それで物事が解決するでしょうか。
あなたのストレスは軽減するでしょうか。

おそらく無理です。こちらのアクションによって変えられるものなどありません。

だからこそ「見ざる・言わざる・聞かざる」に徹する。
何を言われようが、何か自分に関わることが起こっていようが、とりあえず見ない、聞かないが基本。そしてもちろん何も言わない。

このスタンスを意識するだけで、自律神経は圧倒的に整います。
これまで自分が見たり、聞いたりして、反応していた30%でもいいから「見ざる・言わざる・聞かざる」の姿勢を意識してみてください。

私もかつてはテレビやラジオに出演したり、本が出版されたりすると、その評判、レビュー、SNSの書き込みなどを気にしていました。
しかし、自分のストレスを増やすばかりで建設的でないと思い、最近では一切見ないことにしています。
それがどんな内容であれ、わざわざ見に行って、その日のコンディションを崩すほどの価値はまずありません。