現代において、「論語と算盤」は実践できるのか。目指すべき「中庸」とは、足して2で割った真ん中ではなく、ほどよい「急所」である。なぜ、アメリカは株主第一主義からステークホルダー第一主義へと転換しようとしているのか――。渋沢家五代目子孫で、『渋沢栄一100の訓言』『渋沢栄一100の金言』(いずれも日経ビジネス人文庫)の著者である渋澤健氏と、『「論語と算盤」と現代の経営』(日本経済新聞出版)の編者である守屋淳氏が、渋沢栄一の教えを今によみがえらせる対談の続編。

13%が変われば世界は動いていく

守屋淳氏(以下、守屋):近代国家の誕生には、仮想敵や敵国が必要だといわれていて、日本の場合はロシアでした。だから『坂の上の雲』や『青天を衝け』のように、1つにまとまって、上を向いてみんなで進もうとなったんだと思います。

 今はそうした大目標がありません。SDGs(持続可能な開発目標)がそうなればいいな、とも思うのですが、各論の段階になると、いろいろと難しいですね。

渋澤健氏(以下、渋澤):共通の敵があると目線を合わせやすいということを考えれば、今回の新型コロナウイルスは人類共通の脅威です。もちろん社会構成や国の対応の仕方によって、感染者数や死者数が大きく異なります。一方で、どの国であろうが、どんな肌の色であろうが、金持ちだろうが貧乏人だろうが、感染してしまうのは同じです。

 感染症は自分一人だけが助かったとしても、みんなが感染し、社会が止まってしまうと、誰もが何もできなくなるということを実感したと思います。

守屋:栄一は『論語と算盤』の最後の部分で、「成功とか失敗は身に残された糟粕(そうはく)である」と言っています。例えばSDGsを心の底から本気で信じ、全部の目標は達成できなかったにせよ、一部の達成に貢献できたら、その姿こそ価値があると考える。そうでないと、結局は他人や自分の過去と比較をしたり、限られたパイの奪い合いになったりしかねません。本気でSDGsのような目標を達成しなければならないと思えた時、栄一の考え方は受け入れられやすくなると思います。

渋澤:守屋さんたちと2004年に「プロジェクト13%」という勉強会とイベントを立ち上げましたが、背景には12~13%の普及率によって新しい大きな動きが生じるといわれる、ティッピングポイントへの着眼があります。SDGsについてすべての人が賛成するまでには至っていませんが、13%になるレベルまでになれば、SDGsは当たり前の世の中になっているという期待があります。

守屋:栄一が最初会社を立ち上げた時も、きっと同じだったと思います。銀行なんて誰も知らないし、株式会社なんてよく分からないというところから始まり、5年、10年、耐えに耐えました。次第に成果が上がると、みんなが集まるようになって、ようやく近代的な実業界ができ上がっていきました。

「論語と算盤」の実践は難しいのか

守屋:「論語と算盤」のバランスをとるのは、とても難しいことだと思います。「論語」のほうを頑張ってやればやるほど、「算盤」だけでもうけようとする人間のつけ入る隙が広がる気もします。ここはどう考えたらいいのでしょうか。

渋澤:社会全体を考えてみた時、そういう人たちはごく一部です。ウイルスのようにどんどん広まってしまうと、社会としては問題ですが、一部に抑え込むことができていれば、社会全体としては問題ない。あくどい人をすべて社会からなくしましょうというのは、無理だと思います。

<span class="fontBold">渋澤健(しぶさわ・けん)氏<br/>シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役</span><br>1961年生まれ。1987年UCLA大学でMBA取得。JPモルガン、ゴールドマン・サックス等を経て、米ヘッジファンド、ムーア・キャピタルの日本代表に就任。2001年に独立、シブサワ・アンド・カンパニー設立。2008年コモンズ投信を設立し、取締役会長に就任。経済同友会幹事、他。日本における資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、祖父の祖父にあたる。著書に『渋沢栄一100の訓言』『渋沢栄一100の金言』(日経ビジネス人文庫)ほか多数。</a>
渋澤健(しぶさわ・けん)氏
シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役

1961年生まれ。1987年UCLA大学でMBA取得。JPモルガン、ゴールドマン・サックス等を経て、米ヘッジファンド、ムーア・キャピタルの日本代表に就任。2001年に独立、シブサワ・アンド・カンパニー設立。2008年コモンズ投信を設立し、取締役会長に就任。経済同友会幹事、他。日本における資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、祖父の祖父にあたる。著書に『渋沢栄一100の訓言』『渋沢栄一100の金言』(日経ビジネス人文庫)ほか多数。

守屋:金融市場では高収益を上げている企業が評価され、少ししか収益を上げられない企業は評価されなかったりします。そうなると、あくどいことをやっても高収益を上げたほうが勝ち、というようにはなりませんか。

渋澤:短期ではそうかもしれませんが、長続きしないでしょう。『論語と算盤』は算盤を否定していないし、論語のために算盤を犠牲にしなさいとも書いていません。「中庸」を目指せと言っています。

 守屋さんから教わったのですが、「中庸」というと、足して2で割った真ん中をイメージしますが、そうではないんですよね。

守屋:「中庸」とは、全体の中のほどよい「急所」を意味します。「急所」は常に変わっていくものです。今までは0と100の間の50が急所だったかもしれないが、ある時には、100のところが急所かもしれないし、0が急所になるかもしれない。

渋澤:僕の理解は、「中庸」とは必ずしも真ん中ではないが、ベストの場所に自分を置きなさいということです。それは、平面上に「論語」の軸、「算盤」の軸を置いて、同じ次元のどこかにベストの場所を探すのではなく、ピラミッドの頂点から見下ろすような3次元にベストのポジションがあると考える。

見えない価値をどう可視化するか

渋澤:最近、経営の世界で「パーパス」という言葉がはやっています。パーパスとミッションは、日本語にすれば同じ「企業の存在意義」ですが、ミッションは「What」(何をしているか)なのに対し、パーパスは「Why」(なぜしているのか)です。

 コロナ禍がある中で、なぜ、我が社は存在するのか、なぜ自分はこの会社に勤めるんだと問い、その答えが返ってくることはすごく大事です。

守屋:私は企業幹部や社長候補向けの研修をしているのですが、「あなたの会社の経営理念を書いてみてください」と課題を出すと、ほぼ100%の人は書けません。3行しかない経営理念すら書けなかったりします。この意味で「Why」「Why we do?」が抜け落ちているのかもしれません。そういう企業がどういう方向に行くかといえば、数値目標に行ってしまう。

渋澤:そうですね。

守屋:企業が『論語』的な側面を持つために重要なのは、数字ではなく、自分たちの言葉を持つことなのかなと思います。さわかみ投信取締役会長の澤上篤人さんに教えていただいたんですが、とにかく数字ではコミュニケーションをとれない。我々はなぜこういうことをしているのかという言葉があって初めて、様々なコミュニケーションが成り立つ。他よりも稼いでいますとか、昔より稼いでいますという価値観とは違う価値観を持てば、自分の仕事をできるようになる。これって『論語』だなと思いました。

 健さんが会長をされている、コモンズ投信の場合は、どのような基準で投資先を選んでいるのでしょうか。

渋澤:コモンズ30ファンドは、世代を超えた投資を行っています。そういう意味で、先に触れたように、持続可能かどうかが重要です。事業環境が変わっても進化できる会社に投資したいという思いでやっています。

守屋:進化できるかどうかは、どうやって見分けるのですか。

渋澤:数値化が可能な財務的価値は、外から見える価値です。しかし、売り上げや利益は過去の取り組みが表面化して見えてきたもので、氷山の一角にすぎません。ほとんどの価値は水面下に沈んでいて見えません。

 例えば、なぜその会社は競争力があるのか。それは経営力なのか。では、なぜその会社は経営力があるのか。あるいは対話力や企業文化というのもありますが、これらも数値化しにくく、なかなか見えにくい。

 だから、私たちは投資委員会を設けて、いろいろな角度から、多数の人の視点で会社を見ています。投資対象の会社とセミナーをやれば、企画の段階からどのように反応するのかなども見えてきます。同じ業種でも、積極的にセミナーに参加する会社もあれば、どうも硬くなっている会社もあって、なかなか面白いです。

守屋:セミナーのお誘いだけで、企業の体質が見えてしまうというのは怖い話ですね。

渋澤:何でもすぐぱっと決め、「いいですよ」と反応が早い会社は、経営の意思決定のスピードも速いということが分かります。

栄一の「合本主義」は「ステークホルダー資本主義」と同じ

守屋:渋澤さんは海外の研究者が渋沢栄一を研究する「合本主義」プロジェクトに関わって、カナダのトロント大学と米ハーバード大学で講演もされましたね。海外の研究者が渋沢栄一に興味を持った理由を教えてください。

渋澤:社史や企業倫理などの研究者が加わり、イギリス人、アメリカ人、フランス人などいろんな方々が集いました。このプロジェクトでまとめた書籍の英語のタイトルは『Ethical Capitalism(倫理的資本主義)』であり、その出版記念セミナーをトロント大学で開催した時にも、同じ題名で集客しました。ただ、同じセミナーをハーバードでもやろうという話になった時、「Ethical Capitalism」だと人が集まらないかもしれない、という指摘があって、ハーバードでは、「Stakeholder Capitalism(ステークホルダー資本主義)」となりました。

 渋沢栄一の合本主義というのは、株主だけではなく、経営者、従業員、顧客、取引先、社会など、いろいろなステークホルダーが力を合わせることによって価値をつくることなので、確かに「ステークホルダー資本主義」は英訳として合っていると思いました。

 アメリカのビジネス・ラウンドテーブルやダボス会議では、これからは株主を第一とするのではなく、ステークホルダーを第一にすべきだと宣言しました。同じようなことを、渋沢栄一は150年前に言っていたのです。

守屋:どうしてアメリカはステークホルダー主義を言い始めたのでしょうか。

渋澤:学術的な検証ではありませんが、時代の変化だと思います。その1つが情報伝達の仕方の変化です。20世紀までは、何か出来事があった時に、メディアや専門家を通じて、情報が一方通行に流れていました。しかし、現在は誰もがデバイスを持っているので、簡単に情報を得て、発信できるようになりました。

 例えば、グレタ・トゥンベリさんのようなスウェーデンの女の子が、環境問題においては世界のオピニオンリーダーになりましたが、SNSがなかったら、私は学校に行かないと言っている普通の高校生だったと思います。

守屋:そうですよね。

渋澤:あるいは会社の従業員が不正を見つけてSNSで告発すれば、何かのきっかけで炎上するリスクがある世の中です。だから、経営者も株主だけ見ていればいいという話ではなく、従業員、顧客、取引先、そして社会の様々な問題をきちんと見なければならない。経営者はそういうリスクをマネジメントとして考えていると思います。

守屋:アメリカの企業が、本気で社会のためになることをするという方向に変わっていくのなら、日本企業も追随していくかもしれません。会社が『論語と算盤』の方向に変わるきっかけになればいいですね。

世界に伝わらなければ、やっていないのと一緒

渋澤:「日本は昔から『三方よし』でやっています」といわれます。確かにその通りなのですが、世界から見える形で「三方よし」ができているかといえば、できていない。そこは日本の弱さだと思います。

守屋:アピールが弱い、ということでしょうか。

渋澤:やっていることをきちんと伝えないと、やってないと思われてしまいます。日本はSDGsでもカーボンニュートラルでも、何も手掛けていないわけではないのに、世界に分かるような文脈で伝えていないし、そもそも議論の場に参加していません。

守屋:栄一がアメリカに何度も出かけたように、海外でアピールすべきなんですね。

渋澤:現役のアメリカ大統領4人に面会した日本の経営者は、栄一だけだと思います。

守屋:これは健さんの出番ではないでしょうか。渋沢栄一や『論語』のことがここまで分かっていて、しかも英語が普通に話せる方ってまずいないですよ。

<span class="fontBold">守屋淳(もりや・あつし)氏<br/> 中国古典研究家</span><br>1965年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は主に『孫子』『論語』『韓非子』『老子』『荘子』などの中国古典や、近代日本の実業家、特に渋沢栄一の知恵を現代にどのように生かすかをテーマとした、執筆や企業での研修・講演を行う。著書に、『最高の戦略教科書 孫子』『nbb 孫子・戦略・クラウゼヴィッツ』『現代語訳 論語と算盤』など多数。</a>
守屋淳(もりや・あつし)氏
中国古典研究家

1965年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は主に『孫子』『論語』『韓非子』『老子』『荘子』などの中国古典や、近代日本の実業家、特に渋沢栄一の知恵を現代にどのように生かすかをテーマとした、執筆や企業での研修・講演を行う。著書に、『最高の戦略教科書 孫子』『nbb 孫子・戦略・クラウゼヴィッツ』『現代語訳 論語と算盤』など多数。

渋澤:僕はどっちかというと、大きな組織の人間にはなれないと、このごろつくづく思います。僕の悪い癖で、栄一は「か」ではなくて「と」の力、『論語と算盤』のように「と」の力を持ちましょうと言っているので、その影響なのか、何でも合わせてしまうところがある。あなたはいつもこじつけすぎると妻に怒られるんだけど。

守屋:そんなことないと思います。「論語と算盤」は、もともと『論語』とそろばんが描かれていた絵を見て、今の二松学舎大学を創立した三島毅が言い出した言葉です。アナロジーの力は、新しい価値を生み出し、世界を変えていく原動力になるんだと思います。

「道徳経済合一主義」とは何か

 「実業の父」渋沢栄一に引かれ、その著書『論語と算盤』を自らの経営判断のよりどころとする経営者が増えている。13人の経営者や実業家に、渋沢が説く「道徳経済合一主義」とは何か、を聞いたインタビュー集。

 渋沢栄一の経営哲学は現代においても色あせず普遍的な知恵に満ちている。経営者だけでなく、管理職から新入社員まで幅広い実業人に読んでほしい一冊。

日本経済新聞出版 守屋淳編著・渋沢栄一記念財団監修 1980円(税込み)