景気が悪くなると、渋沢栄一への関心が高まる。渋沢家五代目が、「遠いご先祖様」の言葉を学ぼうと思ったきっかけは? 渋沢栄一はサステナビリティーやインクルージョン(社会的包摂)の先駆者だった――。『渋沢栄一100の訓言』『渋沢栄一100の金言』(いずれも日経ビジネス人文庫)の著者で、コモンズ投信会長の渋澤健氏と、『「論語と算盤」と現代の経営』(日本経済新聞出版)の編著者で、中国古典研究家の守屋淳氏が、渋沢栄一の魅力を語る。

不景気になると渋沢栄一への注目が高まる

渋澤健氏(以下、渋澤):昨今、渋沢栄一への関心が一段と高まっています。私が守屋さんと知り合ったのは2004年ごろと記憶しています。当時、栄一は、今ほど注目されていませんでした。08年のリーマン・ショックで一度関心が高まり、11年3月の東日本大震災から12年末に第2次安倍政権が始まった頃、当時の日本経済は調子が悪かった。あの時また栄一への関心が高まり、そして一万円札の肖像決定と、今年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で一気に盛り上がり、ちょっとバブルかなって感じもします。

守屋淳氏(以下、守屋):渋澤さんの書かれた文庫はいつ出版されたんでしたっけ?

渋澤:『渋沢栄一100の訓言』(日経ビジネス人文庫)は07年、『渋沢栄一100の金言』(同)は16年。

守屋:最初の親本は講談社から出て、一度、他版元で文庫化が断られてましたよね。実は私が訳者となった『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書)も10年に出ましたが、最初別の出版社から断られ、それで筑摩書房から出ることになったんです。つまりその頃は、渋沢栄一関連本が売れるとはまったく思われていなかったんですね。

渋澤:2人には先見力があったということなんでしょう(笑)。

守屋:玄孫に当たる渋澤健さんにとって、渋沢栄一の何が魅力でしょうか。

<span class="fontBold">守屋淳(もりや・あつし)氏<br/> 中国古典研究家</span><br>1965年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は主に『孫子』『論語』『韓非子』『老子』『荘子』などの中国古典や、近代日本の実業家、特に渋沢栄一の知恵を現代にどのように生かすかをテーマとした、執筆や企業での研修・講演を行う。著書に、『最高の戦略教科書 孫子』『nbb 孫子・戦略・クラウゼヴィッツ』『現代語訳 論語と算盤』など多数。</a>
守屋淳(もりや・あつし)氏
中国古典研究家

1965年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は主に『孫子』『論語』『韓非子』『老子』『荘子』などの中国古典や、近代日本の実業家、特に渋沢栄一の知恵を現代にどのように生かすかをテーマとした、執筆や企業での研修・講演を行う。著書に、『最高の戦略教科書 孫子』『nbb 孫子・戦略・クラウゼヴィッツ』『現代語訳 論語と算盤』など多数。

渋澤:いつも怒っているところ。

守屋:ええ、そうですか?(笑)

渋澤:渋沢栄一の言葉っていつも何か怒っていませんか。その怒りというのは、もっといい社会、もっといい会社、もっといい経営者、もっといい市民になれるはずだということです。現状に満足せず、常に未来志向を持っている。「怒り」というのはそういう意味で、そこが栄一の魅力です。

守屋:確かに栄一は後半生、怒ったのを見たことがないと言われるような円満な人柄でしたが、その言葉って、よく読むとすごく厳しいですよね。

渋澤:僕は栄一の孫の孫として生を受けて、栄一の存在は当然本で知っていましたが、長い間「遠いご先祖様」というイメージでした。それが、ちょうど40歳になる時、会社を立ち上げたタイミングで、渋沢栄一の残した言葉に触れることができました。

 最初はまったく読めなかったんです。私は日本の小学校を中退し、その後も大学までずっとアメリカにいましたので。

 だけど2つの発見がありました。1つは、これは十分今の時代にも通じるということ、もう1つは、このままじゃだめじゃないか日本、というような、厳しい言葉が多いということです。

投機はするな

守屋:栄一が親族に残した言葉に、「投機はするな」というのがあって、健さんは当時JPモルガンやゴールドマン・サックスにいたので、「これはヤバい」と思って栄一の勉強を始めた、とお聞きした記憶がありますが、この認識で正しいでしょうか?

渋澤:そこ突っ込みますか(笑)。先ほどは美しいバージョンの私と栄一との出会いをお話ししました。本音バージョンを紹介すると、「株と政治はやっちゃいかん」と父の弟である叔父さんから、もう何回も何回も聞かされていました。そこで調べてみると、本当に家訓があって、「投機の業、または道徳上で卑しい職に従事すべからず」と書いてありました。

 僕は、道徳上卑しいことをやっていたつもりはありませんでしたが、20代後半から30代は金融市場で売った買ったの仕事をしていて、どう解釈してもこれは投機だなと思いました(笑)。

 その時、栄一のこの言葉は、自分にとって不都合だったけれど、もっと探せば自分にとって都合のいいこともあるんじゃないかなと思い、極めて利己的な理由で栄一の研究を始めたんです。

守屋:でもそういうベースがあって、コモンズ投信という、投機ではなく、長期を見据えた投資会社を始められたんですよね?

渋澤:栄一の問題意識を抱いてコモンズ投信を立ち上げたわけではなかったのですが、気づいてみたらシンクロしていたようです。栄一は日本初の銀行を立ち上げた時、「滴(しずく)が寄り集まれば大河になる」、すなわちお金の滴が寄り集まれば、大河になって、経済社会に必要な資金を循環させることができると考えました。

 私が仲間と一緒に立ち上げた会社は、まだ大河にはなっていませんが、やろうとしていることは一人ひとりの自分、子供や孫の未来のために、毎月積み立てるお金を集め、投資することです。一発勝負でどんとお金を入れるのではなく、少しずつ積み立て、それがよりよい明日を築くというイメージで始めました。

守屋:栄一は、それを銀行でやろうとしたわけですね。当時の銀行と今の長期投資は、何が同じで、何が違うんですか。

渋澤:いい質問ですね。まず、銀行は融資を行っており、会社にとっては他社のお金で、返さなくてはいけませんが、投資は資本なので、会社のお金で、返さなくてよいお金になります。

 一方で、栄一の時代の銀行の役割は、成長性資金を提供し、社会に循環させるということを考えれば、融資も投資も同じです。

 今の日本の課題は、巨大なため池にお金が滞ってしまい、流れていかないことです。『青天を衝け』で、栄一のお母さんが、少年の栄一に「あんたがうれしいだけじゃなくて、みんなのうれしいが一番なんだよ」と話すシーンがありました。みんながうれしいということは、みんなが幸福ということ。みんなが幸福になるためには、お金を社会に循環させなくてはならない。栄一は、お金をよく集めるだけでなく、よく散ぜよと言っています。

守屋:どうしてお金が流れなくなってしまったのでしょうか。

渋澤:今日よりも明日が良くなると思えず、お金をため込む。まず、自分の健康が心配、健康で長生きしたとしても、お金がなくなるのが心配となります。

 『青天を衝け』はいいタイトルだと思います。少し目線を上げようというのは、今の日本では大事なメッセージです。

サステナビリティーとインクルージョン

守屋:日本の社会や企業に向けて、渋沢栄一の注目してほしい点を教えてください。

渋澤:いつも引用する栄一の言葉があります。「正しい道理の富でなければその富は完全に永続することができない」。ルールやコンプライアンスを守っているからいいのではなく、何が正しいかきちんと考えて行動しなさいということです。

 栄一は「経営者がいかに大富豪になっても、そのために社会多数が貧困に陥るようなことではその幸福は継続されない」と言っています。幸福の継続、富の永続ということから読み解くと、サステナビリティーというキーワードが浮上します。そろばん勘定ができなければ企業は継続できませんが、そろばんだけを見つめていても、どこかでつまずいてしまう。

 もう1つのキーワードは、インクルージョン(包摂)です。株主や経営者だけではなく、従業員、取引先、社会などを考えなければならない。

<span class="fontBold">渋澤健(しぶさわ・けん)氏<br/>シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役</span><br>1961年生まれ。1987年UCLA大学でMBA取得。JPモルガン、ゴールドマン・サックス等を経て、米ヘッジファンド、ムーア・キャピタルの日本代表に就任。2001年に独立、シブサワ・アンド・カンパニー設立。2008年コモンズ投信を設立し、取締役会長に就任。経済同友会幹事、他。日本における資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、祖父の祖父に当たる。著書に『渋沢栄一100の訓言』『渋沢栄一100の金言』(日経ビジネス人文庫)ほか多数。</a>
渋澤健(しぶさわ・けん)氏
シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役

1961年生まれ。1987年UCLA大学でMBA取得。JPモルガン、ゴールドマン・サックス等を経て、米ヘッジファンド、ムーア・キャピタルの日本代表に就任。2001年に独立、シブサワ・アンド・カンパニー設立。2008年コモンズ投信を設立し、取締役会長に就任。経済同友会幹事、他。日本における資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、祖父の祖父に当たる。著書に『渋沢栄一100の訓言』『渋沢栄一100の金言』(日経ビジネス人文庫)ほか多数。

守屋:日本には100年を超える長寿の会社が非常に多く、素晴らしいことです。しかし一方でここ20年、多くの企業が低成長にあえいでいます。継続はしているものの、業績が低迷しているところが多い。なぜこうなってしまったのでしょうか。

渋澤:何だかんだ言って日本のGDP(国内総生産)は世界第3位であり、日本企業は恵まれた事業環境にあったと思います。しかし、これからを考えれば、世界で何が起きているかをもっと見て、大きな流れをつかんでいかなければなりません。

 栄一は武蔵国血洗島に生まれ、当時はそこが世界のすべてでした。大河ドラマで展開しているように、当初は異国人に脅威の念を抱き、尊王攘夷(じょうい)に影響されます。ただ、その後成人して徳川の幕臣になりました。そしてパリ万博に行った時に目が開かれ、こういうことが世の中では起こっているんだと気づき、視野が広がった栄一は「進化」しました。100年続いている企業は本来、長い時間軸の中で時代やビジネス環境の変化に合わせて進化してきたはずです。

守屋:そうですね。

渋澤:近年、日本経済がほとんど成長しなくなる中で、環境を破壊し、格差をもたらす資本主義に失望する声もあります。

 もし資本主義に影があるとすれば、その影は別に資本がつくっているのではなく、人間がつくっているのだと思います。だから、資本主義だろうが、マルクス主義だろうが、人間がやっている限り、理想の世界は実現しません。

 だから、資本主義かマルクス主義かではなく、人間の行動が問題なんだということを認識し、改めることが必要と、栄一は『論語と算盤』で言っています。

守屋:栄一の時代、楽だったのは、社会としてどういう方向に進めばいいのかの、合意がとりやすかったことがあるのではないでしょうか。例えば、強くて繁栄した国にしたいという栄一の志に対し、×と言う人は多くはなかったと思います。

 ところが、現代は、環境を壊すから脱成長すべきか、全体のパイを増やすためには成長が必要なのか、共通のコンセンサスを得にくくなっていると思います。

渋澤:明治維新の時代、旧幕臣や武士階級の間では反対の声も多くあったはずです。しかし、少数派だったので、大きく社会が動いたのかもしれません。新しい時代にリセットされる時には、必ず前の時代のほうがよかったという人たちがいます。反対意見というのは歴史に残りにくかったということもあると思います。

 一方、現代においては、SDGsもカーボンニュートラルも、総論で反対する人はいません。どちらかというと手段や時間軸のところで、「できる、できない」、「やるべき、やるべきでない」と意見が分かれます。

 だから総論さえ一致するのなら、渋沢栄一の人生みたいに、よりよい社会を目指すという大きな志の下、議論を重ね、様々なやり方を試していけばいいのではないでしょうか。

(後編に続く)

いまよみがえる黄金の知恵

 満足は衰退の第一歩。すべては心の持ち方次第。習慣は他人に感染する。お金の善し悪しは使う人によって決まる――。企業500社を興した実業家・渋沢栄一。ドラッカーも影響された「日本資本主義の父」が残した黄金の知恵を、5代目子孫がいま鮮やかによみがえらせる。講談社より発売された『巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」』の文庫化。

日経ビジネス人文庫『渋沢栄一 100の訓言』渋澤健著 713円(税込み)

混迷の時代にこそ、響く

 成功や失敗は人生の泡にすぎない。物事は順序を踏み、焦ってはならない。何もせずに暮らすのは罪悪である。誰にも得意技や能力がある。「みんなのため」を口実にするな――。いかに生き、何のために働くのか? 混迷の時代こそ渋沢栄一に学ぼう。2013年2月に刊行された『渋沢栄一 明日を生きる100の言葉』(日本経済新聞出版)の文庫化。『渋沢栄一 100の訓言』の続編です。

日経ビジネス人文庫『渋沢栄一 100の金言』渋澤健著 880円(税込み)