そもそも人間の集中力は約90分しか続きません。
どんなに調子がいいときでも、90分ぶっ続けで仕事をすれば、集中力は落ち、効率は確実に下がってきます。

つまり、60~90分の間に必ず休憩をとり、コンディションを整え直してから続きの作業をするほうが効果的なのです。
時間をブロックに区切っていない人は、今すぐ取り入れることをオススメします。

ここでもうひとつ言いたいのは、雨の日にはさらに時間設定を短くするということです。

私はプロ野球の球団にトレーニングのアドバイザーとして入っていますが、雨の日には設定時間を短くして「45分なら、45分集中してトレーニングする」というアドバイスをしています。

雨の日は体のスイッチが入りにくく、集中力も散漫になりがちです。そんな体のコンディションのときに、いつもと同じような時間設定で動いていると、効率が下がるのはもちろん、スポーツ選手の場合はケガのリスクも高まります。

雨の日、疲れが抜けない日、イヤなことがあって集中力が落ちている日などは「短い時間集中して、こまめに休憩を入れる」というリズムに変えると、うまく乗り切ることができます。